ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    科学

    1: ぱぐたZφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/22(火)20:55:01 ID:325ewXk3q
    年代を超え、世代を繋ぎ、うけつがれていく実験。

    実験が始まったのは1930年。今でも続いているので、84年もかけて行なわれている実験
    ということです。そんな長期にわたる実験なんてどんだけ大層なものかと思いきや、
    実験内容はただ待つのみ。特に何かするわけでも、何が起きるわけでもなく、ひたすら
    待ち続ける。これが実験。忍耐力が何よりも鍵となります。

    なんの研究かというと、水の2300億倍もの粘着性がある物質が垂れて落ちるのをただ見る
    というもの。なんせものすごい粘り気なので、1滴落ちるのも相当な時間がかかります。
    実験開始から84年間で今まで落ちたのはたったの8滴。今回落ちたのが13年ぶり9滴目と
    なりました。

    no title

    〈中略〉

    これだけ長い研究ですから、時にその動きを見届けられないこともあるもので。
    オーストラリアのブリスベンにあるクイーンズランド大学で研究担当だった
    John Mainstone教授は、この9滴目を見ることなく昨年他界されてしまいました。
    無念なことに、彼が担当中におきた5滴の落下も彼は見逃してしまっていたのです。
    長年研究に携わりながら、とうとう1滴も落下も見ることは叶わなかった、これは
    本当に無念でしょうね。

    ちなみに、この研究を開始したThomas Parnell教授は、最初の3滴を見ることが
    できたそうです。

    〈以下略〉

    ソース
    http://yukan-news.ameba.jp/20140421-203/
    『【科学】84年続く史上最も長く時間がかかる実験、久しぶりに動きあり』の続きを読む

    1: ◆D4vNpalM5M 2014/04/18(金)14:27:51 ID:rExWasDZ6
    2014年4月18日
    『2011年に福島第一原発を襲った地震は、実際には津波による被害が
    炉心崩壊の事故を
    引き起こした。沖合いの石油採掘のためのプラットホーム上に
    原子力発電所を設置する
    と言うアイデアは、津波被害を回避するうえ、もし
    炉心融解が起こっても
    周囲の海水がこれを冷却するよう設計されるだろう。』
    MIT教授ヤコポ・
    ボンジョルノ氏マイケル・ゴレイ氏、ニール・トッドレス氏を始め
    ウイスコンシン大学の研究チームなどが米国機械学会が主催する小型モジュール炉
    シンポジウムで今週発表した。

    ボンジョルノ氏の説明によると、このようなプラントは5~7マイル(8~11km)沖合、
    水深100mに係留され海底ケーブルで陸地と接続。造船所等の電源に使用される可能性がある。
    既存の軽水炉および石油採掘プラットフォーム技術が転用可能なためローリスクで実現の
    可能性は極めて高い、とのこと。

    ロシアではすでに同様の計画が進行中でだが、これは海岸に停泊したもの。
    ボンジョルノ氏が言うには、このアイデアの最大の売りは、津波による影響の少なさと、
    非常時の加熱対策で原子炉格納容器自体を水中に置くことにより、より安全性が増すこと。
    また、新しい原発用の用地を得るのが難しい昨今、周囲の人口密集地に影響を与えにくい
    洋上に置くことにより地価のことを考えず設置できる。
    「これは日本のために大きな意味にがあるだろう」、
    インドネシア、チリ、アフリカ
    のような場所だけでなく、と彼は言う。

    http://newsoffice.mit.edu/2014/floating-nuclear-plants-could-ride-out-tsunamis-0416
    MIT News より

    動画youtube
    https://www.youtube.com/watch?v=8Xi-NPDEWKc




    ※原子力空母を沖に浮かべて、発電所にするようなモノだろうか。
    no title
    ▲イメージ

    『【原発】MIT、浮島型原子力発電所のアイデアを発表』の続きを読む

    1: 田中◆nlLqfjR3/kcb 2014/04/15(火)15:13:26 ID:SLo7Djdhm
    STAP(スタップ)細胞の論文問題について、責任著者の一人である
    米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授が15日、京都市で開かれた
    気管支関連の国際会議で基調講演した。

    参加者によると、教授は「STAP細胞はある」と強調したという。

    講演のテーマは「再生医療と幹細胞」。参加者によると、バカンティ教授は、
    論文の画像が理化学研究所の調査委員会に不正と認定されたことについて、
    写真や図表を示しながら反論。「2か国の三つの研究機関にまたがる中で起きた
    単純な間違いで、悪意のあるものではなく、結論には影響しない」などと話したという。

