ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ


    1_404850(1)

    三菱自動車の小型車「ミラージュ」は、一見して環境に優しい革新的なクルマには思えない。内燃機関(エンジン)で走り、排気管から排ガスを撒き散らすガソリン車にすぎないからだ。

    しかし、部品の調達から燃料、部品の再利用に至るまで、つまりクルマが誕生する過程から廃車までの全ライフサイクルで弾き出した二酸化炭素(CO2)排出量で見ると、話は違ってくる。発電によるCO2排出量が多い地域で使用すると、米テスラが販売する一部の電気自動車(EV)よりも、エンジンを搭載しているミラージュの方が環境に優しいことになるのだ。
    『「テスラよりミラージュ!?」CO2排出量…総合的に環境に優しいのは?』の続きを読む


    olive(1)

    (CNN) 米ミズーリ州カンザスシティーの美術館はオランダの画家ビンセント・ファン・ゴッホの作品を調査中に虫の「バッタ」1匹が塗り込まれているのを発見したとこのほど報告した。
    『「ゴッホの絵画に“バッタ”が!?」塗り込まれたまま128年間気付かれず』の続きを読む


    lamborghini-terzo-millennio-hero(1)

    イタリアのスーパーカーメーカー・ランボルギーニと、世界最先端の名門校の1つであるマサチューセッツ工科大学(MIT)がコラボレーションした電動スーパーカーのコンセプトモデル「テルツォ・ミッレニオ」が発表されました。
    『「車体そのものに充電!?」スーパーEV…ランボルギーニとMITがコラボ』の続きを読む


    GettyImages-530426232(1)

    【AFP】バルコニーのうっそうとした茂みを、太陽の光がまだらに照らしている。イタリア北部ミラノ(Milan)の中心部に建設された2棟のマンションは青々とした木々に覆われ、ほとんどその姿が見えないくらいだ。

    この「垂直の森」を設計したのは、イタリアの建築家ステファノ・ボエリ(Stefano Boeri)氏だ。
    『「ビルが地球を救う!?」ミラノ…木がうっそうと茂ったマンション出現』の続きを読む


    3430914355_f11f2c1236_b(1)


    エジプトで最大とされるピラミッドの内部に、これまで知られていない巨大な空間があることが、日本などの研究チームによる最新の調査で確認されました。まだ、見つかっていない王のミイラや副葬品が納められている可能性もあり、ピラミッドをめぐる謎の解明につながると注目されています。
    『「巨大空間見つかる!?」ピラミッド…日本研究チームの最新調査で確認』の続きを読む


    mirai_001-600x359(1)

    [ロイター] - 自動車業界で将来、電気自動車が支配的な地位を占めようとする中、トヨタ自動車(7203.T)は、電動化の一つの選択肢である燃料電池車(FCV)技術の普及に向けた取り組みを加速させている。
    『「貯蔵・輸送で強み!?」トヨタ・水素燃料車…“手を緩めるつもりない”』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.