no title
(イメージ 記事とは直接関係ありません)

へき地医療に取り組む若手医師を顕彰する「第2回やぶ医者大賞」の審査会が22日、養父(やぶ)市役所であり、香川県綾川町、綾上診療所長十枝めぐみさん(50)と、島根県西ノ島町、浦郷診療所長白石裕子さん(47)が選ばれた。

「やぶ医者」の語源が「養父に住む名医」との説にちなみ、同市が昨年創設。4月1日時点で50歳未満の医師が対象で、今回は7県に勤務する8人が推薦され、県内外の医師と広瀬栄・養父市長らが書類審査した。 
『「やぶ医者大賞!?」女性医師2人が表彰…へき地での医療に尽力 養父市』の続きを読む