undefined(1)

1945年から1962年にかけてアメリカが実施してきた核実験の様子を高速度撮影で収めたフィルムが、55年ぶりにアメリカ政府の機密解除を受けて一部が公開されました。

年月を経て劣化が進んだフィルムは復元作業が行われ、スキャンしてデジタルデータ化した後に一部がYouTubeで公開されています。【動画あり】

1945年7月16日に行われたトリニティ実験以降、世界で実施された核実験は2000回を超えています。旧ソ連との冷戦体制にあったアメリカだけでも1000回以上の核実験が実施され、大気圏内で核爆弾を実際に炸裂させる大気圏核実験が210回実施されたとのこと。

今回、2017年3月16日現在では64本の映像がLLNLのYouTubeチャンネルで公開されています。

LLNL Atmospheric Nuclear Tests (Playlist)- Youtube


実験の際には、火球の広がり方や爆発の威力を調査するために、2400コマ/秒という高速度カメラで撮影が行われており、そのフィルムの数は1万本以上にのぼると推測されています。 

69bfc0ac94665289e76adfc240059cc0(1)


しかしその実態を知るものは少なく、多くはアメリカ各地にある厳重に管理された保管庫で機密扱いとして保存されていたうえに、年月を経て劣化が進んでおり、このままでは過去の記録が永遠に見られなくなるという状況を迎えていました。

アメリカで核兵器開発のために設立され、現在では各種エネルギーやバイオテクノロジーなどの研究を行っている
ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)では、過去5年間にわたってこれらのフィルムの回収と復元を行い、現在では禁止されている大気圏核実験の様子を収めた貴重な映像のアーカイブ作業を行っています。 

Operation Hardtack-1 - Redwood 52538 - YouTube
 

この映像は、1958年に太平洋核実験場で実施されたハードタック作戦のうち、実験名「Redwood」の様子を収めたもの。現地時間で1958年6月28日の午前5時30分、412キロトンの核爆弾が炸裂した瞬間には朝焼けの空が真っ白に光り輝き、衝撃波による大きな白い雲が傘のように広がる様子の一部が収められています。 

(記事の真意、詳細等はソース元にてご確認下さい)

ソース:
55年間機密扱いだった核実験の様子を収めた750本のフィルムが機密解除... - GIGAZINE
Physicist declassifies rescued nuclear test films - Lawrence Livermore National Laboratory 






遠くからの映像だと大きさや速さを錯覚する
てか、見てるだけで胃が痛くなるな... (ぶっ雑感)



4:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2017/03/16(木) 19:20:30.92 ID:0.net
これで日本人がかなり殺された
5:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2017/03/16(木) 19:27:22.69 ID:0.net
YouTubeで「atomic soldier」で検索すると、
いろいろ出てくるよね。
6:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2017/03/16(木) 19:32:19.67 ID:0.net
25の時、ニューメキシコのサンタフェやアルバカーキに行った時
仕事仲間にトリニティーサイトが開放される日だから行こうと誘われ
俺だけ激怒して行かなかった
7:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2017/03/16(木) 19:38:10.96 ID:0.net
禍々しくも美しいとはこの事


8:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2017/03/16(木) 21:35:48.34 ID:0.net
シナの大気中核実験の放射能粉塵は日本にまで到達した 
その頃の子供は今大人になっているが、ガンの罹患率は高いのではないか?

10:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2017/03/16(木) 23:33:18.87 ID:0.net
イナゴ身重く横たわる



にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ  
いつもありがとうございます