Stuart little
▲映画「スチュアート・リトル(Stuart Little)」(1999年)

【AFP】90年間所在不明だったハンガリーの前衛画家の名作が、小さなネズミの活躍する米ファミリー映画『スチュアート・リトル(Stuart Little)』(1999年)の小道具として使われていたことが偶然発覚し、このほど母国に里帰りした。テレビ放映された映画を見た美術史家が、背景に映り込んだ絵画に気付いたという。 
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1417297904/
1: のり弁当大盛り ★ 2014/11/30(日) 06:51:44.24 ID:???.net


 ハンガリー国立美術館の美術史家ゲルゲイ・バルキ(Gergely Barki)氏(43)は2009年、娘のローラちゃんと一緒にテレビでこの映画を見ていた際、ローベルト・ベレーニュ(Robert Bereny、1888~1953)作「黒いつぼと眠る女性(Sleeping Lady with Black Vase)」が画面に映っていることに気付いた。

no title
▲絵画が映っているシーン 映画「スチュアート・リトル」(1999年)より 

「(ミスター・リトル役の)ヒュー・ローリー(Hugh Laurie)の後ろの壁にベレーニュの失われた名画が掛かっているのを見て、自分の目が信じられなかった。危うく、ひざの上のローラ(娘)を落っことすところだったよ」と、バルキ氏は27日、AFPの取材に語った。 


no title
ローベルト・ベレーニュの絵画の前で取材を受けるゲルゲイ・バルキ氏

 そこでバルキ氏は、映画の制作元であるソニー・ピクチャーズ(Sony Pictures)とコロンビア・ピクチャーズ(Columbia Pictures)のスタッフに宛てて手当たり次第、電子メールを送った。そして2年後、ついにソニー・ピクチャーズ元従業員の美術スタッフの女性から返答を得た。 


■米古美術店で二束三文で売られていた 

 女性の説明によれば、問題の絵画は彼女が自宅の壁に掛けていたものだったという。「カリフォルニア州パサデナの古美術店で、タダ同然の値段で買ったもので、前衛的な雰囲気がスチュアート・リトルの居間にぴったりだと思ったそうだ」(バルキ氏) 

 ソニー・ピクチャーズを退社した後、この美術スタッフの女性は「黒いつぼと眠る女性」を個人収集家に売却していた。現在、この収集家がハンガリーの首都ブダペストに作品を持ち込み、12月13日に競売会社ビラグ・ユディト(Virag Judit)がオークションに掛ける予定。予想落札価格は11万ユーロ(約1600万円)前後という。 

b2

 ローベルト・ベレーニュは第一次世界大戦前のハンガリーで起きた前衛芸術運動の中心的人物で、1919年に短命に終わった共産主義革命のポスターをデザインした後、ドイツ・ベルリン(Berlin)に逃れた。バルキ氏によると、ベルリンでは女優マレーネ・ディートリッヒ(Marlene Dietrich)や露ロマノフ王朝最後の皇女アナスタシア(Anastasia)とのロマンスが伝えられているという。

(詳細等はソース元をご確認下さい)

ソース:
90年間不明の名画、映画『スチュアート・リトル』に映り偶然発見 - AFPBB

__________________________
 


2: 七つの海の名無しさん 2014/11/30(日) 06:54:50.38 ID:GVDoLOgC.net
おもしろい話だな。まさに偶なる然だな。

10: 七つの海の名無しさん 2014/11/30(日) 07:20:49.10 ID://xpLnvi.net
>>1
>露ロマノフ王朝最後の皇女アナスタシア(Anastasia)

さらっとトンデモ書くな。

19: 七つの海の名無しさん 2014/11/30(日) 08:50:51.58 ID:YlIq/VTI.net
>>10
1918年に銃殺されてるんだが、いわゆる生存伝説というやつなんだろな
「私は逃亡中のアナスタシアなの」と話すメンヘラ女があちこちにいたんだろ

4: 七つの海の名無しさん 2014/11/30(日) 06:56:23.41 ID:zILvX+dT.net
よかったな
価値の分かる人の手元に戻って

6: 七つの海の名無しさん 2014/11/30(日) 07:03:03.63 ID:WLjeUEYw.net
美術スタッフの女性は幾らで売ったんだろうな

14: 七つの海の名無しさん 2014/11/30(日) 08:12:04.33 ID:0uPIJG1J.net
>>6
映画の小道具に使ったという付加価値を付けて売り払ってるな。
恐らく1000~5000ドルくらいだろう。
今頃、悔しがってるに違いないwww

7: 七つの海の名無しさん 2014/11/30(日) 07:03:20.27 ID:Frc1I9Kb.net
そもそもなんで所在不明になってたんだ?

16: 七つの海の名無しさん 2014/11/30(日) 08:43:01.47 ID:BCURY6Js.net
>>7
ナチが絵画没収してる頃に
取られないように持ちだして紛失したか
没収されたものが巡り巡ってたのかじゃね

8: 七つの海の名無しさん 2014/11/30(日) 07:08:27.41 ID:ojAZbViU.net
米古美術店で二束三文の絵を買い集めたい

11: 七つの海の名無しさん 2014/11/30(日) 07:25:17.07 ID:/NIMVfEF.net
いい絵だな。

12: 七つの海の名無しさん 2014/11/30(日) 07:36:52.78 ID:Bth/0+cx.net
なんでも鑑定だんレベルのはなしだな。
16億くらいの作品で無いと。。

15: 七つの海の名無しさん 2014/11/30(日) 08:34:04.51 ID:vXicxNus.net
>>12
このエピソードが価格を引き上げる可能性が高い

18: 七つの海の名無しさん 2014/11/30(日) 08:49:27.74 ID:a63KNYyr.net
WW1後のハンガリー混乱期にアメリカへ移民した奴が持ち出したんだろうな
アメリカへ持ち出した当人は後生大事に絵を保管してただろうことから
金銭目的で持ち出した訳ではないと思うが、細かい経緯は永久に分からんだろう

そして価値の分からない子孫が遺品整理でゴミ同然に売ったんだろう
CAはハンガリー系がそこそこ多い

21: 七つの海の名無しさん 2014/11/30(日) 09:36:53.47 ID:7gLZtzvU.net
この絵が最期に目撃されたのが28年でその後行方不明ってことはディートリッヒが
貰ってアメリカに持って行ったのかもしれないな。ディートリッヒがアメリカに
移住したのが30年だから

22: 七つの海の名無しさん 2014/11/30(日) 10:00:04.70 ID:4FinM74L.net
すごいハンガリー精神だな


にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ  
いつもありがとうございます