ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    技術


    34e53020-981e-11e7-a089-5a7a21c623ca_1280x720_102724(1)


    【AFP】イタリア人テノール歌手、アンドレア・ボチェッリ(Andrea Bocelli)の歌声が劇場の天井高くまで響いた。だが、人々の目はボチェッリではなく、その隣の指揮者にくぎ付けだった──ロボットの指揮者だ。【動画あり】 
    『「17時間特訓!?」盲目の名テノール歌手…ロボットが指揮するオケと共演』の続きを読む



    Echizen_Railway_L_in_Washizuka-Haribara_Station(1)
    ▲少しツヤが違うかな...(2016年撮影のもの)

    えちぜん鉄道(本社福井市松本上町)は、市内の企業が持つ独自のコーティング技術を導入し、次世代型低床車両「キーボ」2両で試行している。

    えち鉄の担当者は「車両はきれいになり、いい状態を保っている」と話している。
    『「洗剤なしでもピカピカ!?」えち鉄“キーボ”…新コーティング洗浄導入』の続きを読む


    4519707842_7c1e3085c8_z(1)

    世界トップレベルのオペラが上演されるオーストリア・ウィーンの国立歌劇場で、観客席に新たに設置されたタブレット型の端末で日本語の字幕が表示されるようになり、劇場の責任者は日本の観光客にオペラをより身近に感じてもらいたいと期待しています。
    『「日本語字幕も表示!?」ウィーン国立歌劇場…観客席にタブレット型端末』の続きを読む


    35452079642_62dbfa7b2f_c(1)
    ▲どうせ大きな荷物はオレたちがやるんでしょ... (イメージ)

    品川プリンスホテル(東京・港)は10月、客室に荷物を届けるロボットを導入する。歯ブラシなど軽量のものが対象で、エレベーターも使って客室まで移動する。宿泊客の利便性向上や業務の効率化につなげる。 【動画あり】
    『「客室に荷物!?」品川プリンスロボット導入で効率化…米ベンチャー開発』の続きを読む


    red-hydrogen-one-smartphone(1)
    (イメージ)

    ハイエンドカメラメーカー「Red」が初めてリリースするスマートフォン「Hydrogen One」の出荷開始は、来年初旬になる見込みだ。

    それに先立ち、MKBHDの通称で知られる人気テック系ユーチューバー、Marques Brownleeがプロトタイプのレビュー動画を公開した。 【動画あり】

    『「ホログラフィック!?」カメラメーカーRed…驚愕のスマホをリリース』の続きを読む


    無題(1)


    コンクリートの壁や橋など、道路構造物への落書きは全国的に見られますが、これを水と重曹だけできれいに落とす工法が存在します。


    どのような技術なのでしょうか。 【動画あり】


    『「水と重曹で美しい灰色!?」橋脚・トンネル洗浄…落書き除去にも効果的』の続きを読む


    1D_6847-680x453(1)
    (イメージ)
    マツダは8月8日、ガソリンエンジンとしては世界で初めて「圧縮着火」の実用化に成功した「SKYACTIVE-X」を開発し、2019年から導入すると発表した。

    ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を融合し、燃費率とトルクの向上を実現するなど、環境性能と動力性能を両立できるという。

    『「燃費とトルク向上!?」マツダ…ガソリン初の圧縮着火エンジン実用化』の続きを読む


    594468245d557(1)

    ロボットに変身することはありませんが、運転手なしで走行できます。

    運転手のいないバスが2台、エストニアの首都タリンで試験運転を3日間実施しました。大きな事故はなかったものの、サイレンを鳴らしてるパトカーに道を譲らなかったり、赤信号を無視したりと、ヒヤリとする場面が何個かあったとか…。 【動画あり】
    『「自動運転バス導入!?」警官・信号無視…ワイルドな一面も エストニア』の続きを読む


    igotchipped(1)
    ▲チップ入れたどー!! Tシャツまで作ってえらい盛り上がりです...

    アメリカの企業が、個人情報が入ったマイクロチップを、希望する社員の手に埋め込む取り組みを始め、手をかざすだけでパソコンへのログインができるようになるなど利便性の向上が期待される一方、人体への影響を懸念する声なども上がっています。 【動画あり】
    『「米でもマイクロチップ!?」社員の手にIDチップ…利便性向上になるか?』の続きを読む


    chargeb(1)
    (イメージ)

    トヨタ自動車は、現状の電池よりも飛躍的に性能を高めた次世代の「全固体電池」を搭載した電気自動車(EV)を2022年にも日本国内で発売する方針を固めた。

    現在のEVの弱点である航続距離を大幅に延ばし、フル充電も数分で済む。車載用では世界初の実用化になるとみられ、EV開発で欧米メーカーが先行する中、革新技術の導入で巻き返しを図る。

    『「EVフル充電が数分で!?」トヨタ“全固体電池”導入で大幅巻き返し図る』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.