ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    鉄道

    1: cue◆open9v.MEM 2014/04/25(金)16:39:53 ID:dpSwrciWF
     政府は25日、新幹線開業50周年を記念した千円銀貨を発行すると発表した。
    初代「0系」車両が両面に描かれている。1枚8300円で5万枚を発行する。
    10月ごろに申し込みを受け付け、12月ごろから発送する。
    (つづく) 全文はソースで

    時事ドットコム
    http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2014042500358

    ソースを熟読して、おまえら語れ(*゚Д゚)
    no title


    『【経済】新幹線50周年で千円銀貨=初代「0系」のデザイン』の続きを読む

    1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/04/11(金)19:55:40 ID:FpqGCa7Ll
     南海電鉄は4月26日、「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」とコラボした
    特急ラピート「赤い彗星(すいせい)の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン」
    の運行を開始する。

     空港線の開業20周年と特急ラピートの運行20周年を記念し、人気アニメ
    「機動戦士ガンダム」のシリーズ作品映画「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)
    episode 7 『虹の彼方に』」とタイアップし、南海本線と空港線で運行する。

     特急ラピートの1編成の外観を、同映画の登場人物で「シャアの再来」と
    言われているフル・フロンタル率いるネオ・ジオン軍をイメージした赤色に
    変更するとともに、スーパーシート(5号車)車内に登場人物の専用席を3席設置する。
    設置するのは「ミネバ・ラオ・ザビ」「フル・フロンタル」「アンジェロ・ザウパー」
    の専用席で、同列車のスーパーシート利用客が自由に写真撮影などを楽しめる。

     同列車の運行に合わせ、ネオ・ジオン軍をイメージした記念特急券引換券
    (レギュラーシート用=1,020円、スーパーシート用=1,440円。各5000部限定)、
    記念入場券(890円。3000部限定)、記念グッズ(マフラータオル=1,000円・
    1000枚限定、クリアファイルセット=700円・1500セット限定)を販売する。

     同列車の運行は6月30日まで。運行区間は難波駅~関西空港駅間。

    「アンジェロ・ザウパー」「フル・フロンタル」専用席
    no title


    http://namba.keizai.biz/phone/headline.php?id=2794

    『【ガンダム】南海電鉄が、特急ラピート「赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン」を運行』の続きを読む

    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/03/19(水) 09:02:12.28 ID:???
    JR九州は18日、豪華寝台列車「ななつ星in九州」の第4期(8?11月出発分)の
    予約募集結果を発表した。7241件の申し込みがあり、最高倍率は、最も高いデラックス
    スイートA(140万円)の3泊4日コース(8月26日出発)の195倍だった。
    平均倍率は37倍。

    昨年10月15日の運行開始後では初の募集で、これまでの平均7?9倍、
    最高倍率97倍を大きく上回った。全国的に注目され、人気が高まったとみられる。

    今回は同社が企画する14本(196室)を募集し、1月4日?2月28日に受け付け、
    3月11日に抽選を終えた。1本あたり2室を海外客向けに募集し、28室に計42件の
    応募があった。また、既にななつ星に乗った客のうち128室から申し込みがあったという。

    ●「ななつ星in九州」=大分県由布市で
    no title


    ◎JR九州--クルーズトレイン 「ななつ星 in 九州」
    http://www.cruisetrain-sevenstars.jp/

    http://mainichi.jp/feature/news/20140319k0000m040110000c.html

    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1395187332/ 『【鉄道旅行】『ななつ星』予約募集、最高倍率は「195倍」--JR九州 [03/19]』の続きを読む

    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/03/15(土) 11:49:50.15 ID:???
    国内で初めて蓄電池で駆動するJR東日本の新型電車「ACCUM」が15日、
    栃木県内の東北線と烏山線で運行を始めた。

    JR東日本によると、電化区間の東北線宇都宮-宝積寺を充電しながら走行し、
    電化されていない烏山線宝積寺-烏山を蓄電池で走行する。

    最高時速は100キロ。ディーゼル車に比べて二酸化炭素の排出量を大幅に
    削減でき、騒音も抑えられる。フル充電すれば平地で約40キロの距離を走る。
    当面は2両1編成の導入だが、最終的には全車両をディーゼル車からACCUMに
    切り替える方針。

