ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    科学


    powerload(1)


    アクティブリンクは、モニタリングシステムを搭載する二足歩行型パワードスーツ「パワーローダー MS-04」のプロトタイプを10月19日から東京ビッグサイトで開催される「ジャパンロボットウィーク 2016」に出展する。 【動画あり】
    『「ザクとは違うのだよ!?」“MS-04”二足歩行型パワードスーツが登場』の続きを読む


    lamborghini-mit-agreement(1)


    イタリアの高級スポーツカーメーカー、ランボルギーニは10月18日、米国のマサチューセッツ工科大学と提携を結ぶことで合意した、と発表した。
    『「ランボルギーニ + MIT!?」将来の新型車ため研究開発プロジェクトを』の続きを読む


    3228955776_99fdd85877_z(1)
    (イメージ)
     
    米テネシー州のオークリッジ国立研究所の研究者が、意図せずして二酸化炭素(CO2)から非常に簡単にエタノールを生成する方法を発見したと発表しました。

    これまでは藻や光触媒などを利用する方法がありましたが、新しい方法ではナノサイズの銅とカーボン、窒素を用いる常温の反応だけでエタノールを作り出せます。 【動画あり】
    『「とても意外だった!?」米研究所…触媒を利用しCO2からエタノール生成』の続きを読む


    20161003-00000013-

    東京工業大の研究組織「科学技術創成研究院」の発足式典が7日、横浜市緑区の同大で開かれ、ノーベル医学生理学賞に決まった大隅良典栄誉教授(71)が記念講演を行った。

    大隅さんは「私の研究は、20年前に始めた研究の成果。ノーベル賞学者が日本で毎年出ているなんて浮かれている場合ではない」と述べ、基礎科学を取り巻く現状に警鐘を鳴らした。

    3日の受賞決定後、大隅さんが公の場で講演するのは初めて。
    『「浮かれている場合ではない!?」ノーベル大隅氏…基礎研究の現状に警鐘』の続きを読む


    20161006-00010015-minyu-000-view


    2016年10月5日、福島大共生システム理工学類の野毛宏特任教授は、自身の研究チームが厚さ53ミクロンの太陽電池の開発に成功したと発表した。新聞紙(約60ミクロン)よりも薄くなったことで、太陽電池が安価になること、パネルの重量が軽くなること、曲げて使うことができるといったことが期待できる。
    『「インクジェット印刷で!?」新聞紙より薄い曲げられる太陽電池を作製』の続きを読む


    Jupiter-moon-spouts-water
    (イメージ)

    米航空宇宙局(NASA)は27日までに、木星の衛星エウロパの地表から水蒸気が噴き出すような現象をハッブル宇宙望遠鏡で観測したと発表した。

    エウロパの大きさは月と同程度。太陽系の中でも特に生命が存在できる可能性が大きい天体と考えられている。【動画あり】 
    『「NASAもったいぶって発表!?」木星衛星エウロパ…“水蒸気の噴出”観測』の続きを読む


    the-2016-ig-nobel-prize-in(1)

    世の中を笑わせ、考えさせた研究や業績に贈られる今年のイグ・ノーベル賞の発表が22日、米ハーバード大であった。

    前かがみになって股の間から後ろ方向にものを見ると、実際より小さく見える「股のぞき効果」を実験で示した東山篤規(あつき)・立命館大教授(65)と足立浩平・大阪大教授(57)が「知覚賞」を受賞した。日本人の受賞は10年連続。 【動画あり】
    『「日本人2人が受賞!?」イグ・ノーベル賞…“股のぞき効果”の研究』の続きを読む


    quantum_entaglement_teleportation1(1)

    離れている場所に瞬時に情報を転送できる「量子テレポーテーション」を使って、光の粒が持つ情報を6キロ以上離れた場所に瞬時に転送させることに成功したと、カナダと中国の研究チームが19日付の科学誌電子版に同時に発表した。
    『「6km先へ瞬時に!?」“量子テレポーテーション”を使い情報転送成功』の続きを読む


    4591238056_2006c52b5f_z(1)


    ラトガース大学の学者たちは実験を行い、床に落ちた食べ物を5秒以内に拾い上げれば汚くならないという「5秒ルール」を否定した。Gazeta.ruが報じた。
    『「5秒ルール実験で否定!?」床に落ちた食べ物…バクテリアは1秒で付着』の続きを読む


    fusion2

    仙台市太白区にある三神峯(みかみね)公園は、500本を超えるサクラの名所として知られる。「東北大学電子光理学研究センター」は、同公園に隣接した緑の中にある。2つの加速器を備えるなど、原子核物理の研究センターとして50年の歴史を刻んでいる。

    2015年4月、同センターに「凝縮系核反応共同研究部門」が新設された。「凝縮集系核反応」とは、金属内のように原子や電子が多数、集積した状態で、元素が変換する現象を指す。 

    『「再評価が加速!?」低エネルギー核反応…“再現成功”特許として成立』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.