ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    軍事


    312922-gallery1-mewzg(1)
    (イメージ)
    北西原子力技術研究所の中国の学者グループが、遠くから様々な兵器を故障させることができる「マイクロ波砲」のワーキングサンプルをつくった。Popular Scienceが伝えた。

    この発明と他の同様の兵器のサンプルとの違いは、まず大きさだ。十分に遠くから作動する場合でも、一般的な机の上における大きさだ。
    『「マイクロ波砲を製造!?」中国…ミサイル撃墜や戦車を故障させる新兵器』の続きを読む


    wOPAo(1)

    2017年1月30日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の戦車「黒豹」の技術を導入して開発されたトルコの次世代戦車「アルタイ」(Altay)が核心技術の不在により、量産計画に支障をきたしている。

    英国の軍事専門誌IHSジェーン・ディフェンス・ウィークリー(JDW)などによると、オーストリアのエンジンメーカー「AVL List GmbH」とトルコのエンジンメーカー「Tumosan」が締結したアルタイ戦車のエンジン技術協力の契約が最近解除された。
    『「本体は完成したが!?」トルコ…韓国技術を導入し戦車開発もエンジンが』の続きを読む


    image(1)

    米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に配備されているイージス巡洋艦アンティータム(CG-54)が横須賀市沖で座礁し、スクリューが損傷したことが1日、米海軍関係者への取材で分かった。同艦は1月31日、油が流出していることが確認されていた。
    『「米イージス巡洋艦が座礁!?」横須賀市沖…スクリューが損傷し油も流出』の続きを読む


    df-41-650_041912045906(1)
    ▲DF-41大陸間弾道ミサイル
     
    中国がロシアとの国境付近に大陸間弾道ミサイルを展開した可能性があるとの報道を受けて、ペスコフ大統領報道官は、ロシア政府は中国の軍事力拡大を脅威とみなさないと述べた。
    『「露国境に中国ミサイル展開!?」対米か?…露政府は脅威と見ず見守る』の続きを読む


    e920003bc9dc971c052(1)

    【北京時事】中国国防省の楊宇軍報道官は17日の談話で、中国海軍の救難艦が南シナ海で米海軍海洋調査船の無人潜水機を回収したことを認め、「正体不明の装置を発見し、船舶の航行と人員の安全に危害が生じるのを防ぐため、責任ある態度で識別調査を行った」と正当性を主張した。

    その上で、米潜水機と判明したため、「適切な方式」で米国に返還することを決めたと明らかにした。
    『「中国、米無人潜水機を返還!?」中国は正当性を主張、米国は遺憾の意』の続きを読む


    maxresdefault

    台湾が自主建造した海軍の高速コルベット艦「沱江(だこう)」(満載排水量約500トン)が26日、基隆港(基隆市)で一般公開され、埠頭(ふとう)には朝から長蛇の列ができた。
    『「台湾の“空母キラー”!?」高速コルベット艦“沱江”一般公開…基隆港』の続きを読む


    limpid4(1)

    ウクライナ軍は戦車の視界をまるで外にいるのと同じように確認可能とするために、マイクロソフトのARゴーグルHoloLensを使い、車内で戦車長が頭を動かすだけで周囲を確認できるシステムを開発、10月11~14日にキエフで開催した「Arms and Security 2016」で公開しました。 
    『「外にいるよう!?」360度ARシステム…戦車内から外を見渡せるゴーグル』の続きを読む


    scorpene(1)


    オーストラリアン紙は25日、オーストラリアとフランス政府系造船会社「DCNS」が共同開発する次期潜水艦に、大量の機密情報流出が明らかになったDCNSのスコルペヌ級潜水艦の一部技術が採用されると、開発担当者が共同開発決定前にシンクタンクのウェブサイトで指摘していたと報じた。
    『「豪次期潜水艦、詰んだ!?」流出した技術を一部採用して建造することに』の続きを読む


    tank_110(1)

    ベラルーシの首都ミンスク郊外にある戦争博物館「スターリン線博物館」で22日、戦車のスピードや砲撃の正確性を競う大会「戦車バイアスロン」が開催され、砲撃したり車を押しつぶしたりするT72戦車が見られた。 【動画あり】
    『「車を押しつぶす!?」戦車バイアスロン2016…速さや正確性を競う大会』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.