640px-MATSUKAWA_Geothermal_power_station_Iwate,JAPAN(1)
▲日本初の商業ベースの地熱発電所「松川地熱発電所」(岩手)

いまからちょうど50年前の10月8日。国内初の商用地熱発電所として、岩手県八幡平市に建設された松川地熱発電所が運転を開始した。

太陽光や風力発電と比べると認知度は低いが、実は日本は米国、インドネシアに次ぐ世界第3位の地熱資源国。にもかかわらず、発電設備容量で見ると、世界第9位にまで後退している。

つまり、資源量は豊富だが、発電設備の普及が進んでいないのだ。

松川地熱発電所の誕生以降、オイルショックなどが追い風となり、国内の地熱発電量は段階的に伸びた。しかし、1990年代半ば以降、ぴたっと成長が止まってしまう。 

多くの再生可能エネルギーと同様に、火力や原子力と比べると、地熱発電の発電容量は小さい。たとえば、原発なら1基で100万キロワットクラスのものも多いが、地熱発電は大規模なものでも数万キロワット。 

原発の10分の1以下だ。発電容量の大きい火力や原子力のコストダウンが進んだこともあり、地熱を推進しようという機運が生まれなかったのだ。しかし、2011年に起きた東日本大震災以降、潮目は変わった。12年7月からは再生可能エネルギーを電力会社が固定価格で買い取る「フィード・イン・タリフ(FIT)」制度がスタート。これによって、発電コストが高めの再生可能エネルギーでも採算が取れるようになり、20年ほども動きが止まっていた地熱発電も再び、前進し始めた。 

地熱発電の方式は大きく分けると2つある。比較的大型なのは、「蒸気発電」と呼ばれる方式。地下の地熱貯留層にある、200~300℃超の高温天然蒸気で直接、タービンを回す方法だ。火力発電は、燃料を燃やしてお湯を沸かし、 
その蒸気の力でタービンを回すというのが基本的な仕組み。地熱発電は、地下から出てくる蒸気をそのまま活用する。だから燃料いらずなのだ。 

蒸気発電は、数万キロワットクラスと、地熱発電としては大容量発電の実現が可能だ。一方、「バイナリー発電」と呼ばれる方式は、数十キロワットクラスから、最大でも5000キロワットまでの小規模設備となる。

fig2176std(1)
▲国内最大 大分県八丁原地熱発電所

地熱発電のメリットは、なんといっても発電の安定性だ。設備稼働率で見ると、太陽光は10%強、風力も2割程度だ。太陽光は夜間は発電できないし、風力発電も無風なら風車は動かないからだ。しかし地下の蒸気は常に使用できるから、地熱発電は71%と、原発よりは若干劣るものの、ほぼ同等と言っていいレベルの安定性を誇っている。ちなみに、原発や火力であっても、設備稼働率が100%にはならない。定期点検などで止める必要があるからだ。 

地熱も同様で、天然蒸気に含まれる不純物、たとえば金属成分やシリカなどが設備に付着するため、定期的にメンテナンスを行う必要がある。 

コスト面ではどうか。「初期投資は大掛かりなので、回収までに時間はかかります。しかし、40年ほどの長期で運用すれば、大型の火力発電所と同等と、国では試算しています」独立行政法人の石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の高橋由多加・地熱部地熱開発課担当調査役は、こう語る。 

(詳細等はソース元をご確認下さい)

ソース:
日本は世界3位の資源国!注目の地熱発電って何だ - ダイヤモンド





「地熱発電」は実際の話が聞こえてこないよね... 触らないようにしてるのか、
実は思ったほど効率が良くないのか。 素人考えだと、発電だけではなく融雪や温室、
暖房などなど、いろいろ使えそうだしコストなんかすぐに回収できそうなんだけどね (ぶっ雑感)




2:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 12:00:09.41 ID:1JpX9Uuk.net
北斗の拳の中央帝都みたいに人力でタービンを回しては…
3:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 12:02:42.65 ID:b+eW+UtB.net
タービンに湯のハナが付く
4:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 12:03:42.17 ID:mVdO89b4.net
電気代上がる要素増えているのが  な。
6:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 12:05:15.15 ID:GsNDdb6g.net
日本は利権がうるさいから無理
7:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 12:05:56.93 ID:TRjrUA+6.net
地元の温泉業界に反対されて終了
8:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 12:07:43.90 ID:NelMPbPK.net
アンモニアを使った温泉発電はどうなったんだ?
やはり使い物にならなかったのか?
18:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 12:26:58.83 ID:Cjk6X03+.net
>>8
コストと温泉組合がな~
10:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 12:11:35.43 ID:nu9m2Gy7.net
議員「原子力の方が利権がウマいんだよ」
政府「国立公園に発電所建設できねーし。法改正メンドクセー」
温泉組合「認めるわけねーだろバーカ」

結論:無理
70:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 21:40:29.62 ID:fc6r3bel.net
>>10
法律変えるだけなんだから簡単だろ。
14:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 12:15:06.47 ID:LfAEDXJL.net
>>1
日本の地熱発電技術は世界一なんだが何故か日本では作ろうとしないんだよね、無尽蔵に近いの温泉使ったら原発よりクリーンでコスト安い発電方法だから色々都合が悪いんだろうな。
57:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 16:56:24.65 ID:eGpu723E.net
>>14
その世界一とやらの技術を以てしても、八丈島の地熱発電所は操業開始早々に
蒸気井2本のうち1本が蒸気弱くなってしまって定格3,300kWが2,000kWで
運転することになっちゃってるんだよなぁ。
http://www.enecho.meti.go.jp/category/resources_and_fuel/geothermal/explanation/mechanism/plant/japan/009/

でもって、東京都は八丈島の地熱発電を3倍増(6,000kW)に増強する計画を
打ち出してるけれども、
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/01/20n14100.htm
八丈島の資料を見ると現行と同じ規模の発電所を追加で新しく立てる計画
であり、火力発電所のように発電機だけを増やす訳にいかない地理的コストが
大きいんだよね。
http://www.town.hachijo.tokyo.jp/info/wp-content/uploads/2016/06/material1.pdf

ある程度は採算を度外視して再生可能エネルギーの利用率を上げていかなきゃ
いけないのは分かるけれども、八丈島の人口や産業の規模でも夏場のピークは
11,000kWを必要とする訳で、再生可能エネルギーの主軸を地熱発電にすると
なるとかなりの自然破壊が予想されるのがちょっとね……
22:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 12:29:36.60 ID:JLNA1DIR.net
NEDOがずっとやってるけど硫化水素ガス噴出事故で職員をぱっぱらぱーにしたりとかなり難しいようだわ
メタンハイドレード同様の机上の空論なのかもな
41:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 14:29:16.75 ID:qQY1ALZk.net
>>22
>かなり難しいようだわ
維持が難しいし 地震が起きるからね
28:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 12:54:31.17 ID:w0sAhnVJ.net
>コストは大型の火力発電と同等

だったら火力発電でいいじゃん
36:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 13:23:45.52 ID:MMLmYON7.net
補助金と源泉の保証をつければ良いのに
38:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 13:44:33.76 ID:sfy8n3Qg.net
>>1
>40年ほどの長期で運用すれば、大型の火力発電所と同等

たけーわ 燃料なしでそれかよ
62:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 17:24:06.57 ID:Y9Iu7sow.net
>>1
地熱発電所作ったから火山噴火と地震が多くなったと言い出すヤツが出てくるだろう
66:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 17:44:25.86 ID:e6u9sDY2.net
火力は止めてあるときはコストかからないけど地熱や原発はあるだけでコスト発生する。
71:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 22:20:59.84 ID:jHM98mRr.net
>>66
売上-コスト=利益

実質的な売上を増やせばコストが高くても利益は増える
67:名刺は切らしておりまして:2016/09/29(木) 18:44:20.84 ID:jHM98mRr.net
北国は発電だけではなく熱もどんどん利用すればいいと思う

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ  
いつもありがとうございます