ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    航空機


    R2D2-XWING_E4S-KEY-60_R (1)(1)
    (イメージ)

    実物のフライトシミュレーターでジェット旅客機「ボーイング737」を産業用ロボットが操縦し、飛行状態から無事着陸させることに成功した。米オーロラ・フライト・サイエンシズ(バージニア州)が16日に発表した。

    すでに軽飛行機や汎用輸送機「セスナ208キャラバン」などでは、人間のパイロットの監視のもと、実機での飛行操縦試験にも取り組んでいるという。 【動画あり】
    『「副操縦士は産業用ロボット!?」B737シミュレーターで飛行・着陸に成功』の続きを読む


    100330-O-1234S-001(1)


    米空軍の再利用型無人宇宙機「X37B」が7日午前、フロリダ州にある米航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センターに無事着陸した。

    同州東部から中部にかけての一帯には日曜朝の同日午前8時ごろ、同機の着陸の影響で大きな衝撃波が伝わり、住民を驚かせた。 【動画あり】
    『「朝から騒がしい!?」米無人宇宙機X37B…衝撃波とともに豪快に帰還』の続きを読む


    web572-cfm-leap-1b-ground009_0(1)

    GEの「製造革命」はどのように実現したのか

    航空機エンジンは大きくて複雑だが、驚くほど小さな部品がその性能に大きな違いを生み出すこともある。

    今からさかのぼること10年、GEアビエーションとフランスのサフラン・エアクラフト・エンジンの合弁企業であるCFMインターナショナルは、燃費効率の良い新型エンジンの開発に着手した。
    『「もう3Dプリンター無しでは!?」GE“製造革命”航空機エンジン部品製造』の続きを読む


    richard-browning-real-life-iron-man-suit(1)


    【AFP】米コミック「アイアンマン」のような「空飛ぶスーツ」が4月27日、カナダ・バンクーバーのバンクーバー・ハーバーで公開された。【動画あり】 

    『「“アイアンマン”スーツ!?」英発明家…ジェット装着空飛ぶスーツ公開』の続きを読む


    windows-dell-venue-8-pro-crowded-airplane-large-3(1)


    出入りしにくい、なんだか窮屈、ひじ掛けは気づけば両隣の乗客に奪われている──。そんなイメージから敬遠されがちな飛行機の中央席。
    『「“真ん中”を選びたくなる!?」敬遠されがち…旅客機シートに解決策?』の続きを読む


    the-endless-runway-01a-58cbf1b0e4a89(1)

    オランダ、ドイツ、フランス、スペイン、ポーランドの5ヶ国の航空宇宙機関が中心となり現在、研究開発が進められているこのプロジェクトは滑走路を直線で整備するのではなく、直径が3キロの円形のトラック状に整備をするというものとなる。 【動画あり】
    『「円形滑走路!?」EUが公表…狭い土地でも大量の離着陸を可能にする方法』の続きを読む


    170306_0184_A380_ana-640(1)

     ANAが日本の航空会社として初めて導入し、2019年春に東京~ホノルル線で運航を開始する予定の超大型旅客機エアバスA380型機。それを記念する特別塗装機のデザインと愛称が発表されました。
    『「イメージは竜宮城!?」デザイン決定…ANAハワイ線で導入エアバスA380』の続きを読む


    PAVES-On-demand-630x354(1)

    シアトル(CNNMoney) 米アメリカン航空は、新しく導入する「ボーイング737マックス」100機に機内エンターテインメント用のモニター画面を装備しないと発表した。

    ほとんどの乗客が自分のスマートフォンやタブレットを持ち込むようになったことを理由に挙げている。
    『「座席モニター廃止!?」米航空会社…“時代遅れ”9割がスマホ等持込み』の続きを読む


    AirbusZukunft2(1)

    飛行機メーカーのエアバスのトム・エンダースCEOが、「2017年内に『空飛ぶ自動車』のプロトタイプをテストする計画がある」と語りました。

    エンダースCEOは、「100年前に都市交通は地下に閉じ込められました。今こそ都市交通を地面より上(空)に取り戻すときです」と述べたとロイターが報じています。さらにエンダースCEOは、「エアバスが『空飛ぶ自動車』のテスト飛行を2017年末までに実行すると期待している」と付け加えたとのこと。
    『「空飛ぶ自動車!?」エアバス…17年内にプロトタイプ試験を行うと発表』の続きを読む


    leap-1a-copyright-philippe-stroppa-snecma-safran(1)
    ▲GE LEAP-1A
     
    次世代航空機のエンジン基幹部品に日本発の新素材が採用される。軽量で高い耐熱性を持つ炭化ケイ素(SiC)繊維で、米ゼネラル・エレクトリック(GE)が最新エンジンに導入。 宇部興産など国内2社が素材を供給する。
    『「航空機の軽量・低燃費化に!?」米GE…日本発“SiC繊維”を部品に採用』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.