ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    1: Baaaaaaaaφ ★ 2014/01/27(月) 10:11:34.68 ID:???0
    日本1位は「パティシエ」

    アデコとアジア8カ国のアデコグループはこのたび、6歳~15歳の子供を対象に
    「将来就きたい仕事」に関するアンケートを実施し結果を発表した。調査は、
    2013年12月上旬に日本、中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、
    タイ、ベトナムにおいて日本800人、アジア各国150~200人を対象に行われた。
    更に日本の子供だけを対象にした調査は男女各500人を対象に2013年12月上旬~
    1月初旬に行われた。

    子供が就きたい仕事の1位は、アジア各国では4カ国で「医者」が最多となったが
    日本では「パティシエ」が医者を抑え1位となった。国ごとに子供たちの憧れの
    職業観に違いが見られたが、9カ国全てに共通してランクインした職業は「医者」
    と「先生」だった。身近に存在し、人を助ける、人に教える職業が各国の子供に
    とって憧れの仕事であることがわかった。

    日本の子供が就きたい仕事を男女別に見ると、男子の1位は「サッカー選手」、
    2位が「野球選手」という順位になり、メジャーなスポーツ選手が上位を占めた。
    女子では「パティシエ」が全体の22%で1位となり、2位の「医者」9%に大差をつ
    けて首位となった。

    東京・愛知・大阪(東名阪)の地域ごとに就きたい職業の順位を調べたところ、
    各都市の1位は東京が「医者」、愛知と大阪は「パティシエ」となった。1位~3位
    は地域ごとの違いはあまり見られなかったが、他の地域と比較すると大阪では
    「作家」、「漫画家」などのクリエイティブ職や、「歌手」、「俳優・女優」
    などエンターテイメント系の仕事に就きたいと考える子供が多く、地域性の違いが
    見られた。
    http://news.mynavi.jp/news/2014/01/27/063/index.html
    no title

    『【社会】日本の子供が将来就きたい仕事 1位はもちろん、』の続きを読む

    1: 桂べがこφ ★ 2014/01/27(月) 08:55:55.49 ID:???0
    "携帯端末の充電が不要になる!? 米大学が1.8ミリの超小型「風車」を開発"

    電池の消耗が早い携帯端末やガジェット類の浸透に伴い、さまざまなシーンで充電できるよう、
    自然エネルギーなどを活用した多種多様な充電器が開発・販売されている。
    そうした充電器のさらに一歩先をいく超小型の風車が開発された。
    この風車を活用することで、将来的にはケーブルにつながなくても端末などが
    充電できるようなるというかなり画期的なものだ。

    米国テキサス大学アーリントン校の研究者らが発明した。風車は約1.8ミリで、
    お米1粒の上に10個の風車が乗るほどの小ささ。この風車をいくつも携帯端末や
    ガジェットに搭載することで、風をエネルギーに変換し、バッテリー充電が可能になるという。

    使い方としては、例えば携帯電話の場合、端末手に通話しているときやスクリーン操作時に
    端末にあたる風で充電できる。また、風がない環境の場合、端末を手に持って振ることで
    発生する空気抵抗でも充電可能なのだという。

    スマートフォンなどの充電を頻繁に行っている人は少なくないだろう。
    そうした充電の手間がかなり省けるこの夢のような風車、すでに台湾拠点のテクノロジー企業
    「WinMEMS」が商品化することが決まっているが、一刻も早い実用化が待たれる。

    開発を手掛けた同大電気工学専門の教授らは、「携帯端末をはじめとする持ち歩きタイプの
    電子機器類だけでなく、屋外で使用する機器類や住宅の発電パネルにも活用できる」としていて、
    実現すればちょっとした“エネルギー革命”が起こるかもしれない。

    no title

    2014年1月22日
    http://techable.jp/archives/9866

    TECHNOLOGY USES MICRO-WINDMILLS TO RECHARGE CELL PHONES
    http://www.uta.edu/news/releases/2014/01/microwindmill-rao-chiao.php

    『【技術】空気抵抗で充電可能な超小型「風車」開発、エネルギー革命か』の続きを読む

    1: @@@ハリケーン@@@φ ★ 2014/01/27(月) 00:36:49.70 ID:???
     焼き魚や天ぷら、蕎麦(そば)などに欠かせない大根おろし。だが、大きな大根を手ごろな
    サイズにカットして皮を剥き、おろし金に押しつけて何度もおろすのは、面倒で手間の
    かかる作業だ。そんなときに便利なのが、必要な時にすぐに使える、チューブ入りの大根おろし。

     この“ありそうでなかった”商品、チューブ入り『大根おろし』(賞味期限60日 内容量
    120グラム)を開発したのは、漬け物メーカー・新進(しんしん)の女性開発者だった。

      「料理の添え物である大根おろしは、いわば脇役。それなのに、どうしてあれほどの手間
    をかけなくてはいけないのか……。私もこれまでおおいに不満に感じていたんです(笑い)」

     チューブ入り『大根おろし』を開発した開発部の管理栄養士、高木恵美は、そういって
    笑顔を見せた。きっかけは、ある主婦のひと言だった。

     2012年春、チューブ入りジュレ(ゼリータイプの調味料)の新発売セールを視察するため
    にスーパーに足を運んでいた新進の社長に、買い物に来ていた主婦がこう声をかけた。

