ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    科学

    1: おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★ 2014/01/22(水) 11:18:54.32 ID:???0
     
    自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)の望月秀紀特任助教(神経科学)らのチームが、
    人工的にかゆみを発生させる実験から、かゆい部分をかいて
    気持ちよく感じる際には、脳内の「報酬系」と呼ばれる部位が活性化していることを突き止めた。


    アトピー性皮膚炎は「気持ちよい」とかき過ぎることで皮膚を傷つけ、
    症状が悪化する。望月特任助教は「かいたときの快感に関わる脳の部位が特定できた。
    ここを制御してかき過ぎを抑える新たな治療開発が期待される」としている。


     実験では健康な成人男女16人の手首に電極を装着。電流でかゆみを発生させ、
    手首をかいたときの脳活動を、機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で調べた。


    http://sankei.jp.msn.com/science/news/140120/scn14012008020001-n1.htm

    no title
    (イメージ)

    『【科学】かゆい所をかいた際の気持ちよさを解明 脳の「報酬系」が活性化』の続きを読む

    1: 栓抜き攻撃(愛知県) 2014/01/22(水) 05:11:56.76 ID:Gw7dMZegP BE:234148122-PLT(12122) ポイント特典
    通常の物質と正反対の性質を持つ「反物質」の一つで、水素と反対の電気を帯びた反水素原子を従来の10倍の効率で生成することに、東京大と広島大、理化学研究所などの研究チームが成功した。

    高精度の分析がしやすくなるという。論文は21日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に掲載された。

    反物質は宇宙誕生の際に物質と同じ量生まれたとされるが、なぜ物質だけが残ったかは分かっておらず、物質との違いの詳細な分析が求められている。

    通常の物質と出会うと消滅するため、加速器で生成した反物質は真空中の磁場に閉じ込めるが、詳しい分析を行うには磁場の影響がない場所に反物質を引き出して調べる必要がある。

    東京大の黒田直史助教らは、欧州合同原子核研究所(CERN、スイス)の大型加速器で生成した反陽子(陽子の反物質)と陽電子(電子の反物質)を、磁場の中で衝突させて反水素原子を生成する際、特定の周波数の電波を加えることで生成効率を約10倍に改善した。

    磁場の影響を受けない約2.7メートル先の検出器までビームの形で引き出すと、50分間で80個の反水素原子を検出できた。(2014/01/22-03:10)

    http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014012200035
    no title
    (イメージ)

    『【人類凄い】 反水素原子、今までの10倍の効率で生成に成功!』の続きを読む

    1: おっ、おにぎりが欲しいんだなφ ★ 2014/01/20(月) 09:49:34.97 ID:???0
    国際宇宙ステーション(ISS)にぬれタオルで壁を作り、
    飛行士が浴びる放射線量を約4割抑えることに放射線医学総合研究所(千葉市)
    などのチームが成功した。
    水による放射線の遮蔽効果を宇宙空間で実証したのは初めて。
    長期滞在や将来の火星飛行の安全性向上に役立つという。

    宇宙は太陽や銀河に由来する発がん性のある放射線が飛び交っており、
    ISSの飛行士は地上の100倍以上の線量を浴びる。
    地球の磁気圏を飛び出す火星飛行では、さらに線量が大幅に増えるため、
    新たな防護策が不可欠になっている。
    水は優れた遮蔽材として注目されてきたが、液体のため取り扱いが困難で、
    宇宙での実験は行われていなかった。

    同研究所は、飛行士が体を拭くためISSに大量に常備されているぬれタオルに着目。
    ロシア、チェコの研究機関と共同で2010年、未開封のぬれタオルを
    厚さ7~8センチに重ねた壁をロシア棟内に設置し、効果を調べた。

    その結果、通常の放射線量は1日当たり平均962マイクロシーベルトだったが、
    ぬれタオルの壁を作ると593マイクロシーベルトに減ることを確認した。
    日本実験棟「きぼう」での検証実験も検討中という。

    同研究所の小平聡研究員は「ISSに常備されている資材を使うため、
    すぐに実用化できる。長旅となる将来の火星探査の実現可能性も高まる」と話す。


    ソース:産経
    http://sankei.jp.msn.com/science/news/140120/scn14012008300003-n1.htm
    no title

    『【宇宙】宇宙放射線、「ぬれタオル」で4割低減 放医研がISSで効果確認』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.