no title
▲赤十字から台湾へ医療用品が運び込まれる...

グンゼは13日、台湾・新北市の遊園地でイベント中に約500人がやけどを負った火災を受け、負傷者の治療のために2300万円相当の人工皮膚を日本赤十字社に寄贈したと発表した。

やけどの面積によるが、10~30人の処置に使われる分量という。12日に台湾に到着し、病院での手術に使われ始めた。火災は6月27日夜に発生。すでに日本赤十字社が約1億円相当の人工皮膚を台湾に寄贈しているが、足りない状況だという。

no title
gunze2

▲真皮欠損用グラフト(人工皮膚)による治癒のイメージ   loupe1r画像を拡大



gunze
▲台 湾 空港に到着したグンゼの「人工皮膚 」

グンゼの人工皮膚は、重度のやけどや外傷の治療に使われており、損傷した部分に縫い付けると毛細血管が入り込み、2~3週間で新しい皮膚に置き換わる。
(詳細等はソース元をご確認下さい)

ソース:
台湾火災、グンゼが人工皮膚寄贈 最大30人分 - 47NEWS
PELNAC ペルナック - グンゼ




引用元:台湾火災、グンゼが人工皮膚寄贈 最大30人分 
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1436800374/




グンゼって倉吉工場閉鎖で大変なんじゃないの... (ぶっ雑感)




2: 名無しさん@おーぷん 2015/07/14(火)00:29:00 ID:KvD
グンゼもやってたんだ

3: 名無しさん@おーぷん 2015/07/14(火)00:30:23 ID:6te
日本赤十字が人工皮膚提供したのに続いてだがいいことだな。
パンツはグンゼ。

4: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/07/14(火)00:30:33 ID:Z4r
色々、支援しているんだね。

これを報じないマスゴミは死ね(・ω・)ノ


にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ  
いつもありがとうございます