c0119555_22115386(1)


ナツツバキの別名「沙羅双樹さらそうじゅ」の名所、妙心寺塔頭たっちゅう・東林院(京都市右京区)で15日、「沙羅の花を愛めでる会」が始まった。30日まで。

沙羅双樹は開花からすぐに散ってしまうはかなさから、平家物語の一節にも「沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理ことわりをあらはす」と記され、仏教の無常観を象徴するとされる。 

30616to11007(1)

同院では本堂前の庭に11本が植えられ、約40年前から観賞会を開催。訪れた参拝者は縁側に腰掛け、苔こけの緑に落ちた可憐かれんな白い花を静かに見つめていた。 

(詳細等はソース元をご確認下さい)

ソース:
「沙羅双樹」の花の色愛でる…苔の緑に可憐な白 - 読売オンライン






ああ、諸行無常... (ぶっ雑感)




2:名無しさん@1周年:2016/06/16(木) 18:04:53.89 ID:bA11XxnK0.net
沙羅双樹の花のいろ
5:名無しさん@1周年:2016/06/16(木) 18:06:31.20 ID:eYMx3Em70.net
沙羅樹の名前を知ってる人はじじいなのは間違い無い
18:名無しさん@1周年:2016/06/16(木) 18:18:16.80 ID:FYspm8ym0.net
>>5
子供でも知ってるようにと、次の世代に語り継がなかったジジイどもの失態
7:名無しさん@1周年:2016/06/16(木) 18:10:02.81 ID:2N4kRJ/u0.net
上司のお見舞いに持っていこ
67:名無しさん@1周年:2016/06/16(木) 20:28:09.34 ID:9euMvn/m0.net
>>7
「風の前の塵に同じ」って言ってやれ
12:名無しさん@1周年:2016/06/16(木) 18:13:59.60 ID:b+DEao9b0.net
風流ですな
13:名無しさん@1周年:2016/06/16(木) 18:17:17.01 ID:04SOeamA0.net
祇園精舎の鐘の声
22:名無しさん@1周年:2016/06/16(木) 18:23:03.42 ID:SEphq/Ff0.net
なんか思ったよりぼってりした花なんだな
23:名無しさん@1周年:2016/06/16(木) 18:23:35.57 ID:glBYQNhI0.net
>>22
そもそも椿だとは思ってもなかったわ
27:名無しさん@1周年:2016/06/16(木) 18:26:49.09 ID:SEphq/Ff0.net
>>23
椿科の首からぼとっと落ちるのが
盛者の生首っぽい感じか…
29:名無しさん@1周年:2016/06/16(木) 18:28:09.41 ID:GX5Favki0.net
>>23
本当の沙羅双樹はフタバガキ科のラワンの仲間、熱帯植物
38:名無しさん@1周年:2016/06/16(木) 18:51:47.04 ID:1H9JR8ZY0.net
ちょ、ちょっと待って欲しい
沙羅双樹の木は日本では育たない、だからよく似たサルスベリを代わりに
植えたって聞いたぞ、どーなってんだ、だからサルスベリはお寺に多いって
42:名無しさん@1周年:2016/06/16(木) 18:59:10.53 ID:SEphq/Ff0.net
>>38
調べてみた
インド産の沙羅双樹は日本では育たなくて
日本ではナツツバキを代用にして沙羅双樹と呼んでいるそうな(>>1の画像はナツツバキ)
サルスベリ代用バージョンもあったってことかね?
50:名無しさん@1周年:2016/06/16(木) 19:22:47.89 ID:SEphq/Ff0.net
本物の沙羅双樹(超地味)



本物が絵にならないので現地ではホウガンノキが沙羅双樹ってことになされる(赤くて派手)



日本では本物が育たないのでナツツバキで代用(儚げな風情が日本ぽい)>>1の画像

適当だよな…w
53:名無しさん@1周年:2016/06/16(木) 19:40:05.00 ID:5wImSPob0.net
>>50
沙羅双樹の花が盛者を表していて、盛者必衰するように美しい花の色もまた…

って、これじゃ感じでないなw
52:名無しさん@1周年:2016/06/16(木) 19:39:25.72 ID:R2AXKQkM0.net
ナツツバキとか言うとありがたみが薄れる気がするが、本物より綺麗でええな。
63:名無しさん@1周年:2016/06/16(木) 20:23:05.91 ID:OE3PHlg00.net
名前はよく覚えてるけど、モノを見るのは初めてだわ

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ  
いつもありがとうございます