ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    バイク


    no title

    台湾の二輪車メーカーの光陽工業の日本法人キムコジャパンは、12月からキムコ製スクーター7機種を、全国のキムコジャパン正規販売店で発売、日本市場に参入すると発表した。

    光陽工業は「KYMCO(キムコ)」のブランド名などで、世界97カ国でスクーター、モーターサイクル、ATV、ユーティリティビークル、発電機、電動スクーター、電動アシスト自転車、シニアカーなどを販売している。 
    『「台湾の二輪車日本市場へ!?」キムコ…スクーター7種類を正規販売店で』の続きを読む


    no title

    ロンドン(CNNMoney) クリスマスシーズンに向けて海外から英国に輸入された自走式の電動2輪スクーター「ホバーボード」について、英安全当局が爆発の危険性を指摘した。

    10月中旬以降、英国に輸入されたホバーボードは約90%が押収されている。
    『「“ホバーボード”爆発!?」電動スクーター…小売店はリコール当局押収』の続きを読む


    no title

    2015年の2月、モーターサイクルでおなじみのヤマハが2019年から欧州で四輪車の販売を行う予定との報道が流れた。そして今回の東京モーターショーでは軽量スポーツカー「SPORTS RIDE CONCEPT」を発表、ヤマハから市販乗用車がデビューすることがいよいよ、現実味を帯びてきた
    『「F1直系のスポーツカー!?」ヤマハ…四輪車デビューが現実味を帯びる』の続きを読む


    6391128479_9a7b849f03_z
    ▲インターカラーといえば ケニー・ロバーツYZR500(1978)

    ヤマハ発動機は17日、ロングセラーモデル「SR400」に、創業60周年記念カラーの「SR400」60th Anniversaryを設定し、12月18日より
    限定発売すると発表した。17日から2016月4月末日までの受注期間限定モデルで、予約窓口は全国の「ヤマハスポーツバイク取扱店」。 

    『「懐かしのインターカラー!?」ヤマハ…60週年記念でSR400など限定発売』の続きを読む


    no title

    ついに『スーパーカブ』も電動化だ。ホンダブースに登場したコンセプトモデル『EV-Cub Concept』は、初代スーパーカブから続く「扱いやすく経済的な二輪車」という考えを継承した近距離移動用パーソナルコミューター。

    「環境にやさしく」「世界中の人々に愛され、生活に役立つ」存在でありたいという想いとともに、初代スーパーカブの「扱いやすく経済的な二輪車」という考えを継承している。 
    『「アクのないスマートな“カブ”!?」ホンダ…電動スーパーカブを初公開』の続きを読む


    no title

    ホワイトハウスオートモービルは、米国ポラリス社の3輪ビークル「スリングショット」を10月28日より開幕する「東京モーターショー2015」にて日本初公開する。

    スリングショットはフロント2輪、リア1輪のスリーホイールロードスター。ロー&ワイドのスタイリングで、アスファルトのフィーリングを体感できるスポーツモデルだ。
    『「ABS,ESC,TCS標準!?」スリングショット…3輪ロードスター日本初公開』の続きを読む


    no title

    ロスマンズカラーに、涙が...。

    モーターサイクル全盛期の80's、そして環境問題が強く問われるようになった90's&ゼロ年代冒頭。この時代を駆け抜けたモーターサイクルの1台がホンダNSR500です。V4 500ccの2ストロークサウンドは世界各国のサーキットで人々のアドレナリンを全開にしまくり、クルマでいうF1の世界ゆえに夢のまた夢のバイクとしてあがめ奉られてきました。いわば、レジェンド。

    そのNSR500をモチーフとしたバイクが産声を上げようとしています。それがSuter Racing Technologyの「MMX 500」です。 【動画あり】
    『「バク転必至!?」NSR500レプリカ登場…129kgで195馬力2ストスポーツ』の続きを読む


    no title
    ▲サソリの構え... (記事とは直接関係ありません)

    【台北 中央社】台北市区監理所が24日発表した今年1月から7月までの原動機付二輪車の信号無視に関する統計で、違反件数が最も多い星座はさそり座だったことが分かった。

    件数は1282件で全体に占める割合は9.20%に上る。 
    『「“さそり座”が最多!?」台北市統計…バイクの信号無視が最も多い星座』の続きを読む


    no title

    台湾で生まれた電動スクーターが、アジアの交通を変えるかもしれない。

    時間がかかる充電を、電池交換式に変えることで、あっという間にできるようにしたのがポイントだ。開発したメーカーは「日本や東南アジアにも進出したい」と意気込む。 
    『「待ち時間なし!?」台湾発電動スクーター…ステーションで電池ごと交換』の続きを読む


    no title
    ▲ガソリンOK 鈴鹿まで持つかな... (CA州 マリブ)

    7月23日から始まった鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)。

    その3日目となる25日、ゲストとしてハリウッドスターのキアヌ・リーブス氏が登場。自身がプロデュースしたバイクで鈴鹿サーキットを駆け抜けた。
    『「サーキット走れて幸せ!?」キアヌ…自身プロデュースバイクで鈴鹿を』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.