ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    風景

    no title

    チャリ小僧のちょっといい旅

    今回も安価(アンカー)で旅の行き先を決めます。

    まず最初に旅先に決まったのは「海」東大阪から天保山方面まで出かけます。

    で、今回はそれだけでは終わらなかった...   温泉? 日本三古湯の一つ?


    若いってうらやましいw


    1: チャリ小僧◆OT9WTKwShU 2014/05/31(土)09:48:22 ID:q4twzdm0g
    (´・ω・`)ノシどうも~暇なので安価でどこかへ行ってくるー。
    スタートは東大阪の花園ラグビー場です鬼畜なところはやめて欲しいお(´・ω・`)

    初めに行くところ>>4
    2014年6月3日「番外編」追記あります

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1401497302/

    『【チャリ小僧】今からママチャリで安価でどこかへ行こうと思う』の続きを読む

    1: おんさ ★ 2014/05/25(日) 07:28:48.35 ID:???.net
    決してムダでは…ダム観光盛んに、「神」認定も 2014年05月24日 15時37分
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20140524-OYT1T50133.html

    (本文)
     ダム人気が高まっている。

     「無駄な公共事業」とやり玉に挙げられることもあるが、巨大な人工構造物は見る
    人を魅了し、国土交通省が 「ダムツーリズム」を昨年6月に提唱して以来、旅行会社と
    提携したツアーが各地で盛んに。現地に行かないと 手に入らない「ダムカード」も心
    くすぐるようで、愛好家にとどまらず見学に訪れる人が増えている。

     ◇迫力に感動

     2月初め、島根県雲南市の尾原ダム(高さ約90メートル)を約50人が訪れた。
    「インフラ(社会資本)ツーリズム」と名付けて中国地方整備局が呼びかけ、地元旅行
    会社が企画したバスツアー。参加者たちは普段入れ ない点検用通路や操作室などを職員の
    案内で回った。

     玉造温泉を出発し、同ダムから出雲大社などを巡って1人6200円。旅行会社の担当者は
    「参加者は間近で 見上げる迫力に感動していた。観光資源としても十分成り立つ」とみる。

     旅行会社とタイアップしたツアーは大滝ダム(奈良県川上村)や九頭竜ダム(福井県
    大野市)でも昨年実施。 来月21、28日には天ヶ瀬ダム(京都府宇治市)で行われる。

     情報発信も積極的になってきた。出雲河川事務所は3月からフェイスブック上に尾原、
    志津見(島根県飯南町) 両ダムの「ファンクラブ」を開設、約260人が登録している。
    「ダムには『こだわり』の技術がたくさんあり ます」と点検や周辺情報を更新。
    「いいね!を押してもらうことでファンを広げ、地域振興につなげたい」という。独立行政
    法人・水資源機構もツイッターで放水情報などを知らせている。

     四国では一昨年、高松市の会社社長や愛好家らが、4県のダムを巡るスタンプラリー
    「四国堰堤えんていダム88箇所巡り」を始めた。これまでに約340人が挑戦、番外編も
    含む108か所を巡り終えた15人に「ダム神」の認定書を発行した。
    no title
    天ヶ瀬ダム  京都府宇治市 一級河川・淀川本川中流部(宇治川)

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1400970528/

    『【観光】ムダじゃない…巨大な建造物に愛好家ら魅了、ダムカードで「神」認定も』の続きを読む

    1: ぱぐたMK-Ⅲφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/05/17(土)21:12:23 ID:V4Y2MRHr5
    no title


    エジプトといわれてイメージするのは、黄金色の砂丘とピラミッド。しかし砂漠の
    西部には、不思議な形をした岩が点在する白砂漠が広がる場所があります。

    no title


    約300キロに渡り続くこの一帯は国の保護区になっているそう。まるで雪が降り
    積もったような白砂は、太古の昔ここが海の底だった名残りなのです。

    ■風により削られた自然のアート

    no title


    no title


    no title


    鳥のような形、キノコのような形、花のような形・・・これらの石灰岩は、海底に
    積もった珊瑚などの死骸が石灰となり固まってできたもの。それが何千年もの間風に
    さらされ、このような形になりました。風の仕業とは思えないほど奇妙なオブジェの
    数々です。

    no title

    こちらは見方によっては、人の顔のよう。

    no title


    こちらは住居にも見えます。

    ■別の惑星に降り立った気分に

    no title


    白砂漠を眺めていると、砂漠というより宇宙の中の別の惑星にいるような
    気持ちになります。

    こんな神秘的でわくわくする景色が広がる白砂漠ですが、地理的には砂漠の奥、
    孤立した場所にあります。近くにあるファラフラ・オアシスやバハレイヤ・オア
    シスからツアーで訪れるのが一般的だそう。

