ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    環境・エネルギー


    15284509671_8194719f93_z(1)

    世耕経済産業大臣は18日、アメリカエネルギー省のブルイエット副長官と会談し、地球温暖化対策として、火力発電所などから出る二酸化炭素を回収して地中深くに封じ込める技術を日米の官民で協議する枠組みを新たに設け、協力していくことを確認しました。
    『「CO2地中に封じ込め!?」CCSの技術…プラント建設に向け日米官民で協力』の続きを読む


    21170929654_o(1)


    スズキは22日、10月下旬から開かれる東京モーターショーで電気自動車(EV)のコンセプトカーを世界初公開すると発表した。

    『「近未来のジムニー!?」スズキ…四駆のEVコンパクトSUVを初公開へ』の続きを読む


    teaser-for-tesla-semi-truck-debuting-in-september_100605247_l(1)

    米国のEVメーカー、テスラ。同社にとって、初となるEVトラックのデビュー時期が、当初の計画よりも1か月遅れることが分かった。

    これは9月13日、テスラのイーロン・マスクCEOが、公式Twitterページで明らかにしたもの。「テスラのセミトラックの発表会と試乗会を、10月26日に開催する予定」と公表している。
    『「普通じゃない野獣!?」テスラ初EVトラック…10月に延期も自信のマスク』の続きを読む


    e500_170831(1)

    ホンダは持ち運び可能なハンディタイプの蓄電機「LiB-AID(リベイド)E500」を開発し、このほど全国のホンダ・カーズで販売を開始した。価格は税込み7万9920円~8万6400円で、年間の販売計画台数は3000台としている。
    『「持ち運び可能!?」ホンダ…家電も利用可、ハンディ蓄電池を発売』の続きを読む


    32749142772_621f8c205f_z(1)

    なんとも、皮肉な結果ではあるまいか。反捕鯨原理主義の急先鋒、オーストラリアではクジラが増え過ぎ、そのクジラを狙って、人食い鮫として知られるホオジロザメが沿岸部にまで集まってくるようになったという。

    挙げ句、サーファーが襲撃され、死亡事故が頻発しているのである。

    『「サメ被害が激増!」オーストラリア…“反捕鯨原理主義”が招いた皮肉』の続きを読む


    1217275(1)


    英国のスポーツカーメーカー、アリエル(Ariel)社は8月23日、EVハイパーカーの開発計画を明らかにした。

    アリエル社は、サイモン・サンダース氏が創業したスポーツカーメーカー。同社が2000年に発売した超軽量スポーツカーが、『アトム』。このアトムは2003年から、ホンダの『シビックタイプR』用の2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載していることでも知られる。
    『「バットモービル!?」英アリエル…1180馬力EVハイパーカーの開発計画』の続きを読む


    4087181226_699a0c984e_z(1)

    世界的に自動車の電動化に向けた動きが加速し、電気自動車(EV)が次世代エコカーの主流に躍り出ようとする中、二酸化炭素(CO2)を排出しない「究極のエコカー」の普及には大きな壁が立ちはだかっている。

    水素を燃料とする燃料電池車(FCV)は高価な上、水素を充填(じゅうてん)する水素ステーションも不足。無尽蔵の太陽光を動力源とするソーラーカーは実用化のめどすら立っていない状況だ。

    EVの急速な普及は電力不足や、電気を作るための火力発電の増設によるCO2増加という“本末転倒”も起こしかねない。「CO2排出ゼロ」の実現に向けて解決すべき課題は山積している。
    『「EV普及で火力増設!?」EV・FCV普及に壁…インフラ、電気不足、コスト』の続きを読む


    energyx1200(1)


    再エネを生産している人、および企業は、発電した再エネ電気を買い取ってもらえるが、その買い取り金額が激増している。現在、再エネの発電施設はどんどん増えているので、2030年度には、1年分の買い取り額だけで4.7兆円になるという。 
    『「独エネルギー転換は失敗!?」再エネ…ドイツを手本とした日本の迷路』の続きを読む


    BruneiLNG(1)
    ▲ブルネイの天然ガスプラント...

    次世代エネルギーとして期待されている水素を、海外から日本へ輸送するプロジェクトが本格的に始動する。

    千代田化工建設、三菱商事、三井物産、日本郵船は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトで東南アジアのブルネイ・ダルサラーム国(ブルネイ)から水素を海上輸送し、日本国内の需要家に供給する実証事業を開始した。世界に先駆け、2020年をめどに海を越えた水素サプライチェーンを構築する考えだ。

    『「東南アジアから水素を!?」NEDO…海を越える水素サプライチェーン実証』の続きを読む


    0_640_360(1)

    英政府は、2040年からガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針を26日に発表する見通し。大気汚染対策の一環で、電気自動車(EV)への完全移行を目指す。現地有力紙などが報じた。

    フランス政府も先に、40年までにガソリン車とディーゼル車の販売終了を目指す方針を発表している。
    『「2040年から販売禁止!?」ガソリン、軽油…EVへ完全移行目指す 英国』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.