ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    技術


    batmo(1)

    2016年末より開発が始まった火星探査ローバーが、映画「バットマン ビギンズ」に出てくるバットモービルを彷彿とさせるほどのかっこよさだ。それもそのはず。

    開発に携わったのは、映画やテレビの車両製作を手がけているパーカーブラザーズ・コンセプト社なのだ。【動画あり】 
    『「“バットモービル”を彷彿!?」NASA…新型の火星探査ローバーを公開』の続きを読む


    12d0ad6b101940b684e3c8c49f319b02-1-980x405(1)


    スバルは24日、国産車で初めて採用した「歩行者を保護するエアバッグ」の効果を報道陣向けに披露した。


    群馬県太田市の群馬製作所であった実験で、インプレッサに搭載された歩行者向けエアバッグが、合図とともにフロントガラスを囲うようにU字形に開いた。 【動画あり】
    『「歩行者保護用エアバッグ!?」スバル…“実験公開”国産車で初採用』の続きを読む


    eli(1)

    日本語で普段使っているような細かい言い回しが、英語でもできないものか。こうした悩みを解決しようとするあるウエアラブル端末が発表された。

    英会話学習に特化した「ELI(エリー)」と呼ばれる端末だ。 【動画あり】
    『「グーグルも認めた!?」ELI…英会話学習に特化したウェアラブル端末』の続きを読む


    nojimayokosuka-16(1)

    家電量販店のノジマは、ショッピングの手伝いをする、荷物運びロボット「バジー」の一般販売を視野に入れた実証実験を、ノジマモール横須賀のノジマやスーパー三和で、5月24日から26日に行なう。
    『「荷物運び追従ロボット!?」ノジマ…ショッピングモール内で実証実験』の続きを読む


    R2D2-XWING_E4S-KEY-60_R (1)(1)
    (イメージ)

    実物のフライトシミュレーターでジェット旅客機「ボーイング737」を産業用ロボットが操縦し、飛行状態から無事着陸させることに成功した。米オーロラ・フライト・サイエンシズ(バージニア州)が16日に発表した。

    すでに軽飛行機や汎用輸送機「セスナ208キャラバン」などでは、人間のパイロットの監視のもと、実機での飛行操縦試験にも取り組んでいるという。 【動画あり】
    『「副操縦士は産業用ロボット!?」B737シミュレーターで飛行・着陸に成功』の続きを読む


    tv_episode_layout_1_201607120600_02(1)


    焼きたての手づくりパンをレジに持っていくと、画像認識で瞬時に会計……そんな“AIレジ”が地方のパン屋にじわりと浸透している。その裏側にはシステム開発会社の苦闘の歴史があった。

    地方の手づくりパン屋でいま、静かな革命が起きつつある。 【動画あり】
    『「画像認識でパンのお会計!?」地方のパン屋が“ハイテクレジ”で進化』の続きを読む


    22989833554_edd6d43596_z(1)

    生産が中止されているジェットフォイル

    ジェットフォイルは、毎分180トンもの海水を取り込み、これを噴出すること推力を得て前進する高速船で、港を出ると翼走に移るという船ならぬコンセプトの「船」で、航空機メーカーのボーイングが1960年代に開発しました。

    東海汽船が川崎重工に発注する超高速船ジェットフォイルの新造船建造が話題を呼んでいます。
    『「25年ぶりに新造!?」ジェットフォイル…老朽化で建造再開求める声多く』の続きを読む


    4936484446_7ceb63b820_z(1)

    コンデンサ・EV充電システムのニチコンは、EV・FCV・PHVなどの電動車の電気を非常用電源やアウトドアユースで活用する可搬型給電器「パワー・ムーバー」の販売を8月から開始すると発表しました。

    この可搬型給電器「パワー・ムーバー」は、可搬型のV2L(Vehicle to Load)システムと呼ばれており、EVなどの電動車の駆動用バッテリーの電力を取り出して交流100Vの電源に変換する装置です。
    『「非常用電源やアウトドアに!?」EVなどから電気を取り出す可搬型給電器』の続きを読む


    drone(1)
    ▲それではこのへんで...

    【AFP】ラトビアのテクノロジー企業Aeronesが今週、強力なドローン(無人機)で人間を上空に持ち上げ、その後パラシュートでスカイダイビングを行って無事に着陸させる試験を行った。

    同社はこうした試みは世界初としている。【動画あり】 
    『「ドローンでスカイダイビング!?」強力ドローンで人間を上空に釣り上げ』の続きを読む


    web572-cfm-leap-1b-ground009_0(1)

    GEの「製造革命」はどのように実現したのか

    航空機エンジンは大きくて複雑だが、驚くほど小さな部品がその性能に大きな違いを生み出すこともある。

    今からさかのぼること10年、GEアビエーションとフランスのサフラン・エアクラフト・エンジンの合弁企業であるCFMインターナショナルは、燃費効率の良い新型エンジンの開発に着手した。
    『「もう3Dプリンター無しでは!?」GE“製造革命”航空機エンジン部品製造』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.