ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    鉄道


    EPFL supercargo-resize

    鉄道の車両と飛行機の機体…。地上を走るか空を飛ぶかの違いはありますが、乗客をシートで運ぶのはいっしょです。ならば、それらを一体化して運用してしまおう…という意欲的な、飛行機にも鉄道にもなる「Clip-Air」のコンセプトが発表されました。 【動画あり】
    『「鉄道にもなる飛行機!?」“Clip-Air”ハイブリッド運送システム EPFL』の続きを読む


    15965497851_ecf3cd6fdf_z
    by KouniHuang

    日立製作所は21日、台湾北部の新北市で都市鉄道建設プロジェクトを受注したと発表した。

    日立傘下のイタリア鉄道信号大手、アンサルドSTSや現地建設大手とのコンソーシアムで、総事業費は約1100億円。日立側の受注分は500億円規模とみられる。7月に着工し、2023年中の完成を見込む。

    『「台湾で鉄道プロジェクト受注!?」日立…総事業費1100億円7月に着工』の続きを読む


    8180349852_628801eed7_z


    駆動用蓄電池はハイブリッドカー以外に、電気自動車や燃料電池自動車にも積まれており、次世代自動車技術の核のひとつと言われている。そして近年は鉄道車両にも搭載例が増えてきた。
    すでにディーゼルカーへの蓄電池搭載は実用化されており、ハイブリッド車両としておなじみだ。世界初のハイブリッド車両は、JR東日本が2007年に登場させたキハE200形である。1997年に発表されたトヨタ・プリウスに続き、日本が世界に先駆けて実用化した。
    『「次世代交通“蓄電車”!?」架線不要で景観配慮…欧州先進国で続々整備』の続きを読む


    maxresdefault

    阪神電鉄が昨夏に20年ぶりに導入した5700系車両が、「鉄道友の会」が最優秀の新車両に贈る「ブルーリボン賞」に輝いた。普通列車の受賞は珍しい。
    『「阪神電鉄にブルーリボン賞!?」新車両5700系…運転電力を60%削減』の続きを読む


     

    和歌山電鉄貴志川線で県名産の梅をモチーフにした「うめ星電車」が来月4日から走る。紫蘇で漬けた梅干しをイメージした色の外観が26日、公開された。
    『「“ななつ星”より手軽!?」“うめ星”電車公開…猫のニタマ駅長も応援』の続きを読む


    2192031

    北京で開かれている国際見本市「High-Tech Expo」で、中国のエンジニアが開発した大型特殊バスプロジェクトが紹介された。このバスは、自動車の上を走る特殊なものだ。 【動画あり】
    『「車の上をバスが!?」渋滞解消…1200人運べる特殊バス試験車披露 中国』の続きを読む


    0511_hyperloophold-ed

    テスラ・モーターズ、SpaceX を率いるイーロン・マスクが提唱した時速1200km/hの超高速旅客システムコンセプHyperloopが初めて軌道上を高速走行しました。

    Hyperloop構想に賛同し、これを開発するベンチャー企業Hyperloop Oneが5月11日(日本時間12日未明)に実施したプロトタイプ車両の走行テストで、0-100km/h加速を1.1秒を記録しています。 【動画あり】
    『「初の屋外テスト成功!?」ハイパーループ…チューブ内でのテストも視野』の続きを読む


    26483774555_6b04db8084_z
    (イメージ)
    中国メディアの東方頭条はこのほど、新幹線の車内で販売されている駅弁と、中国高速鉄道の車内で販売されている弁当を比較し、日中の駅弁の差に「涙が出るほど悲しくなる」と表現している。 
    『「涙が出るほど悲しい!?」新幹線vs高速鉄道…日中の車内購入の弁当格差』の続きを読む


    no title
    ▲あれ?と思ったら今すぐ「0120オメメオメメ」へ!

    JR仙台駅の券売機やみどりの窓口のモニターに表示される新幹線の「空席表」で、北海道新幹線の行き先となる「新函館北斗」の駅名がローマ字表記では文字が小さくなり、見にくい状態になっている。JR東日本仙台支社は改善を検討している。
    『「駅名が長すぎて…!?」“新函館北斗”ローマ字表記小さすぎて読めない』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.