ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/02(日) 15:51:31.27 ID:???0
    子供の頃はお金がなく、または親の方針で買ってもらえなかったりして、泣く泣くあきらめたマンガや
    ゲームやお菓子。そんな、泣く泣くあきらめたものって、大人になってもいつまでも忘れられなかったりします。
    今回は今時の男女が子供の頃に大人買いしたかった駄菓子は、どんなお菓子なのか?

    【もう一度食べたい!と思う懐かしいお菓子は?「ぬーぼー」「にんじん」「ジュエルアイス」】を調査してみました。

    ■社会問題にもなった「ビックリマンチョコ」、ブームに乗り切れなった悔しさは、今でも……
    ・「ビックリマンチョコです。シールが欲しかったので、沢山買いたかったです」(30歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)

    シール欲しさに大量に買い込む子供が続出した、ビックリマンチョコ。お小遣いの少なさ、親の反対などによってブームに乗り切れなかった人は、今でも「ほしい」という気持ちが拭いきれないのではないでしょうか。ビックリマンチョコを見るたび、切ない気持ちになる大人は意外と多そうです。

    ■親からの反対に泣く泣く断念! 「ねるねるねるね」
    ・「ねるねるねるね。母親が体に悪いから、と言って買ってもらえず、あこがれのお菓子だった」(30歳女性/金融・証券/営業職)

    怪しい魔女と、テーレッテレーという効果音が印象深い「ねるねるねるね」のCM。その斬新さに、ノックアウトされた子どもはきっと多かったはず。しかし、あの怪しいCMが原因で「ねるねるねるね禁止令」が出た家庭も多かったのだとか。

    (記事抜粋)

    少しニュアンスが変わっていてガックリしたり、今も変わらず同じ味で至福のときを味わえたりと、時代や年齢が変わっても 
    いろいろ思うことが多い駄菓子。あなたは小さい頃、どんな駄菓子の大人買いに憧れましたか?

    ※『マイナビウーマン』にて2014年1月16日~22日にWebアンケート。有効回答数723件
    http://woman.mynavi.jp/article/140201-74/
    no title
    ※イメージ

    『【話題】子供の頃、大人買いをしたかった駄菓子は?「ねるねるねるね」「ヨーグル」』の続きを読む


    no title
    ▲地下鉄駅のホームに張られている「小鳥居」(京都市下京区)


    京都の街を散策中、町家の壁に小さな鳥居が取り付けられているのに気付いた。

    どんな神様を祭っているのか、 はたまた何かのおまじないだろうか。調べてみると、
    関西一円での慣習といい、近年は全国各地でも見るこ とができるようだ。何の目的で小鳥居が広がったのか。
    『「立ち小便防止が起源!?」街中の小鳥居…“神様には畏れ”関西から全国へ』の続きを読む

    1: かじてつ!! φ ★ 2014/02/02(日) 11:15:43.86 ID:???P
    ○風呂おけをラケットに 篠山で「桶ット卓球」大会

    風呂おけをラケット代わりにして卓球を楽しむ「桶ット卓球」の大会が1日、
    兵庫県篠山市今田町今田新田の温泉施設「ぬくもりの郷」で開かれた。
    丹波地域や阪神間などから126人が出場した。

    桶ットは「温泉と言えば卓球」との発想から、3年前に始まった。2012年には
    同施設を運営する市出資法人、夢こんだが「桶ット卓球」を商標登録した。

    会場にはおけに球が当たってポンッポンッという小気味いい音が響き、
    出場者は真剣な表情でラリーを続けていた。パフォーマンス賞もあり、
    馬のかぶり物やキャラクターに仮装した人の姿もあった。初出場の女性
    =丹波市=は「滑稽な遊びに大人が一生懸命になっているのがいい」と
    楽しんでいた。

    ☆写真:風呂おけで卓球を楽しむ出場者。仮装姿で会場を盛り上げる人も=ぬくもりの郷
    no title


    □ソース:神戸新聞
    http://www.kobe-np.co.jp/news/tanba/201402/0006678660.shtml

    『【兵庫】風呂おけをラケットに 篠山で「桶ット卓球」大会(写真)[14/02/01]』の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2014/02/02(日) 10:32:44.96 ID:???
    25日、スペインのホテル・観光業界が「2014年の世界10大観光地」を選出した。2014年1月25
    日、スペイン紙エル・ムンドはスペインのホテル・観光業界が選んだ「2014年の世界10大観光地」
    を掲載した。1位に選ばれたのは観光産業の発展が著しい中国で、日本は10位にランクインした。
    28日付でチャイナネットが伝えた。

    14年の世界10大観光地とその理由は以下の通り。

    1.中国
    世界最大の観光市場であり、ホテル建設や観光開発が著しい勢いで進んでいる。

    2.ミャンマー
    観光のための過度な開発が行われておらず、ほとんど汚染されていない、世界でも数少ない地域。

    3.ロッテルダム
    14年に外すことのできない観光地。(中国中央テレビの社屋、通称・でかパンを設計した)ロッテル
    ダム出身の著名建築家レム・コールハースが手がけた同市のプロジェクトが最大の見どころ。

