ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    うどん


    no title

    日本食がメジャーになるにつれ、海外で日本食が思わぬ進化を遂げていて、日本人を驚かせることが増えてきました。

    成田空港から直行便で約12時間離れたイギリス・ロンドンでも、うどんが独自進化を遂げています。そこで今回は「イングリッシュブレックファストうどん」をレシピとともにご紹介します。
    『「ロンドンでうどん!?」和食が独自進化“ブレックファストうどん”話題』の続きを読む


    no title

    ラーメンの次はうどん? 世界でラーメンブームが続く中、一部のニューヨークメディアが「2016年はUdon(うどん)が来る」と予想している。

    英紙インディペンデントも、記者を「うどん国」香川県に派遣して、麺の作り方からUdonを徹底分析。まだ海外でそれほど認知度が高くないうどんだが、一気にブーム到来となるか?
    『「NY民は飽きっぽい!?」次に来るのは“うどん”…ラーメンは飽和状態』の続きを読む


    no title
    ▲「はた? なんか騒がしくなってきたな...」

    台湾メディアの報道によると、台湾基隆幇派「広斉堂」は1月に基隆市忠三路で、別の暴力団と乱闘になった。2つの暴力団の40人は長い刀を手に持って切り合い、負傷者が多数出た。妊娠した妻を乗せて通りかかっただけの男性も切り付けられた。

    警察当局は現場付近の監視カメラを閲覧したところ、3メートルほど離れたの露店の食堂で乱闘が起きているにも関わらず、うどんを落ち着いて食べ、乱闘の情況を10分ほど見てから立ち去った青い服を着た男性がいたのに気付いた。警察当局は、この冷静な彼が黒幕ではないかと考えた。 【動画あり】
    『「落ち着きっぷりにボスと誤認!?」街角で暴力団乱闘…巻き込まれた男』の続きを読む

    nudlemaker

    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/06/03(火) 15:57:12.15 ID:???.net
    フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、本格的な生麺が約10分で簡単に作れる
    「フィリップス ヌードルメーカー HR2365」を発表。6月下旬より発売する。
    「粉を入れる」「ボタンを押す」「水や卵などの材料を入れる」だけの3ステップで、
    本格的な生麺が約10分という短時間で簡単に作れるヌードルメーカー。手打ちでは難
    しい約720kgの圧力を生地にかけることで、コシのあるおいしい生麺作りを実現した
    という。

    また、日本用に特別設計された4種類の製麺用キャップを採用。キャップを付け替える
    だけで、丸麺、角切り麺、平打ち麺とさまざまな形状と太さの麺に対応し、うどんや
    そばなどを形状や太さを変えて作ることが可能だ。
    卵やスパイス、ハーブ、野菜ジュースなどを加えることで、好みのアレンジ生麺も楽し
    める。さらに、5分、6分、7分、8分の4段階に対応した、コシ調整機能を搭載。麺の
    種類や材料に合わせて、最適なこね時間の設定が可能だ。

    (詳細はソースにてお確かめ下さい)

    no title

    no title

    no title

    http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kaden/ctcd=2113/id=39298/

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1401778632/

    『【麺】フィリップス、生麺が10分で作れるヌードルメーカー発表』の続きを読む

    somen (1)

    1: 大口小火◆lol.XSQqdw 2014/05/13(火)17:18:16 ID:Ubb9xrbam
    そうめんをイスラム教の信者にも安心して味わってもらいたいと、
    乾麺メーカー東亜食品工業(兵庫県姫路市)がイスラム教の戒律に合った商品の
    証明となるハラール認証を取得した。

    「ハラール」はアラビア語で「(神によって)許されたもの」を意味している。
    戒律を重んじる厳格なイスラム教の信者は豚肉や酒などを口にすることができない。
    牛肉や鶏肉も神に祈りをささげながら処理するなど、厳しい規定がある。

    従来はハラール認証を取得していなかったため、海外に乾麺を輸出しても、
    世界人口の4分の1にあたる、約16億人のイスラム教の信者に普及することは
    なかった。同社の井上位一郎社長は国内を訪れた信者が食事に困っている現状を知り、
    「国内外の信者にそうめんを食べてもらいたい」と、1年ほど前から取得の準備を進めた。

    今年3月には国内の認証機関の一つ、NPO法人日本アジアハラール協会(千葉市)の
    担当者が姫路市内の工場などを訪れ、審査。商品やその製造工程で戒律で禁じられた食材
    を使っていないことを確認した。4月には同社のそうめんやそば、うどんなど11種類の
    乾麺が認証を受けた。

    今月下旬には、商品の袋に認証シールを貼ったそうめんとそばの乾麺
    計1万3000食を初めてシンガポール向けに輸出する。

    一部省略、ソース:読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20140512-OYT1T50031.html

    『【文化】播磨そうめんをイスラム圏へ…ハラール認証取得』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.