    また、一連の研究には、論文の筆頭著者である理研の小保方晴子ユニットリーダーと、
    自らの研究室に所属する小島宏司医師の貢献が大きかったとした。そのうえで、
    小保方氏に「(大学のある)ボストンに戻って来て」と呼びかけるスライドを示したという。

    YOMIURI ONLINE
    http://www.yomiuri.co.jp/science/20140415-OYT1T50120.html
    no title

    引用元:http://ai.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397542406/

    『【STAP】バカンティ教授「STAP細胞はある」「(小保方さん)ボストンに戻って来て」』の続きを読む

    1: 百鬼夜行◆kQXfW/B1FM 2014/04/12(土)17:39:03 ID:???
    【4月11日 AFP】ハエは身の危険を感じたとき、まるで戦闘機のように
    体を左右に傾けてローリングしながら飛行するが、この動きは文字通り
    「まばたきよりも速い」との研究論文が、
    10日の米科学誌サイエンス
    (Science)に掲載された。 

     論文は、ハエが感覚の特殊な組み合わせを頼りにして、ハエたたきで
    打たれるのを回避する助けとしている可能性があると述べている。 

     米ワシントン大学(University of Washington)などの研究チームは、
    ハイスピードカメラ3台を用いて、ハエが目前に迫る衝突をどのように
    回避するかを分析した。 

     ハエは通常、1秒間に約200回羽ばたきをしているが、危険が迫った
    場合は羽ばたき1回で方向転換し、飛び去ることができるという。 

     ワシントン大のマイケル・ディッキンソン(Michael Dickinson)教授
    (生物学)は「われわれは、ハエが100分の1秒足らずで進路を変えることを
    発見した。 
    これは、人間のまばたきの50倍の速さで、
    これまで考えられていたよりも高速だ」と話す。 

    (詳しくはソースにて)

    no title
    ▲写真はSF誌"Amazing Stories" (1926米)のもの

    引用元:http://ai.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397291943/
    『【科学】ハエは目の前に迫るハエたたきをどう回避するのか解明 米研究』の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/04/11(金)21:39:04 ID:MBoJWbFGR
    まず最初に紹介したいマッドネスは、”著者自らの手を危険に曝す”
    という章である。
    まさか著者の名前の「テオ」と掛けたわけでもないのだろうが、
    超低温から超高温、そして猛毒といった様々な環境の中に「手を」
    突っ込んでいく。

    たとえばマイナス195度以下の液体窒素の中に手を沈めるとどうなるのか、
    それを試したのが以下の写真。
    no title


    即、凍傷にでもなってしまうのかと思いきや、驚くべきことに
    「冷たさすら感じることはなかった」とのこと。
    著者の手が液体窒素に触れた瞬間、気化した窒素ガスによる保護膜が作られ、
    安全が保たれたということなのだ。
    ただし、一瞬であればの話。これはライデンフロスト効果と呼ばれる現象であり、
    熱したフライパンの上で水滴が踊るのと同じ原理によるものである。

    さらに、このライデンフロスト効果、反対方向の熱いケースでも同じように作用する。
    下記の写真は、260度以上の工作用ハンダに指を突っ込んでかき回した時の写真。
    no title



    著者は第一関節が隠れるくらいまで指を入れかき混ぜているのだが、
    無傷で済んでいる。
    これも十分に熱く溶けた鉛に指が触れると、指の湿気が蒸発して、
    水蒸気の保護膜が出来たことによるものだ。

    この他にも、猛毒で発火性の強い白リンをゴム手袋の上に塗りつけてみたり、
    手にポリアクリル酸ナトリウムポリマーを塗りたくって炎を燃やしてみたりと、
    まさにやりたい放題である。
    no title

    no title


    以下略


    イカソース
    http://honz.jp/articles/-/40358

    『【画像】マイナス195度の液体窒素に手を入れてみた』の続きを読む

    1: 百鬼夜行◆kQXfW/B1FM 2014/04/09(水)13:57:30 ID:???
    [科学]記者「ニコ生でSTAP細胞の公開実験可能か」
    →小保方氏「できるだけ協力したい」…゚(∀) ゚ エッ?[4/9]


    2014年4月9日13:50分頃の記者会見にて発言。

    動画
    小保方晴子氏、記者会見で泣きかけながら謝罪 声明の全内容
    https://www.youtube.com/watch?v=ZxnVc3_mHLU



    no title

    no title

    ye0SCp6

    ▲あれ頬が・・・


    関連スレ:
    【STAP細胞】 小保方さんの顔がヤバイ
    〈STAP細胞騒動〉小保方氏が会見前にコメント「心よりお詫び」[2014/04/09(水)13:27:03]