     「使いたい量だけすぐに使えるチューブ入りのジュレは便利ね。今度は大根おろしを
    作ってほしいわ」

    ソース:NEWSポストセブン
    http://www.news-postseven.com/archives/20140126_237385.html

    (つづく)

    『【食品】便利なチューブ入り大根おろし 主婦のとある発言で開発開始 [14/01/26]』の続きを読む

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/26(日) 21:45:53.19 ID:???0
    ★日本の“デブ”基準は厳しすぎ ぽっちゃり女性否定派の男性に、BBCは冷ややかな目
    更新日:2014年1月26日カテゴリー

    【日本人男性は寛容じゃないとBBCぶった切り】
    『日本でぽっちゃり女性はありなのか?』という疑問を、イギリスのBBCが15日、ニュースで問いかけた。

    きっかけは、日本の朝の情報番組内で放映された「OKぽっちゃり、NGぽっちゃり」という話題について、
    Twitter上で大激論が起こったこと。Twitterに寄せられたコメントはほとんど男性からのもので、
    「全部NGデブ」などと女性を攻撃するようなコメントも多くあったとBBCは伝え、日本人男性は寛容ではないと断じた。

    【ぽっちゃりの尺度 日本と海外の違いは?】
    海外では、日本人女性は小さくて痩せ型として知られているとBBCは説明。実際、2013年にOECD(経済協力開発機構)
    が発表した肥満率の調査結果によると、日本は人口の3.5%と、世界的にも低い(メキシコは32.8%、イギリスは24.9%)。

    ただ、ここで明確にしておきたいのが、日本と海外のぽっちゃり体型に対する認識の違いだ。
    日本の“平均体型”が海外では“痩せている”部類に属し、日本の“ぽっちゃり体型”は海外では
    “平均体型”という認識であるようだ。

    BBCは、日本の女性たちは常に痩せていなければならないというプレッシャーのもと、
    暮らしているようだという見解を述べた。

    また、ぽっちゃり体型の女性たちを好む通称『デブ専』と呼ばれる人たちがいるという情報も説明したが、
    視聴者の日本人男性に対する冷ややかな視線が変化したかは不明だ。(以下略)

    ソース
    http://newsphere.jp/entertainment/20140126-2/
    BBC News Magazine "Is it ok to be a chubby woman in Japan?"

    『【海外】日本の“デブ”基準は厳しすぎ ぽっちゃり女性否定派の男性に、BBCは冷ややかな目』の続きを読む

    1: @@@ハリケーン@@@φ ★ 2014/01/26(日) 20:56:03.47 ID:???
    1回目は東京五輪が開催される2020年ごろ、JR山手線の品川~田町間に新駅ができる計画が
    あると書いた(http://suumo.jp/journal/2013/11/22/55368/)。2回目は新駅誕生と大規模
    再開発で魅力が高まる品川~田町エリアの資産価値や住環境の変化についてリポートする。

    ■利便性向上と大規模再開発で「品川が副都心」に!?

    「五輪開催に向けて再開発やインフラ整備が進んで東京のポテンシャルは一段と高まるが、
    その中でも、最も発展するのが品川~田町エリア(以下、品川エリア)だろう。伝統を
    守りつつ、革新の努力も怠らない丸ノ内や銀座を含めた東京駅エリアを凌駕しないまでも
    、品川はそれに次ぐ副都心になる可能性がある」と、東京カンテイの井出武さん。

    山手線の新駅誕生、リニア中央新幹線の始発駅が品川、羽田空港の増強によって、品川
    エリアの利便性は一段と高まる。加えて大規模再開発でオフィス・商業・住居が整備される
    ことで、品川エリアは東京の副都心に躍り出る可能性が高いのだ。

    品川駅周辺の新築マンションの坪単価推移(図1・東京カンテイ調べ)を見ると、「品川
    戦争」と呼ばれたほど新築マンションが大量供給された2007年~09年を除くと、坪単価は
    280万円前後で落ち着いている。

    しかし、「今後は品川エリアの注目が高まり、坪単価は再び上昇に転じると見る」(東京
    カンテイ 井出さん)。既にデベロッパーによる仕込みは始まっており、近い将来「第2の
    品川戦争」が勃発してもおかしくない。

    ■海外志向が強い人には適した環境

    「もともと埋立地ということもあり地価は高くなかったが、住環境やインフラを整備し続ける
    ことで魅力を高め、資産価値が上昇している。これと同じことが品川エリアでも起こると
    見る。地価は上昇し、長期的な資産価値も下がりにくい」(同)。

    品川~田町エリアの今後10年間の資産価値は、東京の中でも上昇率の高い地域となるのは
    間違いなさそうだ。

    残念ながら、筆者には品川エリアは予算的にもライフスタイル的にも縁遠いが、前述の
    ようにアジアヘッドクォーター特区に指定され、国際都市化も進む品川はグローバル企業に
    勤務する人や子どもを海外留学させたりするなど海外志向が強い人には魅力的なエリアと
    言えるだろう。

    ソース:スーモ
    http://suumo.jp/journal/2014/01/21/57189/
    no title

    『【コラム】品川が日本の中心に!? 今後10年で変わる品川~田町エリアの資産価値 [14/01/21]』の続きを読む

    1: ダイビングエルボードロップ(埼玉県) 2014/01/26(日) 19:19:09.97 ID:dhBOoiF6P BE:2769447348-PLT(12025) ポイント特典

    『長野県の山頂にある家が絶景だと海外で話題』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.