no title
ウスベニアオイとミツバチ by Toshihiro Gamo

1: ふぐのひらき◆kV6bjRA4v. 2014/06/22(日)17:09:12 ID:???
農林水産省は、農薬による蜜蜂の被害の全国的な発生状況を把握し、被害防止対策の検討の
基礎資料とするため、平成25年度から平成27年度までの3年間で、被害事例に関する調査を
実施しています。

養蜂家に対する呼びかけを強化した結果、過去の調査時(平成24年度:11件)より多い69件(平成
25年度)の被害事例が報告されました。

蜜蜂被害は、水稲の開花期に多く、水稲のカメムシ防除に使用した農薬(殺虫剤)を直接浴び
たことが原因の可能性があると考えられました。
ただし、蜜蜂からは、カメムシ防除に使用される複数の殺虫剤の成分が検出されている等、
どの殺虫剤が蜜蜂の被害を生じさせやすいかの推定はできませんでした。

(詳細はソース元にてご確認下さい)

蜜蜂被害事例調査の中間取りまとめ及び今後の対策について
平成26年6月20日
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouyaku/140620.html

引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1403424552/

8: ◆yHueEkxZbU 2014/06/22(日)18:40:18 ID:PzJil5CkV
>>1
無印で記事にしましたが
カメムシ用の殺虫剤が原因とまでは調べませんでした…

12: 名無しさん@おーぷん 2014/06/22(日)19:32:09 ID:WlLo8gJKS
>>8
ミツバチの減少は世界的なものだからね。
水田だけとは限らないけど、新たに開発された害虫駆除の殺虫剤が
何らかの影響を及ぼしてるかもしれないな。

3: 名無しさん@おーぷん 2014/06/22(日)17:29:28 ID:EAqpFgTJU
合鴨農法とか自然防虫とかにしたら
こんな被害も減るんだろうな

7: 名無しさん@おーぷん 2014/06/22(日)18:27:51 ID:a1QybjtyG
>>3
そんなので減るんだったらみんなやってる。

4: 名無しさん@おーぷん 2014/06/22(日)17:34:35 ID:jksg19sJj
オレも帰るべき場所が分からない。人生的な意味で。


5: 名無しさん@おーぷん 2014/06/22(日)17:41:45 ID:9qfX9gaDs
カメムシって稲食べるのか?
ミツバチって稲の花の蜜吸うのか?

6: 名無しさん@おーぷん 2014/06/22(日)18:09:03 ID:8vn4Upkrm
>>5
>カメムシって稲食べるのか?
>ミツバチって稲の花の蜜吸うのか?

イネのカメムシは、まだイネが実る前の柔らかい種子の状態で中味をチューチューする。
吸われた種子は茶色の斑点ができて、精米した白米の状態では汚く見える「斑点米」になる。
これが混ざっていると、等級が低くなり高く売れない。お前らだって、炊いた飯のあちこちに、
茶色の飯粒が混ざっていたら、クレームにするだろ?

イネは蜜を流さないが、開花期に一斉に大量の花粉を出す。ミツバチが卵から幼虫を育てるためには、
花の蜜(お前らにとってパンとかご飯)と、花粉(お前らにとって、肉とか豆)が必要。イネの開花期は、野や山に
花が少なく利用できる花粉は極めて少なく、ミツバチは飢餓状態。。だから、イネの花粉に集中してしまう。

14: ケサランパサラン◆XWWxyP/7BYhA 2014/06/22(日)20:15:41 ID:aWqp0iBzC
>>6
おお、ありがとう
つい最近、トウモロコシの雄花(風媒花)にミツバチがいるのを見て
不思議に思っていたところだった

おかげで疑問が解けました

9: 名無しさん@おーぷん 2014/06/22(日)19:01:58 ID:nwg7l6gNe
残留期間の長い農薬なら、畦のレンゲ草もやられそうだな。

13: 名無しさん@おーぷん 2014/06/22(日)19:38:37 ID:io8hj7LnS
確信を持って言うと原因はフェニトロチオンの空中散布


にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ  
いつもありがとうございます