ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    鉄道


    wst1511240076-p3(1)
    (イメージ)
    11日午前8時45分ごろ、愛知県愛西市大野町郷西のJR関西線永和駅構内にある分岐器(ポイント)にカメが入り込んでレールが切り替わらなくなり、特急など一部列車に遅れや運休が出た。

    JR東海によると、係員がカメを取り除き、約35分後に運行を再開した。

    『「カメへんカメへん!?」JR関西線…ポイントに“カメ”が挟まり列車運休』の続きを読む


    8700402-3x2-700x467(1)


    【AFP】お引越しですか? それなら電車の利用は控えて下さい──オーストラリアの鉄道会社が11日、ラッシュ時間帯の電車の車両に乗客が冷蔵庫や大きな家具を積み込む様子を捉えた動画を公開し、注意を呼び掛けた。【動画あり】 

    『「業者予約して!?」豪鉄道…大型家具を運ぼうとする客に業を煮やし注意』の続きを読む


    33751742992_d6a4991506_z(1)

    JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の運転が17日始まり、1番列車の出発式が大阪駅(大阪市)で行われた。列車は午前10時20分に出発。

    乗客は1泊2日の日程で兵庫県の城崎温泉街や山口県の松下村塾などを巡り、18日午後に下関駅(山口県下関市)へ到着する。
    『「1番列車の出発式!?」豪華列車“瑞風”…大阪を出発し城崎、下関へ』の続きを読む


    sty1706070013-f1(1)


    JR東海は7日、エンジンとモーターを組み合わせて走るハイブリッド方式を採用した新型の特急車両を製造すると発表した。同社がハイブリッド車両を手掛けるのは初めて。

    高山線や紀勢線などで2022年度からの営業運転を目指す。

    『「特急に新型車両!?」JR東海・紀勢線など…ハイブリッド方式を採用』の続きを読む


     

    京阪電鉄が8月に導入する全席指定の特急車両「プレミアムカー」が19日、大阪市北区の京阪中之島駅で初公開された。

    ゆったりとした3列シートで、全席コンセントを完備。観光案内なども行う専属のアテンダントが同乗する。京阪は「ちょっとぜいたくなひとときを過ごして」とアピールしている。【動画あり】
    『「アテンダントも同乗!?」京阪電鉄“プレミアムカー”でちょっと贅沢に』の続きを読む


    01_1366_768(1)


    京阪電気鉄道は10日、電気の購入先を関西電力から新電力のエネット(東京)に5月から変更したと明らかにした。新電力への切り替えは関西の大手私鉄5社では初。最大で数億円程度のコスト削減を見込む。
    『「関電から新電力へ!?」京阪電鉄…“関西大手初”電力購入先を切り替え』の続きを読む


    32588523360_e5b8513ef7_z(1)

    イギリスの蒸気機関車団体のA1 Steam Locomotive Trustは12日、同団体が新たに製造した蒸気機関車「Tornado(トルネード号)」を使った高速運転試験を実施した結果、目標としてきた100mph(時速160キロ)を達成したことを発表した。 【動画あり】
    『「SLで時速160キロ!?」トルネード号…新造蒸気機関車の高速走行試験 英』の続きを読む


    alst(1)

    騒音をほとんど出さず、排ガスも放出しない世界初の水素を動力とする列車「ハイドレイル」の運行実験がこのほどドイツで行われ、実験は成功した。

    列車を製造したフランスのアルストムによると、ハイドレイルはこれまでのディーゼル列車に比べて騒音が60%少なく、排ガスは一切放出しない。速度や定員はディーゼル車に匹敵する。 【動画あり】
    『「水素で走る通勤列車!?」ドイツ…“燃料電池列車”が2018年実用化へ』の続きを読む


    src(1)

    静岡県富士市の岳南電車が、1966年製の機関車「ED403」(40トン)の買い手を探しています。価格は要相談、輸送料は購入者負担。

    同車両は、1971年に松本電気鉄道(現アルピコ)から譲り受け、翌年1972年に導入されたもの。貨物輸送用として活躍していましたが、2015年3月31日に廃車となりました。
    『「売ってくれるって!?」岳南電車“欲しい方売ります”ED403の買手探す』の続きを読む


    30156228734_9f3afb2363_z(1)

    津軽海峡の海底下を通る青函トンネルのうち、排水や換気の役割を担う「先進導坑」内部で、幅が縮んだり底部が隆起するなどのゆがみが発生していることが7日、関係者への取材で分かった。

    青函トンネルは海底よりさらに深い場所に位置し、外側から高い圧力を受け続けていることが原因とみられる。
    『「青函トンネルでゆがみ!?」先進導坑…高圧を受け続けていることが原因』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.