ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    社会


    6159702261_d97ce4c594_z(1)

    千曲川や犀川が大雨で水かさが増した際に河川敷に自生する木が流れの妨げとなるおそれがあるとして、千曲川河川事務所は、無償で伐採し引き取ってもらえる個人や団体を募集しています。
    『「無償で伐って!?」千曲川…手弁当で河原の木を伐採してくれる人募集』の続きを読む


    photo-retouchee-612x459(1)
    (イメージ)
    商業写真のモデルの体型を、フォトショップなどの写真加工ソフトを用いて修正した場合に、「photographie retouchee(修正写真)」というマークをつけることを義務付ける法律が、フランスで施行された。体型を細くしたり、肉付けしたりといった加工に適用される。「France24」など複数のメディアが報じた。
    『「写真修正は罰金!?」フランス…商業写真モデルの体型加工はマーク義務』の続きを読む


    43988-full(1)
    ▲何もかもが超大スケールで資本の力を感じた五輪(1984 ロス五輪)

    2028年のオリンピックの開催が決まったロサンゼルスは、東京大会の半分以下の予算で開催する計画です。

    ロサンゼルス市民:「最小限の負担で五輪を開催できるのは素晴らしい」【動画あり】 
    『「税金使わない!?」28年ロス五輪…最小限の負担で東京の半分以下目指す』の続きを読む


    d08c89ce-b909-4572-99dc-f32f52cb78cf(1)

    「信号無視を絶対に許さない信号」が登場した。

    中国・武漢にあるメインストリートの交差点に貼られた、赤いロープ。
    これは、8月に登場した「信号無視を許さない信号」。 【動画あり】
    『「信号無視を許さない!?」中国…ロープで歩行者を止める踏切式信号登場』の続きを読む


    4569977223_1c42ecfff7_z(1)

    ナイロビを中心に見どころもたくさんで、サファリの世界を満喫できるアフリカ東部の国ケニア。

    ビニール袋の使用を禁じる法案が可決して今月28日より施行となったことを受け、観光業界はさかんに「罰金刑が極めて高額。ケニアを訪れる方はどうかご注意を」と呼びかけているが、この新法は自国においても解決すべき大きな問題があるようだ。
    『「禁錮か罰金210万円!?」ケニア…“新法”ビニール袋の使用禁ずる法案』の続きを読む


    bunker_atlas2(1)

    Rising S社のマネージャー、ゲーリー・リンチ氏によると、特に日本での売上が大きく伸びたという。リンチ氏は「北朝鮮側からの大きな脅威が日本に差し迫っており、人々は心配している」と説明した。

    リンチ氏によると、北朝鮮の大陸間弾道ミサイルに関するニュースが報じられた後、米国でも売上が増加したという。

    『「シェルターがバカ売れ!?」米企業…“北朝鮮からの脅威”で売上伸ばす』の続きを読む


    energyx1200(1)


    再エネを生産している人、および企業は、発電した再エネ電気を買い取ってもらえるが、その買い取り金額が激増している。現在、再エネの発電施設はどんどん増えているので、2030年度には、1年分の買い取り額だけで4.7兆円になるという。 
    『「独エネルギー転換は失敗!?」再エネ…ドイツを手本とした日本の迷路』の続きを読む


    Terminator-Salvation(1)

    人工知能(AI)が文明にとって脅威となり、手遅れになる前に、AIを開発する企業を規制してほしいーーTeslaおよびSpaceXの最高経営責任者(CEO)であるElon Musk氏が米知事らにそう訴えた。
    『「手遅れになる前に!?」E.マスク…AI“文明にとって脅威”リスクに警告』の続きを読む


    33425765802_da6a653ae8_z(1)


    オフィスで終業時刻に音楽を流し、帰宅を促す試みが広がりつつある。お店が閉店まぎわに「蛍の光」のメロディーを流すのと同じ手法だ。

    長時間労働を減らす「働き方改革」は、待ったなしの課題。はたして効果はあるのだろうか。

    『「奇跡の最終ラウンドか!?」終業の合図に“ロッキー”で驚きの効果が』の続きを読む


    33916629095_2b9c4abdbb_z(1)
    (イメージ)
    映画「her/世界でひとつの彼女」では、ある男性が自分のOSに恋をして、物語が展開する。現実には、将来人々が人工知能(AI)システムと恋愛関係を築きたいと思うかどうかは分からない。

    だが、自分の快適な生活のために頼る程度にはAIシステムを愛し、信頼する日が来ると考える人は多いようだ。
    『「ペットのような存在に!?」未来のAI…ユーザーが抱くAIへの信頼度』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.