15879344429_deca75e1bc_z(1)

高効率かつCO2排出量が少ない次世代火力発電の実用化に向けた開発が進んでいる。

NEDOは次世代石炭火力の1つである「先進超々臨界圧火力発電(A-USC:Advanced-USC)」の実用化に向けて、高温蒸気に耐えられるニッケル(Ni)基合金の技術開発に着手した。


事業期間は4年間で、その後2020年代にA-USCを採用した火力発電所の稼働を目指す方針だ。


A-USCはこのUSCの構造をベースとしている。ただ、利用する水蒸気の温度を700℃、圧力は35MPaまで高め、蒸気タービンの数は3基に増やす。これによりUSCでは40%程度の発電効率が46~48%まで高められる見込みだ。発電効率が上がれば、CO2排出量も少なくなる 

10

現在の石炭火力発電所はほとんど全てがボイラーと蒸気タービンを組み合わせた汽力発電技術を採用している。A-USCもその一種であるため、実用化する場合は煙突や貯炭設備など既設発電所の設備の一部を流用できるメリットがある。 

2020年度以降、国内では古くなった石炭火力の改修需要が高まる見込みだ。NEDOではこれを見据え、2020年をめどに発電効率46%を達成できるA-USCの技術開発や検証を完了させたい考え。 

ただ、大型の発電設備を更新する場合、環境影響評価手続きや建設工事、試運転を含めて5年程度の時間を要する。そのため、A-USCを採用した石炭火力発電所が運転を開始するのは、早くても2020年代の中頃となる見込みだ。 

(記事の真意、詳細等はソース元にてご確認下さい)

ソース:
次世代石炭火力を2020年代に実現、研究開発が最終フェーズに - ITmedia
700℃級蒸気に耐えられるニッケル基合金の信頼性向上を目指す技術開発に着手 - NEDO
先進超々臨界圧火力発電(A-USC)技術開発 - 
A-USC開発推進委員会








100084827
多目的石炭ガス製造技術開発(EAGLE)試験設備





石炭はガス化など可能性は大きいですよね... (ぶっ雑感)




2:名刺は切らしておりまして:2017/06/02(金) 19:45:55.35 ID:BWxs8YIQ.net
あんま気にした事なかったけど、石炭の埋蔵量ってどの位あるんだろう?
4:名刺は切らしておりまして:2017/06/02(金) 20:01:54.34 ID:0jw4u1M5.net
石炭なら日本の埋蔵金だけで、日本のエネルギー100年以上はあるよ
16:名刺は切らしておりまして:2017/06/02(金) 20:59:16.91 ID:lScrCoy1.net
>>4 
日本国内に石炭はあるけど、コストが掛かるから 
採掘して無いだけなんだよね
6:名刺は切らしておりまして:2017/06/02(金) 20:07:43.40 ID:BWxs8YIQ.net
>>4 
ほー!意外に膨大な量で驚いた。
5:名刺は切らしておりまして:2017/06/02(金) 20:02:33.57 ID:GAax3AAx.net
コンバインドサイクルなら現状でも70%近いんじゃなかったのか? 
これもコンバインドにできるのか?
11:名刺は切らしておりまして:2017/06/02(金) 20:36:43.68 ID:IUYu8GFj.net
>>5 
難しいな。 
超臨界での発電は気水分解しないので、直接タービン回したりはできないだろう。 

そのニッケルの超合金でタービンだろうがなんだろうが全部作ると言うならできるかもしれんけど、いくらかかるんだ? 

それなら、石炭じゃなくて最初からガスで超臨界発電した方がコンパインド化は簡単。
7:名刺は切らしておりまして:2017/06/02(金) 20:13:43.11 ID:4FRihS/S.net
結局トランプが言ってることが正しい 
この先100年かけて技術革新をすれば良いだけ 

地球温暖化対策なんて無駄
10:名刺は切らしておりまして:2017/06/02(金) 20:35:29.27 ID:nKfoWkcy.net
>>7 
だな、環境から自然放出されるメタンが最大の温暖化材料だわ
8:名刺は切らしておりまして:2017/06/02(金) 20:17:35.69 ID:56jyaII9.net
商社が買ってる鉱山の石炭をはかさないとダメだろ
18:名刺は切らしておりまして:2017/06/02(金) 21:08:16.54 ID:ZRpWtehQ.net
ベトナムなどにも次世代石炭火力を輸出しよう。




にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ  
いつもありがとうございます