ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    科学


    tuskless-elephant-cow(1)

    生きるため。

    人間とは罪深き生き物ですが、ついに進化の在り方にもからんでまいりました。Independentによると、アフリカ象が、今、牙を持たずに生まれてくるという新たな進化をみせています。
    『「これは進化なのか!?」過酷な密猟の影響か…牙が生えないゾウが激増』の続きを読む


    4669175050_b0b4787f7c_z(1)

    米パシフィックノースウェスト国立研究所(Pacific Northwest National Laboratory)は、一般家庭のトイレから排出される大量の人糞を処理することで石油を合成する新しいバイオ燃料生成法を開発したことを発表した。 

    PNNLによる新しいバイオ燃料生成法は、人糞を3000psiと摂氏300度の高圧高温環境下に置くことで石油に変性させるというものとなる。 【動画あり】
    『「ウ●チから石油!?」米国立研究所…“バイオ原油”を合成する方法を開発』の続きを読む


    10952074264_2687c65c91_z(1)

    昭和シェル石油は5日、独自の人工光合成技術で、水と二酸化炭素(CO2)からメタンなどの炭化水素を直接合成することに成功したと発表した。燃料電池などに使うガス拡散電極を用い、CO2を気体のまま反応させる。

    電極に独自の金属触媒を使った結果、太陽光エネルギーを0・71%の効率で炭化水素へ変換できた。植物の光合成の変換効率と同水準。2030年までにメタンなどの製造技術の確立を目指す。
    『「人工光合成でメタン!?」昭和シェル…新技術、変換効率は植物と同じ』の続きを読む


    bunnoite6

    国立科学博物館と東京大、愛媛大のチームは1日、高知県の山中で新種の鉱物を見つけたと発表した。鉱物標本の収集や整理に尽力してきた鉱物学者の豊遥秋博士の業績をたたえ、「ブンノアイト(日本語名は豊石)」と命名した。
    『「高知で新種の鉱物!?」鉱物学者の業績をたたえ“ブンノアイト”と命名』の続きを読む


    2_Atom(1)


    物質のもとになる元素のうち、日本の理化学研究所のグループが発見した「113番元素」について、化学に関する国際機関は、日本という言葉を取り入れた「ニホニウム」という名前に正式に決定しました。

    元素に、日本が命名した名前がつけられるのはこれが初めてで、アジアでも初めてのことになります。

    『「“ニホニウム”正式決定!?」113番元素…初めて日本が命名した元素』の続きを読む


    polymer back(1)


    トヨタ自動車は24日、世界で初めてリチウムイオン電池の電解液中の動きを観察する手法を開発したと発表した。電池性能低下につながる原因をリアルタイムで観察できるのが特徴。

    トヨタはその要因を解析することで、搭載車の航続距離延長や電池寿命向上につなげる研究開発に役立てる。
    『「世界初の手法!?」リチウムイオン電池…電解液中の動き観察 トヨタ』の続きを読む


    DSC_0155(1)
    ▲ちなみに、遠赤サウナやコタツに閉じこもってもガンは治りません... 

    人体に無害な近赤外線を照射してがん細胞を消滅させる新しい治療法の開発が、世界の注目を集めている。

    「近赤外光線免疫治療法」と言い、米国立がん研究所(NCI:National Cancer Institute)の小林久隆・主任研究員が開発した。がん患者を対象にする臨床試験も順調に進み、2~3年後の実用化を目指している。
    『「近赤外線でガン細胞消滅!?」米NCI日本人研究者が開発した治療法とは』の続きを読む


    supercomputer-k


    理化学研究所と富士通は16日、産業利用に適したスーパーコンピューターの計算速度を競う国際ランキング「HPCG」で、理研の「京」(神戸市)が初めて世界1位を獲得したと発表した。

    大量のデータを処理する性能のランキングでも4期連続で首位を守った。
    『「名誉挽回となったか!?」初世界1位…“京”産業利用に適したスパコン』の続きを読む


    6976392572_97567bf205_z
    (イメージ)

    東京大の入試突破を目指してきた人工知能「東ロボくん」の開発チームは14日、大手予備校の大学入試センター試験模試に挑戦した結果、全教科の合計の偏差値が昨年とほぼ横ばいの57だったと発表した。
    『「東大合格は断念!?」問題理解に限界…“東ロボくん”偏差値57で横ばい』の続きを読む


    9247501230_8034d5ecbf_z(1)


    東芝は、光で二酸化炭素をエチレングリコールに変換する光電気化学システムを開発し、エネルギー変換効率0.48%を達成しました。

    電気化学的に二酸化炭素をエチレングリコールに還元する分子触媒の開発を進めており、今回、光起電力素子としてシリコン系太陽電池を用いて、光で二酸化炭素をエチレングリコールに変換する光電気化学システムを開発しました。本技術は、米国で行われた国際学会PRiME2016で発表しました。
    『「光で二酸化炭素を変換!?」PETの原料など…変換効率0.48%を達成 東芝』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.