    4.リオデジャネイロ
    2014 FIFAワールドカップの開催国であるブラジルを訪れたついでに、試合開催都市の1つでもあ
    るこの街を観光するのもよいかもしれない。

    5.ナミビア
    アフリカで最も新しい国の1つ。世界最古の砂漠といわれるナミブ砂漠がある。

    6.ギリシャ
    観光に関してすべてがそろっている国。

    7.オマーン
    欧米諸国の観光客にとってはあまりなじみのない国だが、未開発のパラダイスを探すのも面白い。

    8.韓国、エクアドル
    両国に共通するのはグルメ。食べ歩きを観光のメーンにする楽しみ方はブームとなりつつある。

    9.ニューヨーク
    この国際大都市はいつまでも色あせない。

    10.日本
    日本が選ばれたことにはいくつかの原因がある。まず最初に、原発事故の影響の心配がすでに消
    え去ったこと。次に、20年の五輪開催地に東京が選ばれ、日本を理解したいと思う人が増えたこと。
    さらに、円安でユーロの価値が高まっていることや、整備された高速鉄道やホテルが完備している
    ことなどが挙げられる。(翻訳・編集/HA)

    ソース:レコードチャイナ<なぜ?世界10大観光地トップは汚染の著しいあの国、日本や韓国もランクイン―スペイン紙>
    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=82707&type=0
    no title
    ※イメージ

    『【スペイン】 なぜ?世界10大観光地トップは汚染の著しいあの国~日本や韓国もランクイン/レコードチャイナ[02/01]』の続きを読む

    1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2014/02/02(日) 09:09:09.62 ID:???0 BE:514382235-PLT(12557)
    米ニューヨーク(New York)州の環境当局は、州内に生息する2200羽の野生の
    コブハクチョウを2025年までに殺処分あるいは他の場所に移すという駆除計画案を
    発表した。英国ではその美しさを褒めたたえられ女王によって保護されている野生の
    コブハクチョウだが、ニューヨーク州では人間に害を与える厄介者として
    殺されてしまうかもしれない。

    コブハクチョウは19世紀後半、欧州からの植民者が観賞用として北米に導入した。
    だがニューヨ-ク州の環境保護局(Department of Environmental Conservation)は、
    ハクチョウの美しさをもってしても、これ以上事態を放置できないと判断した。

    *+*+ AFPBB News +*+*
    http://www.afpbb.com/articles/-/3007601
    no title

    『【国際】ニューヨーク州当局VSコブハクチョウ…2200羽を2025年までに殺処分あるいは他の場所に移す』の続きを読む

    1: そーきそばΦ ★ 2014/02/01(土) 21:40:20.47 ID:???0
    トドによる漁業被害の急増を受けて、北海道の19漁協でつくる道日本海沿岸漁業振興会議は1日、
    国に被害対策を求める初の緊急集会を開いた。漁業関係者ら100人以上が参加した。
    各漁協は「もはや自然災害だ」などと悲痛な声を上げ、駆除の拡大や所得補償制度などを求めた。【円谷美晶】

     トドは毎年10~6月、ロシア極東から南下し日本海側や根室海峡などに滞留する。
    年間4700~8000頭と推計され「ここ20年で1.5倍になったとみられる」(道漁連)。

     トドが刺し網やロープを破ったり、網にかかった魚を食べたりするケースが続出。道などによると、
    被害額は1990年度で5億6800万円だったが、年々増加し92年度以降は10億円台に達した。
    2012年度は16億1235万円で過去最悪となった。道内の海獣による漁業被害額の約7割をトドが占め、
    地域別では日本海側と根室海峡に集中している。

     ただ、トドは環境省の準絶滅危惧種に指定されているため、国は駆除数に上限を設けており、
    13年度の道内の駆除数は253頭にとどまる。

     集会では、北るもい漁協(羽幌町)の幹部がトドによる漁具の破損により休漁を余儀なくされているとし、
    「実際の被害額ははるかに多い。休漁は断腸の思い。管内の刺し網漁は瀕死(ひんし)の状態だ」などと訴えた。

     集会に出席した水産庁の長谷成人・増殖推進部長は「駆除には科学的な根拠が必要。
    トドの数は増えており、駆除数の見直しをスピーディーに行いたい」と述べた。

    ソース 毎日新聞
    http://mainichi.jp/select/news/20140202k0000m040082000c.html
    画像 北海道沿岸を泳ぐトドの群れ。年々数が増えている=北海道知床沖で、本間浩昭撮影
    no title

    『【北海道】トド被害 漁民悲鳴、初集会…準絶滅危惧種、駆除数に上限』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.