1: ぱぐたZφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/05/02(金)21:47:26 ID:CwdbCTCUt
2.5トンの石をどう運んだのか? 考古学者と機械工学者を悩ませてきたピラミッド往年の
謎がついに解明の時を迎えたようです…。アムステルダム大学研究班が辿り着いた回答は、
実に灯台下暗しなものでした。


ピラミッド建造方法については諸説ありますが、一番のネックは「摩擦」。
古代エジプト人は岩を採石場から建造場所まで大きなソリに乗せて運んできました。
ただの板切れで、端が上にくるんと曲がってる、何の変哲もない普通のソリです。


でも、こういうソリに2.5トンの荷物を乗せて引っ張ると、どうしても砂にめり込んで、
小さな砂山が前にできてしまいます。あんまり大きな山にならないうちに、いちいち砂を
除けてやらないと、前には進めません。


しかし、砂が濡れていたらどうでしょう? 
そう、山はできません。

砂を適度に湿らせてやると、「capillary bridges(毛細血管ブリッジ)」という、
砂粒同士を繋ぐ毛細血管状の超微量の水滴…が砂に行き渡って、砂粒同士が2倍硬く
なるんですね。それだとソリの前にも山ができないし、引っ張るのに必要な力も半分に
なるのです。半分!


〈中略〉

言われてみれば、これってヴィクトリア朝時代に発見されたジェイホテプ墓
(Tomb of Djehutihotep)にはエジプト中期王朝の王の巨像をソリに乗せて引っ張る
奴隷の絵が残っていたんですが、そのソリの前の方には砂に水を撒く男がばっちり
描かれているんですよお。


ソース
GIZMODO JAPAN
http://yukan-news.ameba.jp/20140501-227/
no title


2: 名無しさん@おーぷん 2014/05/02(金)21:49:50 ID:S7ifVM207
おい!

3: 名無しさん@おーぷん 2014/05/02(金)21:50:50 ID:5Cf0r5WYN
昔の人は偉かった

4: 名無しさん@おーぷん 2014/05/02(金)22:01:24 ID:ddtMSZzn3
大量の水を運ぶ労力を考えると、この説は胡散臭くね?
普通に板とコロの方が楽だろ。
仕事で3トン位のものはコロで動かしたりするが、1人で動かせるからな。

5: 名無しさん@おーぷん 2014/05/02(金)22:02:12 ID:5Cf0r5WYN
>>4
下地次第だろうね。

8: 名無しさん@おーぷん 2014/05/02(金)22:07:00 ID:OIuIGDrPT
>>4
まじで?かっこいいなあ

当時は近くまで河あったんじゃなかったっけ?
河の氾濫期の後とか
で、>>4みたいな男たちがいれば楽勝
いける。
  

6: 名無しさん@おーぷん 2014/05/02(金)22:04:55 ID:f8PXIjt8X
そもそも、ピラミッド建設当時は砂漠ではなかったらしいじゃん。
無駄な研究だったな。

9: 名無しさん@おーぷん 2014/05/02(金)22:14:41 ID:Bf7QDmA55
どんだけ水が要るんだ

10: 名無しさん@おーぷん 2014/05/02(金)22:25:24 ID:CxbGfclEA
ソースには王の巨像をソリに乗せて引っ張る奴隷の絵に水を撒く男が描かれているとあるね
確かに水を撒いてるように見える

11: 名無しさん@おーぷん 2014/05/02(金)22:32:19 ID:HLOugoUoK
それよかピラミッドの内部構造は分かったのかな。
建設用の螺旋トンネルが内部にあるって話が面白かったのだが。

13: 名無しさん@おーぷん 2014/05/02(金)22:44:15 ID:At76yNedg
だから雨期にピラミッド産業したんだろ。
まぁ粘土見たいにカチコチなるわな。

15: 名無しさん@おーぷん 2014/05/02(金)23:05:46 ID:Qa1bPe14b
砂漠では水が貴重なのにわざと砂漠に水を含ませたと?

16: 名無しさん@おーぷん 2014/05/02(金)23:28:39 ID:5n5WplUUH
逆に考えるんだ
石を運んだのではなく、最初から石がある場所に建てたのだと


にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ  
いつもありがとうございます