ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    科学


    16899815421_2911b029cb_z(1)
    ▲ヒャッホー! しおーっ!

    最新の研究でわかった、驚くべき塩の健康効果とは?

    健康のためには塩分を控えるべきというのが定説だけど、塩にダイエット効果があることが最新の研究で明らかに。いったいどういうこと!?
    『「誤解されてた!?」“塩”に脂肪燃焼効果が?…最新の研究で明らかに』の続きを読む


    mainimg20131126_tsubame(1)
    (写真はTSUBAME2.5)
    東京工業大学で8月、スーパーコンピューター「TSUBAME(ツバメ)3.0」が稼働する。理化学研究所の「京(けい)」ほど有名ではないが、省エネ性能は世界一だ。

    人工知能(AI)やビッグデータ分析など先端研究を加速できると期待を集める。
    『「省エネ性能で世界一!?」スパコン“ツバメ3.0”8月稼働…東京工業大』の続きを読む


    Asteroid_Impact_Mission_video_production_full(1)


    核で迎撃よりはソフトな感じ。


    太陽系には地球や火星のような惑星以外にも小さな惑星が無数にあり、そこから宇宙の歴史がたどれるなど、我々に夢と知見を与えてくれます。


    でも、それら小惑星たちは一歩間違えば地球にぶつかってくる可能性があるため、脅威でもあります。
    『「宇宙船をぶつけて地球を守る!?」NASA…来る小惑星の脅威対策に本腰か』の続きを読む


    2941655917_cd7626cff3_z(1)


    「kg(キログラム)」、なにかと触れることが多い単位ではないでしょうか。体重とか、荷物の重さとか、体重とか。慣れ親しんだ質量の単位ですが、Techradarなどによれば2018年に定義が更新されそうなんです。
    『「1kgの重さが変わる!?」原器は廃止…2018年に新定義が採択される予定』の続きを読む


    maxresdefault(1)


    溶けたガラスを水に垂らしたとき、いったい何が起こると思いますか? ガラスが水に触れて冷やされることで、オタマジャクシのような透明の物体ができるのです。そして、一端は防弾ガラスのように強靭なのですが、もう一端はとてももろいのです。

    このガラス自体は400年前から作られていたのですが、最近になってその不思議な構造の仕組みが判明しました。 【動画あり】
    『「ようやく謎を解明!?」“ルパートの涙”…銃弾をも砕く不思議なガラス』の続きを読む


    404321726_1dd8836d14_o(1)

    お絵描きをする子どもたちは間もなく、空を200年ぶりに新しい色で塗ることができる──。

    研究者らがこのたび鮮やかな「新しい青」を生み出し、大手クレヨンメーカーのクレヨラ(Crayola)がこれを新色として発売すると発表した。
    『「偶然発見された新しい青」200年ぶりに発見…年内にクレヨンとして発売』の続きを読む


    1176456696_629930df1b_o(1)


    「世界最高峰の音色」に、意外な実験結果が発表された。

    およそ300年前に作られ、12億円以上で取引されるものもある、世界最高峰のバイオリン「ストラディバリウス」。しかし、フランスの研究チームが、より多くの人が、ストラディバリウスよりも、現代のバイオリンの音色の方が心地いいと感じるという実験結果を発表した。
    『「魔法が解けた!?」最高峰バイオリンより現代のものの音色が心地いい?』の続きを読む


    cassini20140630-full(1)


    土星探査機「カッシーニ」が4月26日に、初めて土星本体と環の間をダイブするように飛行した際にとらえた動画が公開された。 【動画あり】
    『「土星の輪に初ダイブ!?」探査機カッシーニ“最終ミッション”動画公開』の続きを読む


    nanocarace
    ▲ナノカー:1分子でできた世界最小の車

    【時事通信社】特殊な顕微鏡で分子の「車」を見ながら走らせる「ナノカーレース」が、フランス国立科学研究センターの主催により初めて仏トゥールーズで開かれた。

    日本代表の物質・材料研究機構チームは日本時間28日午後6時の開始後間もなく、コンピューターソフトのトラブルで車が壊れる事故が発生。レースは30日午前0時までで、代わりの車での走行を試みた。
    『「100nm先に走り終たら勝ち!?」日本チームは開始直後に事故で苦戦も』の続きを読む


    10690961875_2dcf235517_z(1)
    ▲砂漠でも水が作れる?

    カリフォルニア大学バークレー校とMITの共同研究チームは、太陽エネルギーを使って大気中から水を収集するデバイスを開発した

    大気には、窒素や酸素などのほか、約1~4%程度の水蒸気が含まれており、地球全体におけるその総量は13兆リットルにのぼる。では、これら大気中の水を効率的に集め、貴重な水資源として生かすことはできないだろうか。【動画あり】 
    『「画期的なデバイス!?」太陽光を使い大気中から水を収集する装置開発』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.