15801227242_7375224cdf_z(1)
(イメージ)
 
京都大と京都府精華町は8日、電動アシスト自転車へのワイヤレス給電の実証実験を町役場で始めた。電動車の利便性を高めるのが狙いで、電動車いすや高齢者向けの電動カートなどでの実用化を目指す。

生存圏研究所(宇治市)の篠原真毅教授らのグループが実施する。自転車の前かごの前面に受電装置を取り付け、50センチほど離れた場所にある送電装置から電子レンジで使われているのと同じマイクロ波を発信して充電する。 

20170308195048kyuden450
▲前面に充電装置が付けられた電動アシスト自転車と送電装置

送電装置は町役場の公用車車庫にあり、夜間に自転車のバッテリーを充電、昼間に自転車を利用する。電磁波による人体への影響を避けるため、給電中は倉庫を閉める。センサーで人が近づいたのを感知すると自動的に給電を止める。 

(記事の真意、詳細等はソース元にてご確認下さい)

ソース:
ワイヤレスで電動自転車に給電 京都・精華で実験スタート - 京都新聞






4:やまとななしこ:2017/03/08(水) 23:38:53.48 ID:G99ex1UI.net
なんか、凄い絵が浮かんだ
6:やまとななしこ:2017/03/08(水) 23:49:34.78 ID:axSsxhjh.net
間にお弁当置けば温まる?
8:やまとななしこ:2017/03/09(木) 00:07:12.69 ID:6JkIE791.net
これヘソ取られるやつやろ
10:やまとななしこ:2017/03/09(木) 00:27:09.50 ID:JW5XbfVw.net
普通に充電した方が早い

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ  
いつもありがとうございます