ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    とんかつ

    1: フーズフーズφ◆TC5YakQSBk 2014/05/01(木)05:22:06 ID:Pmtech5Am
    外はサクサク、中はやわらかジューシーなロース肉の“とんかつ”をバーガーに!
    マクドナルド特製のとんかつソース&ブランバンズによる、こだわりの一品
    「とんかつマックバーガー」5月7日(水)から期間限定で販売

    no title


    商品名-「とんかつマックバーガー」
    販売期間-2014年5月7日(水)~5月下旬(予定)
    販売エリア-全国のマクドナルド店舗(一部店舗を除く)
    販売時間-午前10時30分~閉店まで(24時間営業店舗では翌午前4時59分まで)
    販売価格
    (税込)-単品 399円 バリューセット 699円

    http://www.mcd-holdings.co.jp/news/2014/promotion/promo0430a.html


    『マクドナルド、新バーガーはトンカツ』の続きを読む

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/28(火) 19:24:07.97 ID:???0
    ★日本人に親しまれる「とんかつ」誕生の物語とは?
    2014年01月28日10時50分

    今日のお昼ご飯は何を食べようか?と悩むのはサラリーマンの日常の楽しみの1つだ。
    その中で、がっつり食べたいというときに、「とんかつ」が候補に上がることも多いのではないだろうか。

    そもそも「カツ」の発祥とは、どのようなものだったのか。明治以降、近代国家として発展していくと同時に、
    日本には西洋諸国からさまざまな文化がもたらされた。

    食文化もその中の1つで、このころから西洋料理を提供する料理店が営業を始めた。「カツ」に関しては、
    1872年に出版された『西洋料理通』にカツレツの素となる料理形態として、「ポールクコットレッツ」という名で紹介された。

    ただ、この「ポールクコットレッツ」は揚げ物ではなく、ポークソテーに近い食べ物だ。フランス語でコートレッツ、
    英語でカットレットが、いつしか言いやすい「カツレツ」になったという説が有力とされている。

    このコートレッツ・カットレットを日本式のカツレツにまず変化させた店が、今も続く銀座の「煉瓦亭」だ。
    この店の料理はおいしいと評判で、西洋人ばかりか日本人にも人気で繁盛し始めたため、素早く料理する必要があった。

    もともとコートレッツは、豚肉をソテーして1枚1枚オーブンに入れて仕上げる料理だったが、それを日本の天ぷら風に
    揚げてみたらどうかという発想になった。揚げるときはサラダオイルに豚肉のラードを少し混ぜたら味が出て
    香ばしいということも分かった。さらに、付け合わせの温野菜も千切りキャベツにかえてみると、手間も省けて、
    さっぱりしている。ソースは最初ドミグラスソースを使っていたが、ややくどいので、明治屋から出ていた
    ウイスターソースをかけると、さっぱりしていることも分かった。
    >>2へ続く

    http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1401/28/news069.html
    no title
    ※イメージ

    『【話題】日本人に親しまれる「とんかつ」誕生の物語とは?』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.