    〈以下略〉

    ソース
    http://tabizine.jp/2014/05/17/10336/

    『【風景】風がつくった、奇岩の並ぶエジプト白砂漠』の続きを読む

    1: ぱぐたMK-Ⅴφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/05/13(火)23:28:48 ID:tjP4bTexM
    no title
    ©休暇村大久野島オフィシャルサイト

    瀬戸内海に浮かぶ大久野島。一周4.3kmという小さなこの島に、700羽以上の
    野うさぎが暮らしています。島外から持ち込まれた数羽が放され、野生化して
    繁殖したそうです。

    no title
    ©flickr/merec0

    うさぎは島のあちこちで出会えますが、休暇村の宿舎前に一番多く生息しているそう。
    エサを持っていれば、うさぎの方からダッシュで駆け寄ってきてくれます。

    no title
    ©休暇村大久野島オフィシャルサイト

    うさぎというと、狭い小屋でのんびりしている印象が強いと思うのですが、
    広いところで思い切り走るうさぎを見ると、「ああ、そういえばうさぎって足が
    速いんだった」と、“うさぎとカメ”の昔話を思い出します。

    no title


    no title
    ©flickr/tetchang

    エサがなければ知らんぷり、抱っこしようとしても嫌がるうさぎさんたちですが、
    もぐもぐ食べる姿も、寝そべってくつろぐ姿も、やっぱり可愛い。


    ■地図から消された島

    実はこの地は昔、地図から消された島でした。国際的に禁止されていた毒ガスを
    生産していたからです。

    現在でも、毒ガスの資料館や貯蔵庫跡、砲台跡などを見ることができます。

    no title
    ©flickr/merec0

    〈中略〉

    no title
    ©flick /merec0

    〈中略〉

    no title
    ©flickr/ merec0

    〈以下略〉

    ソース
    http://tabizine.jp/2014/01/04/3583/


    『【風景】瀬戸内海の不思議スポット…昔は地図から消された島、今はうさぎ島』の続きを読む

     世知辛い世の中
     
     色々突っ込みたい気持ちもわかりますが、

     結構、癒やされます。(写真も綺麗)


     「息抜き」ってことで。どぞ


    1: うちはスケベ◆7dIowlxI7U 2014/05/12(月)16:23:00 ID:v9xrZqzdM
    ど田舎だからつまらんと思うが載せるよ

    no title

    応援等は→ 引用元:おーぷん2ちゃんねる

    『【癒やし】縫いぐるみと散歩してきた【vip】』の続きを読む

    1: ぱぐたZφ~風景篇◆FdDsU0B5ivx5 2014/05/10(土)22:19:45 ID:3c2FjdNgq
    圧倒的な迫力を感じる絶景や、悠久の時を感じる雄大な景色を目にすると、小さな悩み
    なんてどうでもよくなる。そんな経験、ありませんか?
    GW明け、気力が湧かない、何となく憂鬱、そんなもやもやを吹き飛ばしてくれそうな
    絶景を集めてみました!

    ■フライガイザー(アメリカ)

    no title

    ©flickr/Lisa Stull



    >>2に続く

    『【風景】もやもやした気持ちを切り替えよう!世界の七景色』の続きを読む

    1: ぱぐたZφ~風景篇◆FdDsU0B5ivx5 2014/05/08(木)21:11:39 ID:nApxED7xF
    イタリア中西部のトスカーナ地方。古くは貴族や富豪から、芸術家や政治家まで、多くの
    人々に愛される地。保養地として選ばれ続けるトスカーナの魅力とは、何なのでしょうか。

    no title


    一度も訪れたことがなくても帰りたくなる、未知の故郷トスカーナの風景を探って
    みました。




    『【風景】「ただいま」と言いたくなるようなトスカーナの絶景』の続きを読む

    1: ぱぐたZ〜風景篇φ◆FdDsU0B5ivx5 2014/05/05(月)23:09:05 ID:BwMKdCi2o

    9531-01

    美しい自然の景観で知られるカナディアン・ロッキー。そこに静かにたたずむ、宝石の
    ような湖「ルイーズ湖」をご存知でしょうか。湖畔に広がる針葉樹の森、深いエメラルド
    グリーンをたたえる湖水。絵本の1ページのような風景です。

