103849285(1)

(台北 20日 中央社)日本統治時代に建設され、かつては台北最大の製茶工場だった「新芳春行」(台北市)が20日、修復工事を終え、文化施設として新たに開館した。館内では過去の茶文化を紹介する展示が行われる。

新芳春行は1934年建設。当時都市の中心部として栄えていた大稲埕地区に位置する。茶屋、製茶工場、倉庫、オーナーの住宅と4種類の空間機能を兼ね備えており、過去の台湾の茶葉貿易の歴史を現代に伝える存在だといえる。2009年に台北市の市定古跡に登録。修復工事は民間企業によって4年にわたって行われ、建物は持ち主の王国忠さんから台北市に寄贈された。 

20151218-060204_U3317_M112109_e363(1)
▲よく見ると細かく装飾された壁

e1514539(1)
▲オーナーの住宅部分

600_53(1)
▲複雑な装飾が施されたベッド...

512181762776(1)
▲製茶工場時代を表す展示...

600_52(1)
▲中庭がおしゃれ...

この日行われた記者会見に出席した陳景峻副市長は、新芳春行は民間の出資で文化財を修復した成功例であり、台北市の文化資産保存にとって大きな助けとなったと喜びを示した。 

同市文化局によると、新芳春行には3000点近い貴重な文物が保存されていたという。同所では1900年代の大稲埕地区の繁栄を紹介する特別展が来年2月28日まで開催される。

(詳細等はソース元をご確認下さい)

ソース:
日本統治時代建設の製茶工場、文化施設に生まれ変わる/台湾・台北 - フォーカス台湾 






2:七つの海の名無しさん:2016/09/21(水) 11:26:32.99 ID:3rJ0NagM.net
予想以上にガッシリしててわろたw
3:七つの海の名無しさん:2016/09/21(水) 11:30:39.67 ID:eKKKbn02.net
台湾東側の護岸は台風対策で砂利を突き固めて作った頑丈なコンクリート、未だに現役
6:七つの海の名無しさん:2016/09/21(水) 11:37:35.69 ID:tWFatGOw.net
>>3
貴重な情報は有り難いが台北は西じゃないの?
4:七つの海の名無しさん:2016/09/21(水) 11:31:15.57 ID:35L7T3Rf.net
ビルじゃんwww
8:七つの海の名無しさん:2016/09/21(水) 12:28:12.92 ID:Wy+Vqwf3.net
写真見る限り、見事に同化してるな
しかし台湾でお茶つくってたのね
12:七つの海の名無しさん:2016/09/21(水) 15:21:38.70 ID:sDkX6SfN.net
1934年建設の、、、ビル、、、だと?

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ  
いつもありがとうございます