ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    自動車


    cg4cwkI(1)
    ▲数年前から巨大化は始まっていた...

    MINI(ミニ)はどこまで大きくなるのか――。

    ビー・エム・ダブリュー(BMW)は2月23日、傘下のMINIブランドで新型コンパクトSUV(多目的スポーツ車)「MINIクロスオーバー」をフルモデルチェンジして発売した。納車は「ミニの日」とかけて3月2日から。価格は386万円~483万円。
    『「ミニというかデカっ!?」MINI…大型化を続け全幅はもはやクラウン超え』の続きを読む


    time1462167308172(1)
    ▲ノルウェ-での人気が高いBMW i3
     
    エネルギー問題を解決するには、自動車をはじめとする輸送機関の変革が必要だ。この分野で先頭を走っている国はどこだろうか。北欧のノルウェーだ。

    同国内で2017年1月に販売された乗用車の記録をノルウェーの調査会社OFVが発表*1)。新車のうち、ディーゼルエンジンやガソリンエンジンのみを備えた自動車の比率は48.6%となり、初めて5割を切った。このような記録を達成した国は、ノルウェーだけである。
    『「石油輸出で国内エコ!?」エネルギー問題…ノルウェー“EVシェア”4割』の続きを読む


    maxresdefault(1)

    アルゼンチンで開催されたフォーミュラE第3戦、ブエノスアイレスePrixにおいて、完全自動運転EVによるレース「Roborace」のデモ走行が行われました。

    フォーミュラEイベント内でのデモレースは初の試みでしたが、貴重なテストカーの1台がコンクリートウォールにヒット、クラッシュしてしまい、走行はその時点で終了しました。
    『「誰一人怪我なし!?」クラッシュ終了…完全自動運転”ロボレース”デモ』の続きを読む


     

    東京オートサロン2017の会場でプロトタイプが日本初公開されて話題を呼んだホンダ新型シビックタイプRの市販モデルが、3月にスイス・ジュネーブで開催されるジュネーブ国際モーターショーで世界初公開されることがわかった。
    『「世界初公開!?」ホンダ・新型シビック…“タイプR”市販モデルが公開』の続きを読む


    U00016286120_001L(1)

    株式会社ブレイズが2015年9月に発売した、ミニカー登録で公道を走行可能かつオフロードが楽しめる「next cruiser(ネクストクルーザー)」 は、発売後たちまち話題となり、予想を大きく上回る問い合わせ・注文が殺到した。
    『「公道も走行可能!?」“大人のミニカー”新車で39万円に注文が殺到』の続きを読む


    16c630_016_d311833-2(1)

    英国の百貨店チェーン、ジョン・ルイスは、ジャガー・ランドローバー傘下のテクノロジースタートアップ「インモーション(InMotion)」と提携し、買い物客の車のトランクに荷物を配達する試みを開始した。

    技術を提供する「toBoot」は、インモーションが支援するスタートアップ企業。社名は、車のトランクを意味する「car boot」に由来する。
    『「自動車を宅配先に!?」英企業…トランクに荷物を配達する試みを開始』の続きを読む


    1d8fa45c8a0f048a389f869ebfcaee7b(1)
    (イメージ)
    前方の危険を自動車の装置が察知して停止する「自動ブレーキ」の搭載義務化に向け、国土交通省が動き出した。高齢者の事故対策の切り札になるとして、国連の作業部会に国際的な性能基準づくりを提唱。

    部会は1月、基準策定に着手する方針を決めた。国交省は国際基準ができ次第、法令を改正し、全新型車への搭載義務づけを目指す。 
    (朝日新聞)
    『「高齢運転への対策!?」国交省…自動ブレーキ義務化、国際基準の策定も』の続きを読む


    acciona_dakar_racer(1)

     ダカールラリーは、あらゆる車両とそれらを操縦する人間にとって非常に過酷なレースだ。

    1月14日に幕を閉じた2017年のダカールラリーも、決して例外ではなかった。今年は、アルゼンチン、ボリビア、パラグアイを横断する全長約9,000㎞のコースだったが、激しい雨や土砂崩れという大惨事に見舞われて、参加車両の4分の1以上がリタイアを余儀なくされる波乱の展開となった。【動画あり】
    『「EVでダカールラリー!?」アクシオナ…“歴史的偉業”史上初EVで完走』の続きを読む


    13924759509_c66d2480a5_z(1)
    (イメージ)
     
    マツダが、運転中の急病発生時などのリスク回避に自動運転技術を適用する方向で検討していることが16日、明らかになった。
    『「側道に安全に停止!?」ドライバー急病時…マツダリスク回避技術導入へ』の続きを読む


    019_o(1)

    トヨタ自動車と日産自動車、ホンダ、マツダの日系自動車大手4社は6日までに、2016年の中国市場での新車販売台数を発表した。市場全体の好調な伸びに支えられ、各社とも前年実績や年間の販売目標を上回って過去最高を記録した。
    『「軒並み過去最高!?」日系自動車大手…中国での新車販売台数伸び好調』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.