tn_alstom-ilint-words(1)

仏Alstom(アルストム)は20日、世界初となる水素燃料電池を搭載した通勤電車「Coradia iLin」の実用化に成功し、2017年からドイツ国内で運用を開始することを発表した。

欧米では電化されていない鉄道路線が多く、そうした路線ではこれまでディーゼル機関車が使用されてきたが、ディーゼル機関はCO2排出量の観点から、問題が指摘されてきた。

しかし、電気自動車などに使用されているリチウムイオンバッテリーでは大出力が要求される電車の動力源として使用することはパワー不足で、鉄道業界ではリチウムイオンバッテリーに代わるより高出力の動力源を必要としてきた。 

201609232304030000l2(1)


今回、アルストムはこの難問を解決するために水素燃料電池に着目し、電車に搭載可能な大容量高出力の水素燃料電池の開発に取り組んできた。実用化に成功した水素燃料電池搭載電車は、定員数が300人で、最高速度は時速140キロ。

燃料となる酸素と水素タンクおよび燃料電池本体は電車の上部に取り付けられており、電力の発生と共に生じた水蒸気は、そのまま上部から外部に放出されるメカニズムとなっている。

tn_alstom-ilint-seat
▲シートも水素... 酸素も

アルストムの車両は今月、Amtrak(アムトラック)の米北東部路線の新型高速鉄道にも選ばれるなど、このところ躍進を続けている。アルストムの高速鉄道車両はまた、カリフォルニア州が計画を進めている高速鉄道計画においても本命視されている。

(詳細等はソース元をご確認下さい)

ソース:
アルストム、世界初の水素燃料電池搭載通勤電車を発表... - businessnewsline






いきなり石油社会から水素社会はハードルが高くなかなか前へ進まないけど
現行(石油)→天然ガス(メタン)→水素だと それぞれ共有できるインフラも
多く移行が楽なんじゃないかと思う。

余談ですが、どこかに「エネルギーを炭水化物にして保存」なんて言ってる人いたけど
エネルギー源の保存としてはわりと的を射た答えかなと思う

エネルギーの目的は最終的には人が生きるため、生かすための燃料...
お金に姿を変える時もあるけど食べ物を育てるためや冷暖房、移動など
生活を良くするためにエネルギーは消費される なるほど
電気の蓄電も食料の備蓄も学習も投資も同義てか。目のつけどころがすごい
  ...長くなった(ぶっ雑感)




2:名刺は切らしておりまして:2016/09/25(日) 11:27:24.85 ID:Cuo7OHJ4.net
え?すでに走っているが??>>クモヤE995形
4:名刺は切らしておりまして:2016/09/25(日) 11:36:12.35 ID:U3CBlI3X.net
水素燃料電池車両は「非電化区間が長い路線」向けやね。
短い路線は、JR東日本やらJR九州が導入しとる架線式蓄電池車両やね。
9:名刺は切らしておりまして:2016/09/25(日) 12:00:37.36 ID:pZ23ypWB.net
>>4
山陰とか四国、北海道なら水素になるのかな
5:名刺は切らしておりまして:2016/09/25(日) 11:42:44.43 ID:zK+U0MlC.net
これの列車事故だけは起こしたらアカンな。
6:名刺は切らしておりまして:2016/09/25(日) 11:50:57.40 ID:KeqXvLtE.net
>>5
基本、タクシーなどのLPG車と同じです
最悪でもガソリン車の炎上と同程度
7:名刺は切らしておりまして:2016/09/25(日) 11:59:03.34 ID:tuJx3SvD.net
水素ガス気動車でええやん
日本でも実使用例有ったし
12:名刺は切らしておりまして:2016/09/25(日) 12:53:11.70 ID:plEotdRA.net
玉石混淆でただ増やすより
こういった事業に参入して企業からの信頼を得るほうが今後のためになると思う

そうじゃなくても企業からは「自然エネは使えない」と思われてんだから
14:名刺は切らしておりまして:2016/09/25(日) 12:57:41.32 ID:5ZBl6avM.net
>>12
燃料電池って自然エネルギーなのか?
15:名刺は切らしておりまして:2016/09/25(日) 13:14:29.98 ID:plEotdRA.net
>>14
水素を何で発生させるかによると思う
メタンから改質して使う場合などもあるから

どっちにしろ自然エネの受け皿として大きなものになりえる
17:名刺は切らしておりまして:2016/09/25(日) 13:38:17.96 ID:N2R8CxIs.net
映画撮影が捗りそうだなぁ

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ  
いつもありがとうございます