6780842951_11d38d3c8a_z
▲ペルシャ湾の夕暮れ
 
奈良市の平城宮跡で出土した「天平神護元年」(765年)と記された木簡に、ペルシャ人の役人とみられる「破斯清通」という名前があったことが5日、奈良文化財研究所の調査で分かった。

「破斯」はペルシャを意味する中国語の「波斯」と同義で、国内の出土品でペルシャ人を示す文字が確認されたのは初めて。外国人が来日した平城宮の国際性を示す史料となりそうだ。

同研究所によると、木簡は1966年、平城宮跡東南隅の発掘で出土した、役人を養成する「大学寮」での宿直勤務に関する記録。当時は文字が薄いため名前の一部が読めなかったが、今年、赤外線撮影したところ、「破斯」の文字を判読できた。 

「大学寮解 申宿直官人事」のほか、下部に、特別枠で任じられた役人を意味する「員外大属」という役職名もあった。 

no titleno title
▲ペルシャ人の役人とみられる「破斯清通」という名前(右側)が確認された木簡の一部の赤外線写真 

続日本紀には736年、遣唐使が連れ帰った「唐の人三人、波斯一人」が聖武天皇に会ったと記されている。その後、この「波斯人李密翳」に位を授けたとあるが、以降の動向は分からないという。 

研究所の渡辺晃宏史料研究室長は「国際的な知識があり、役人として登用された可能性がある。 破斯清通が、李密翳やその関係者と考えても年代的におかしくはない」と話している。 

Iranian lady in traditional dress of Mazandaran(1)
▲ペルシャ人の末裔... (※記事とは直接関係ありません)

来日した外国人には、唐招提寺(奈良市)を開いた唐の高僧・鑑真や、東大寺の大仏開眼供養(752年)を行ったインド僧・菩提僊那がいる。また朝廷に仕えた唐の皇甫東朝の名前が墨書された土器も奈良市の西大寺旧境内から出土している。 

(詳細等はソース元をご確認下さい)

ソース:






3:やまとななしこ:2016/10/05(水) 12:41:22.41 ID:rhFNKe6O.net
平氏はペルシャ人とかテレ東の番組でやってたけどほんとだったんだな
4:やまとななしこ:2016/10/05(水) 12:41:24.29 ID:SFZ26pBH.net
なんて読むの?
6:やまとななしこ:2016/10/05(水) 13:03:50.82 ID:9meJExJS.net
>>4
破斯(はし)
東方二次にわかですが、橋姫伝説に破斯を充てたキャラが存在します。

私的見解ですが
古来、ザクロス山脈などアルプスヒマラヤ造山帯の西アジア地区には現代の
クルド人やパシュトゥーン人などの山賊人種が割拠し交通が途絶していました。
オリエント文明でイランに入ったものだけがステップ交易ルートより日本に伝来したと思っています。
5:やまとななしこ:2016/10/05(水) 12:47:51.58 ID:Zrtcp1sl.net
ペルシャでぐぐると猫しか出てこない
8:やまとななしこ:2016/10/05(水) 13:12:11.03 ID:g5EILbDf.net
イスラム商人と
ペルシャ人は別物だが。。
イスラム帝国に負けて地を奪われた時期があったのが、ペルシャ人
11:やまとななしこ:2016/10/05(水) 13:24:15.60 ID:AqpGZMQ4.net
遷都以前でも
中華経由で日本に来てる可能性は十分あるだろうな
16:やまとななしこ:2016/10/05(水) 14:57:13.13 ID:s/ED8blW.net
伊勢平氏がまんまペルシア人とかそんなわきゃねえ
一族に血を引く人間がいたとしてもそれを「ペルシア人」とは呼ばん
19:やまとななしこ:2016/10/05(水) 15:34:34.19 ID:mrGKE9pg.net
東の端っこだし、流浪した果てに流れ着いた
人とか色んな人種がいたのかもね
21:やまとななしこ:2016/10/05(水) 15:52:55.72 ID:uigqEHhJ.net
九州・東北の徴兵検査では青や緑の瞳持つものが
時々現れて先祖に紅毛人も無いのにと言われたそうな
こういうことなのかも知れないなあ
23:やまとななしこ:2016/10/05(水) 16:18:58.93 ID:U2wUDDRc.net
最低限中国語は喋れたんだろうな。
24:やまとななしこ:2016/10/05(水) 16:23:27.82 ID:U2wUDDRc.net
阿倍仲麻呂みたいなのも居るからねえ。
結構島国日本も国際的だったんだね。

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ  
いつもありがとうございます