    ■不思議な色彩を生む氷河

    9531-02

    まだ氷が残る春のルイーズ湖。冬はホッケーができるくらい分厚い氷に覆われます。

    9531-03

    表面を覆う氷が溶けると、宝石のような色合いが顔を出します。氷河が溶けた水に含まれる
    泥により、このようなエメラルドグリーンが生まれるのだそう。世界で最も美しい氷河湖とも
    言われるこの湖は、英国のビクトリア女王の娘、ルイーズ・キャロライン・アルバータの名に
    ちなんでつけられたといいます。

    〈中略〉

    ■朝はとびきりの水鏡に

    9531-07

    その湖面が巨大な鏡になる、朝焼けの時間。朝霧の中、黄金色に染まる山の頂が湖の差し色
    となり、昼とはまた違った表情を見せてくれます。

    9531-08

    〈以下略〉

    [All photo by shutterstock.com]

    ソース

    『【風景】氷河から生まれた湖「ルイーズ湖」』の続きを読む

    1: ぱぐたZφ~風景篇◆FdDsU0B5ivx5 2014/05/01(木)18:47:02 ID:uwwPFhB53
    世界には計り知れない謎が存在します。そのひとつがミステリーサークル。

    雨や嵐でも関係なく、一夜にして完璧な黄金バランスで描かれるこの不思議な円形。
    名観光スポットとして知られる古代遺跡などとも深い関わりがあるという説も聞かれます。

    南極大陸では金環日食(残念ながら観測は難しいそう)を迎える今日。
    さあ、摩訶不思議な世界の旅へ!

    ■30ヶ国以上で約5000ものミステリーサークルが出現?!

    P&G創設者の直系の子孫である、独立した研究者Foster Gamble氏が運営する
    Thrive movement。今、このウェブサイトや動画が世界で話題になっています。

    そのThrive movementによるとミステリーサークルは世界30ヶ国以上で約5000も
    発見されているのだとか。そして、そのほとんどはイギリスだそうです。

    その真意はさておき、あまりにも素晴らしい円形に、ただただ驚くばかりです。

    no title

    no title

    no title

    no title


    ちなみに、ミステリーサークルが作られてた植物の茎は押し倒されていますが、
    枯れてはいないそう。

    no title
    ミステリーサークルの茎の根元


    ミステリーサークルが出現した場所の磁場は、静電的に帯電していることが多く、
    奇妙な磁性粒子が散乱しているところがあるそうです。
    これが多くの研究者たちを魅了するひとつの謎なのかもしれません。

    no title
    奇妙な磁性粒子といわれるもの

    >>2に続く

    『【風景】未知の旅!世界の美しい「ミステリーサークル」』の続きを読む

    1: ぱぐたZφ~風景篇◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/27(日)00:22:47 ID:gYjpjGRTb
    現実の風景とは思えない「絵」のような死の沼地
    Apr 24th, 2014

    no title


    デッドフレイ。900年以上前に干涸びてしまった沼地に、枯れ木だけが取り残された場所。
    灼熱の太陽がもたらす圧倒的な光と影により、このように絵のような光景が生み出されます。

    no title


    no title


    デッドフレイはナミビアのナミブ砂漠の真ん中、世界一高い砂丘に囲まれています。

    no title

    ©flickr/Vernon Swanepoel 


    枯れ木がまるで、地の底から救いを求めて飛び出した手のようです。

    〈中略〉

    no title


    この白と背後の赤砂漠、そこに空の真っ青も加わると、なんとも美しいコントラストに。

    〈以下略〉

    全文はソースで
    http://tabizine.jp/2014/04/24/8556/


    『【風景】現実の風景とは思えない「絵」のような死の沼地』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.