1: 名無しさん 2014/04/28(月)14:57:02 ID:wV3OQHm00
セウォル号船長と対照的

乗客・乗員334人を乗せ、北大西洋カナリア諸島沖を航海していたスペインの旅客船で
25日に火災が発生したが、船長・乗員の落ち着いた対処で全員が無事に救助された。
大事故に発展する可能性のある状況だったが、船長と乗員、そして管制当局が落ち着いて
訓練通りに行動したことが奏功した。
特に船長の落ち着いた判断が重要な役割を果たしたと外信は伝えている。

続きはソースで
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/04/28/2014042801138.html
no title
▲火事のあった定期旅客船「ボルカン・デ・タブリエンテ号」(事故以前のもの)

no title

▲重心が一方に偏らないよう、乗客を左舷と右舷に半分ずつ配置し、
たった数分で脱出態勢を整えた。(実際の写真)


2: 名無しさん 2014/04/28(月)14:58:19 ID:hBiziap5l
船怖い・・・

3: 名無しさん 2014/04/28(月)15:00:46 ID:SMgSdUz9i
まあこれが普通だよな

4: 名無しさん 2014/04/28(月)15:51:36 ID:xw53FtZIQ
普通の国は乗客を見捨てないよ

5: 名無しさん 2014/04/28(月)15:57:34 ID:skWWjmZc0
当たり前の事を当たり前にこなす=信頼

7: 名無しさん 2014/04/28(月)18:11:41 ID:VYyatH3Lu
>>5
ほんこれ
ヒューマンエラーを起こさない、イレギュラー発生時の対応をマニュアル化しその通りに対応する
でもこれができるのは極々一部だけなんだよな

8: 名無しさん 2014/04/28(月)18:20:54 ID:qqvgWbT91
火病ってあるじゃない?
あれパニック時にも出るじゃない?
危ないじゃない?


にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ  
いつもありがとうございます