ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    話題


    ダウンロード(1)

    諏訪市などのデザイナーや企業が、デザイン性を高めた万年筆のような筆ペン「万年毛筆」を22日、発売した。

    独創的な新商品作りに向け、市や企業関係者らでつくるSUWAブランド推進委員会が開いている工場見学会をきっかけに、市内のデザイナー内堀法孝さん(60)と金属部品加工などの丸安精機製作所、墨汁メーカーの開明(さいたま市)が協力、初の商品化に結び付けた。

    『「豪華な筆ペン!?」諏訪の企業が開発“万年毛筆”万年筆のような筆ペン』の続きを読む


    23274042033_f94683b906_z(1)


    スターバックス コーヒー ジャパンが、京都二寧坂に世界初となる暖簾や畳の間を設けた「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」を6月30日にオープンする。

    『「座敷のスターバックスが!?」伝統的な日本家屋…京都二寧坂にオープン』の続きを読む


    note1(1)

    文具メーカーのキングジムは6月19日、ノートのけい線が円周率の羅列になっているノート「円周率ノート」を発売すると発表した。

    雑貨ショップ「ロフト」とのコラボ商品だが、今年3月にキングジム公式Twitterアカウントが投稿した“没になったアイデア”が実現した形だ。

    『「罫線が数字の羅列!?」円周率ノート…没になったアイデアが復活販売へ』の続きを読む


    bee
    ▲後ろの女性も気が気じゃない...

    コスタリカのソリス大統領は、記者団のインタビューに答えていた時、大統領の口の周りを飛んでいたハチを飲み込んだ。マスコミが報じた。【動画あり】 
    『「インタビュー中パクっ!?」コスタリカ大統領…飛んできた蜂を飲み込む』の続きを読む


    33751742992_d6a4991506_z(1)

    JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の運転が17日始まり、1番列車の出発式が大阪駅(大阪市)で行われた。列車は午前10時20分に出発。

    乗客は1泊2日の日程で兵庫県の城崎温泉街や山口県の松下村塾などを巡り、18日午後に下関駅(山口県下関市)へ到着する。
    『「1番列車の出発式!?」豪華列車“瑞風”…大阪を出発し城崎、下関へ』の続きを読む


    sidewalks(1)
    ▲おばさん、前見えてないの?

    アメリカ・ニュージャージー州で8日、携帯電話を見ながら歩いていた女性に思わぬ“落とし穴”が―

    67歳の女性が手元の携帯電話に視線を落としながら歩いていたところ、目の前の「扉」にひっかかり、地下空間へと頭から落ちてしまった。 【動画あり】

    『「“ながら”はやっぱり危険!?」米国…携帯電話片手に穴に真っ逆さま』の続きを読む


    gantz0(1)
    ▲「ローボコン...0点!」的な...

    宗教改革に生涯を捧げたマルティン・ルター(Martin Luther)のゆかりの地ドイツ・ザクセン=アンハルト州のヴィッテンベルク市に、牧師ロボット(robot priest)が登場。「BlessU-2」と名付けられた。 【動画あり】
    『「ドイツで牧師ロボ登場!?」“BlessU-2”…信者が望むと手から光線が』の続きを読む


    17679617794_1a96acd400_z(1)
    ▲Zeer pot...

    今日の世界では、約14億人の人びとが、電気を使えない。OECDのデータによるとそれは主に、東南アジアや中国、インド、アフリカのサブサハラ地域の人たちだ。

    それらの地域に対する通信の整備や代替エネルギーの供給努力は行われているが、スタートアップのEvaptainersは、電気を使わず、水を利用して食品や飲料をかなり低い温度で保存することのできる、一種の冷蔵庫を作った。
    『「電気が要らない冷蔵庫!?」電気を使えない地域の人たちの助けになるか』の続きを読む


    170602102811-pastafarian-sean-corbett-1-exlarge-169(1)

    米アリゾナ州に居住する男性が運転免許証に使う顔写真にパスタの水切り用容器をかぶった姿の採用を求め、認められる一幕がこのほどあった。

    宗教上の信仰を理由にした申請。米国の大抵の州では、運転免許証の写真はかぶり物などがないものを指定しているが、宗教上の理由があった場合は特例になる場合がある。【動画あり】
    『「宗教上の理由!?」承認…運転免許証に“パスタ水切り器”かぶった写真』の続きを読む


    ashura(1)

    自分の2本の腕に加え、背中から生えたもう2本の腕を自由に操って電話をかけたりハンダづけの作業を行うロボットアームの映像が話題になっています。


    「MetaLimbs」と名付けられたこの装置は、体の後ろに装着した2本のロボットアームを自分の意志で操ることが可能な装置。 【動画あり】

    『「背中からもう2本の腕!?」ロボットアームを操って電話やハンダづけ』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.