2017年3月14日、タグ・ホイヤーは、第2弾となるスマートウオッチを発表しました。ブランドが得意とする技術を製品名に加えた新作「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45」は、その名の通り外装の幅広い組み合わせを実現しています。

タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45は、防水性が50m防水に引き上げられたほか、GPSアンテナとNFCセンサーを新たに搭載。画面は高解像度なAMOLED(有機ELの一種)となりました。この辺りの進化は、最新スマートウオッチの時流に乗った形。タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45の本当の実力はここからです。

 


 

外装は、モジュール(=交換可能なパーツで構成されたユニット)式を採用。ケース(時計モジュール)は、サテンまたはポリッシュ仕上げのグレード5のチタン製、18K 5N ピンクゴールドプレート、ブラックセラミックといった素材から、ダイヤモンドセッティングの有無まで選択可能。 


ストラップもラバー、天然皮革、レザー、チタン、セラミックなど、18種類の中から選べます。 

-TAG-HEUER-CONNECTED-MODULAR-45-6

もちろん画面のカスタマイズも自由自在です。Android Wearでできることに加え、タグ・ホイヤーが独自に開発した新しいアプリ Companionでも30種類の時計の文字盤を用意。ホワイト、ブラック、ライトグレー、ネイビーブルーなどの色を変更できるほか、ヒストリカルピースにインスピレーションを得たものも含まれており、名門の歴史をいつでも楽しめます。 

さらに、スイス製の機械式ムーブメント モジュールを追加購入すれば、スマートウオッチから機械式時計への変更も可能。3針のキャリバー 5搭載モジュールや、昨年話題となったトゥールビヨンとして使うこともできるのです。 

no title
▲キャリバー5(左)  ホイヤー02T トゥールビヨン

ちなみに、トゥールビヨンモジュールはセット販売の価格も発表されており、コネクテッド ウオッチ(チタンケース&ブラウンレザーストラップ)に加え、ホイヤー 02T トゥールビヨン機械式モジュール、および追加のブラックラバーストラップと、3段の引き出し付き展示ボックスに、時計と充電器を置くための卓上ディスプレイスタンドまで付属して、価格は、198万1800円とのこと。 

タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45は、インテルAtom™プロセッサZ34XXシリーズで駆動し、最新OSとなるAndroid Wear 2.0で動作。前作同様マイクを内蔵しているので、OK Googleも使えます。ストレージは4GBで、Wi-Fiに接続していればスマートフォンなしでもクラウドと繋げられ、iOSでも時計にアプリを直接ダウンロードすることができます。 

価格は、18万9000円から。3月15日から全世界一斉発売中です。 

(記事の真意、詳細等はソース元にてご確認下さい)

ソース:
高級スマートウオッチの大本命! スイスの名門「タグ・ホイヤー」が本気... - GetNavi








3:名刺は切らしておりまして:2017/03/18(土) 13:47:51.28 ID:d86XJzFt.net
タグホイヤー
5:名刺は切らしておりまして:2017/03/18(土) 13:49:04.58 ID:i5hOiyXF.net
ベゼル部分も映像で表示すればいいのに
8:名刺は切らしておりまして:2017/03/18(土) 14:10:57.89 ID:MIJanE1M.net
ベンチャー系のスマートウォッチは
そろそろ消えそうだな
12:名刺は切らしておりまして:2017/03/18(土) 15:06:12.30 ID:S30ocWLY.net
30代になればタグホイヤーあたりでおk?
13:名刺は切らしておりまして:2017/03/18(土) 15:40:17.99 ID:YB8dnLKP.net
ホイヤーも本業で行き詰ってんだろうな

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ  
いつもありがとうございます