    JR宇都宮駅で15日、出発式が開かれ、JR東日本の栗田敏寿大宮支社長が
    あいさつした。

    no title


    ◎JR東日本(9020)の2011年11月のリリース
    【「スマート電池くん」を実用化し、烏山線に導入します】
    JR東日本では、非電化区間の新たな環境負荷の低減方策として「蓄電池駆動電車
    システム」の開発を進め、「NE Train スマート電池くん」を使用して走行試験等により、
    性能評価や技術的検証を重ねてきました。このたび、実用性の確認を終了したことから、
    「蓄電池駆動電車システム」を採用した新型車両の先行車2両1編成を烏山線に導入する
    こととしました。最終的には、烏山線の気動車全数を新型車両に置き換える予定です。
    https://www.jreast.co.jp/press/2012/20121104.pdf

    http://www.daily.co.jp/society/human_interest/2014/03/15/0006780971.shtml

    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1394851790/ 『【鉄道】国内初、蓄電池『スマート電池くん』で駆動する新型車両が運行開始--JR東日本の『ACCUM』、栃木県内で [03/15]』の続きを読む

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/22(土) 17:29:53.71 ID:???0
    ★「銀河鉄道の夜」をイメージしたSL 4月から土日祝日に花巻-釜石間で
    2014.2.21 18:11

    JR東日本盛岡支社は21日、東日本大震災の復興支援のため今春から岩手県内を中心に
    運行する蒸気機関車「SL銀河」について、4月12日からJR釜石線の花巻-釜石間で
    運転を始めると発表した。土日祝日を中心に年間80本程度を運行する予定。

    宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をイメージした客車4両と連結する。全席指定で定員は176人。
    運賃は通常の乗車券に加え、指定席料金800円(子供400円)=4月1日以降に購入分は
    820円(同410円)=が必要。指定券は3月12日から発売を開始する。

    SLは1940年製のC58形239号機。72年の引退後は盛岡市内の公園で展示されて
    いたが復活が決まり修復した。

    http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/140221/cpd1402211816006-n1.htm
    no title
    ※ 写真は2013.12.12 火入れ式にて

    『【社会】「銀河鉄道の夜」をイメージした蒸気機関車「SL銀河」 4月から土日祝日に花巻-釜石間で』の続きを読む

    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/02/21(金) 15:19:19.62 ID:???
    JR四国が進めている新幹線の初代車両、「0系」に似せた新しい車両の工事で、
    0系の特徴である先頭部分の「だんご鼻」が取り付けられ、懐かしい新幹線の姿が
    お目見えしました。

    この新しい車両は、予土線の開通40周年と新幹線の開業50周年を記念して
    作られるもので、ディーゼル車1両の改造工事が多度津町の工場で進んでいます。

    21日は「0系」の特徴である車両先端の「だんご鼻」の部分を取り付ける作業が
    行われました。

    作業員たちは幅2、7メートル、重さが30キロ余りあるだんご鼻の部分を数人
    がかりで持ち上げ、車両の先端部分にはめてボルトで丁寧に取り付けました。
    そして中央の穴の開いた部分に丸い板を取り付けると往年の「0系」新幹線を
    ほうふつとさせる懐かしい車両の外観がお目見えしました。ヘッドライトの部分は
    赤いアクリル板をはめることもでき、この車両が最後尾になる場合には赤色灯
    として使うということです。

    JR四国多度津工場技術センター科の今井聡博助役は「やっとこういう形になり、
    感無量でうれしい瞬間です。もっと楽しめるよう座席や内装も工夫しますので
    ぜひ乗りに来てください」と話していました。

    この車両はこのあと内装工事を行い、来月(3月)15日から予土線で運行されます。

    ●画像 no title


    ●参考/「鉄道ホビートレイン」外観イメージ
    no title


    ◎ソース http://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035325781.html?t=1392962780556

    ◎関連記事/JR四国、新幹線0系を模した「鉄道ホビートレイン」展示会を四国各地で開催
    http://news.mynavi.jp/news/2014/02/15/128/
    関連スレ:
    四国に新幹線キター! [2014/04/20(日)14:54:37]
    『【鉄道】“新幹線似”の車両に「だんご鼻」取付け--JR四国、3月15日から運行 [02/21]』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.