SITE-img_2(1)


大阪ガスが、大阪市での下水処理の過程で生じるメタンガスを使った発電事業に乗り出した。

電力は国の再生可能エネルギー固定価格買い取り制度を使って、関西に参入している新電力会社に販売する計画で、年間10億円程度の収入を見込む。下水に眠る未利用エネルギーの有効活用を広げていきたい考えだ。

今年8月1日、大阪市が運営する大野下水処理場(同市西淀川区)で、汚泥から発生するメタンガスを主燃料とした発電事業をスタートした。メタンガスは主に燃焼させて廃棄していたが、大阪ガスはこれを資源として積極的に活用。生み出した電力は、東京ガス、NTTファシリティーズとともに設立した新電力大手、エネット(東京都)に売る。 


 

大ガス子会社のOGCTS(大阪市)、環境機器大手、月島機械などが共同で下水処理場内に発電機30台(出力、計750キロワット)を設置。年間、一般家庭1500世帯の消費量に相当する550万キロワット時の電気を供給する。 

一方、下水処理場を持つ大阪市には土地の賃料と、汚泥から出るガスの購入代金を支払う。 

来年4月には、別の大阪市の下水処理場3カ所でも発電を始め、4カ所合わせ出力4090キロワット、年間発電量は2580万キロワット時になる見通し。 

大ガスにとって、大阪市での下水汚泥からの発電事業は、別の子会社が運営する神戸市垂水区に次ぎ2例目。ビジネスを広げるのは、太陽光発電と同じく再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の対象となっており、採算が見込めると判断したためだ。 

4
▲垂水区のバイオガスコージェネ設備

下水からのガス発電事業をめぐっては、大阪ガスのほか、全国では荏原や三菱商事などが出資する水ing(スイング)、神戸製鋼の子会社も参入。国土交通省によると、平成23年3月で全国33件だったが、27年3月までに約2倍の64件まで増えている。国交省下水道企画課は「下水は都市で集積される未利用エネルギー。活用の広がりを歓迎したい」としている。

(詳細等はソース元をご確認下さい)

ソース:
大阪の下水で発電 新電力に販売、大阪ガスが新事業へ - 産経WEST
「下水汚泥消化ガス」発電事業で再生可能エネルギーの普及に貢献! - 大阪ガス通信


関連:
「バイオガスが増量!?」ゴミからエネ…生ごみに紙ごみ混ぜると高効率








5:やまとななしこ:2016/08/29(月) 00:37:51.65 ID:a+PVlCpY.net
ガス会社が下水で発電てややこしい
7:やまとななしこ:2016/08/29(月) 00:45:30.66 ID:kAREoLeO.net
有明海の方のゴミ処分場で
燃焼ガス使って藻を育てて売るとか始めてたっけか。
2:やまとななしこ:2016/08/29(月) 00:09:37.08 ID:6tgbEQ2q.net
こういうエコ発電は重要

がんばれ

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ  
いつもありがとうございます