no title

古文書に記された落書きや落書を集めた展示「時代のおとしもの 落書(らくがき・らくしょ)」が福井市下馬町の県文書館で開かれている。

教科書の挿絵への落書きから批判精神がのぞく落首などの資料14点が並ぶ。同館は「人間らしい営みが垣間見える一風変わった展示」と来館を呼びかけている。 8月26日まで。

展示されている戦前の尋常小学校の教科書には、難しい漢字に振り仮名を振られており、真面目に勉強していたのかと思いきや、人物画に眼鏡の落書きが。江戸時代の絵本にも「太郎吉」という男の子の似顔絵が描かれており、どの時代の子どもも本にいたずら書きをしていたことがうかがえる。 

no title
▲江戸時代の童子教(道徳の教科書)に残された落書き

no title
▲落書きというより書き込みか...

no title

no title
▲江戸時代の草双紙(絵本)に残された落書き

no title
▲いつの時代も教科書の人物画はメガネを書き足される...

大坂城代から京都所司代に出世した小浜藩主・酒井讃岐守忠用を評した京の町人の落首は「よいさかい 京にこごとをいわさぬき ぶんごしぼりの あとはじょうだい――」。圧政を敷いたとされる前任の松平豊後守資訓の跡を継ぐ忠用をけん制しつつ、期待感を示すという町人の複雑な心情が官位にかけて表現されている。 

kokeraura
▲神社のこけら板に残された記録

この他、本荘春日神社(あわら市)で江戸時代に屋根のふき替えを行った際に職人が板材に書き残した近隣の大火や疫病の記録、浄土真宗中興の祖・蓮如に向けられた落首と返歌、福井城址から出土した人の顔が描かれた石など多様な落書き、落首が並ぶ。 

no title

同館の担当者は「資料価値を下げる落書きも、当時の社会を映し出す作品になっている。当時の人々の暮らしや思いを想像してほしい」としている。 

(詳細等はソース元をご確認下さい)

ソース:
世相映す古文書の落書展 - 読売オンライン
時代のおとしもの落書(らくがき・らくしょ) - 福井県文書館




引用元:【福井】世相映す古文書の落書展
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1437610439/






2: やまとななしこ 2015/07/23(木) 10:30:43.71 ID:ye5NoZt5.net
面白そうだけど、たった14点かい。片手間感が漂うなぁ。
建築物の中とか、井戸の中のかわらけの欠片とか、資料は他にもいっぱいあるだろうに。

3: やまとななしこ 2015/07/23(木) 17:31:13.58 ID:OJnqG1VX.net
そして静止画がパラパラ漫画になり現在のアニメの原点に


にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ  
いつもありがとうございます