1: ゆでたてのたまご ★ 2014/08/04(月) 12:25:56.92 ID:???.net
「テマキ」ずし、世界に大流行 ブラジルから欧米にも ネタはアレンジ
【MSN産経ニュース】 2014/8/4 10:10

no title
▲リオの和食店で出されるテマキ=7月13日(共同)

日本の手巻きずしが南米ブラジルで「テマキ」として大流行している。低価格のすし店
「テマケリア(ポルトガル語で『テマキ屋さん』)」が急増し庶民にも浸透。果物を使うなど南国のアレンジが加わった味は欧米人の口にも合うようで、ロンドンやニューヨークにも登場し始めた。
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1407122756/

temaki
▲マンゴー?

マンゴー、キウイ、ニラのバター炒め…。リオデジャネイロのすし職人、アレックス・モウラさん(28)の店で出すテマキは日本人には理解しにくいネタが多い。人気なのが、クリームチーズとサーモン入りのテマキを丸ごと天ぷらにした「ホットロール」。かぶりつくと酢飯の香りと、口の中に大量の油があふれる。 
WP_000472 (1)
▲巻いた寿司に衣をつけて揚げる「ホットロール」

ブラジルフランチャイズ店協会によると、和食店は他種の料理店を圧倒的に上回る勢いで増えている。チェーン店だけで674店(2013年)あり、前年比16.6%増。多くがテマキを売り物にしている。 

最近は欧米の大都市でもテマケリアが登場。健康志向も取り入れて野菜を多用し香草やライムで味付けしたネタが人気だ。(共同) 

(詳細等はソース元をご確認下さい)

ソース: 
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140804/amr14080410100002-n1.htm 


海外の方は牛とろや牛炙りなど「肉のすし」をどんどん食べればマグロが減らないのに...
(ぶっ 雑感)


2: 七つの海の名無しさん 2014/08/04(月) 12:27:49.47 ID:r5iyyBxm.net
くだもの入れるのはやめようよ~

3: 七つの海の名無しさん 2014/08/04(月) 12:29:45.51 ID:wcMhF98v.net
>>2
魚食い尽くされるよりいいだろ。

5: 七つの海の名無しさん 2014/08/04(月) 12:33:59.53 ID:SyimoQH6.net
まずそう、手巻きくらい自分のうちでやれよ

6: 七つの海の名無しさん 2014/08/04(月) 12:34:57.30 ID:xLo+ZfFO.net
揚げてる奴があるwww

7: 七つの海の名無しさん 2014/08/04(月) 12:36:12.17 ID:eAVDPRro.net
でも日本の寿司も回転とか手巻きは何でもありだからなー
海鮮生物嫌いとか言ってる知り合い(♀)がハンバーグとかカツ類の
握り目当てで通っているらしい。ついでにそいつの寿司の食い方は
必ず「おいはぎ」。上品な作法だと信じてやっている。生粋の日本人だが。

8: 七つの海の名無しさん 2014/08/04(月) 12:40:13.68 ID:e6VIUZjo.net
ザパニーズが日本のいいイメージ使ってカネ儲けしてる悪寒

9: 七つの海の名無しさん 2014/08/04(月) 12:40:44.32 ID:uEBgu3KK.net
ローカライズってことで別にいいんじゃなかろうか。

10: 七つの海の名無しさん 2014/08/04(月) 12:41:10.38 ID:82u93RSQ.net
外人って、海苔食うのか。。中国人は食わないぞ。

11: 七つの海の名無しさん 2014/08/04(月) 12:43:30.53 ID:wcMhF98v.net
>>10
最初から食うわけ無いやん。寿司とともに広まってるだけ。中国でも広まってるよ。
no title
※参考 海苔を隠して成功したカリフォルニアロール

12: 七つの海の名無しさん 2014/08/04(月) 12:44:25.42 ID:c/I/KobE.net
そうそう、酢飯って意外と何でも合う
さっぱり食えるんだよな

15: 七つの海の名無しさん 2014/08/04(月) 12:54:28.42 ID:nrQ+j2mI.net
やっと気付いたか。
手巻き寿司ならアレンジしても日本人は文句言わないし外人が食べるのに合ってる

17: 七つの海の名無しさん 2014/08/04(月) 13:00:22.48 ID:q4LmYkmv.net
いいんじゃないかな?
手巻き寿司はホームパーティーみたいに好きに作るのが楽しいと思うけど


にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ  
いつもありがとうございます