    小保方氏「STAP細胞はあります。」[2014/04/09(水)14:36:47]
    『論文のことは否定しても、STAPのことは否定しないでくださっい!!』の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2014/04/08(火)16:33:32 ID:46EiQj12H
    三菱重工業は重水素を使い、少ないエネルギーで元素の種類を変える元素変換の
    基盤技術を確立した。

    原子炉や大がかりな加速器を使わずに、例えばセシウムは元素番号が4つ多い
    プラセオジウムに変わることなどを実験で確認した。
    将来の実証装置設置に向け、実用化研究に入る。放射性セシウムや
    同ストロンチウムを、
    無害な非放射性元素に変換する放射性廃棄物の
    無害化処理に道を開くもので、
    原発メーカーとして実用化を急ぐ。

    no title


    ※クリックで大きくなります


    続きは日経新聞をご覧下さい。

    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ040JJ_X00C14A4000000/

    mitub
    ▲クリーンルームで元素変換の実験に取り組んでいる(三菱重工の先進技術研究センター)


    『【原発】 放射性廃棄物の無害化に道? 三菱重、実用研究へ』の続きを読む

    1: 紅茶家電◆gJlUXgVCjw 2014/04/08(火)11:06:29 ID:Y38G1AX6L
    産経新聞 4月8日(火)7時55分配信

    「本当に存在するかは、やってみないと分からない」。STAP細胞の存在を
    調べる実験の見通しについて、こう説明した理研の検証チーム。
    論文不正の判明で細胞の存在は大きく揺
    らいでおり、実験で再現できるかは不透明だ。

     検証実験は理研発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の相沢慎一特別顧問が
    責任者を務め、論文共著者の丹羽仁史氏が実験を担当する。
    本来は担当すべき小保方晴子氏は「実験できる精神状況にない」(相沢氏)として、
    検証チームには参加しない。相沢氏は「存在すると信じて検証するのではない。
    これだけ疑義があるので」と慎重な姿勢を示した。

     検証実験は、紫外線を当てると細胞が光るように遺伝子操作したマウスを作り、
    そのリンパ球や肝細胞を弱酸性溶液で刺激してSTAP細胞を作製。
    これを受精卵(胚)に
    注入して育てた胎児の全身の細胞が光るか調べ、
    作った細胞の万能性の有無を確認する。

    相沢氏は「なぜできないかを期限内で説明するのは極めて難しいだろう」
    と話した。
    (詳細はソースにて)

    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140408-00000086-san-soci
    no title
    ▲STAP検証計画について会見する丹羽仁史プロジェクトリーダー(右)と相沢慎一特別顧問
    『【理研】STAP細胞 検証実験 「細胞の存在」否定は困難』の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2014/04/05(土)20:50:56 ID:uTGkRzAh7
    不死の代価
    2014年4月5日 エレーナ・クラウゾワ, RBCデイリー紙

    会社「クリオルス」は、すでに8年以上、未来に蘇生させるべく死体を液体窒素に保存している。
    そうした死体の数は人間が34でペットが14、さらに100人以上が契約を済ませており、
    米国やCIS(独立国家共同体)諸国からも引き合いがある。

    レヴァダセンターの昨年のアンケート調査によれば、ロシア国民の41%は死を恐れ、52%は近親者の死を恐れ、20%は不死を望んでいるという。
    「クリオルス」社のビジネスの背景には、まさにそうした恐怖や願望があり、
    同社は、2005年から、のちに蘇生させるための人体およびペットの冷凍保存に従事している。

    続きは、ロシアNOWをご覧下さい。
    http://jp.rbth.com/science/2014/04/05/47803.html
    no title
    ▲液体窒素を使って死体を保管するタンク - 関係会社「アルコー財団」

    『【科学】 不死の代価 人体の冷凍保存』の続きを読む

    1: ランタンタン◆zUrkJbwkmQ 2014/04/05(土)10:07:37 ID:GOWM0Tb2u
    科学って映画よりテレビより面白い!
    Triple Point=三重点という魔法のような状況が、科学の世界にはあるんですって。
    温度が0.01℃、圧力が0.006気圧の時に、液体・個体・気体が同時に存在することができる、
    それがこのフラスコの中の状態。
    研究室など特別な機関以外で目にすることはない、とても珍しい状況です。
    動画越しでもビックリ。

    【動画】
    https://www.youtube.com/watch?v=XEbMHmDhq2I



    http://www.gizmodo.jp/sp/2014/04/31_2.html?cx_click=sp_ranking

    ▼なんか得したような・・・
    no title
    by Ambernectar 13  
    『【化学】個体・液体・気体、3つの状態が1度に起きる「三重点」』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.