ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    アウディ


    Audi-EAWS-regenerative-suspension-4(1)


    ドイツAudi社は2016年8月10日(現地時間)、道路の凹凸で生じる車体の上下運動を電力に変換する新型のショックアブソーバーシステム「eROTシステム」を公開した(図、ニュースリリース)。

    従来の油圧式ダンパーの代わりに電気式ダンパーを使い、振動を減衰しつつエネルギーを回生する。さらに従来では難しかった伸び側と縮み側の独立したストローク制御も、ソフトウエアで設定が可能になるという。燃費改善と乗り心地の両立が期待できるとする。
    『「振動エネルギーを回生!?」Audi社…道路の凹凸で発電するシステム公開』の続きを読む


    no title

    ドイツの高級車メーカー、アウディは4月11日、『A8L エクステンディッド』を欧州で発表した。

    同車は、アウディの最上級サルーン『A8』のロングホイールベース車、『A8L』をベースに開発されたワンオフのリムジン。顧客の要望を受けて、およそ1年をかけて製作された特別な1台となる。
    『「アウディのリムジン!?」“A8Lエクステンディッド”発表…全長6m6ドア』の続きを読む


    no title

    【ニューヨーク=共同】米環境保護局(EPA)は18日、ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)と傘下のアウディの一部ディーゼルエンジン搭載車が、排ガス規制に関する試験をクリアするために違法ソフトウエアを用いていたと発表した。

    米メディアによると、大気浄化の法令違反でVW側に最大約180億ドル(約2兆1600億円)の民事制裁金を科す可能性がある。
    『「ふきげん↘ワーゲン!?」独VW…ディーゼル排ガス規制を不正に回避か』の続きを読む


    no title

    ドイツAudi(アウディ)は、フランスGlobal Bioenergiesと共同で化石原料を使わずに合成した燃料「e-benzin」の開発に成功したと、2015年5月18日に発表した。e-benzinは、トウモロコシ由来のグルコースが原料。

    発酵による自然蒸発で気体のイソブテンを分離し、これに水素を加えてイソオクタンを合成したもの。
    『「新植物性燃料の合成に成功!?」アウディ…ガソリンに代わる新液体燃料』の続きを読む


    no title

    アウディは、研究開発を進める「チェアレス チェア」を、自社工場で試験運用すると発表した。

    “椅子のない椅子”と名づけられたこの装置は、カーボンファイバー(CFRP)でできた重量2.4kgの外骨格装置。

    レザーでカバーされた“腰掛”をおしりにあてがい、腰、膝、くるぶしの3点をベルトで固定して装着する。膝の関節部分はジョイントと油圧により、体格や姿勢にあわせて最適なポジションが得られるようになっている。
    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1426247298/
    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/03/13(金)20:48:18 ID:???

    『「椅子のない椅子!?」チェアレスチェア…アウディ自社工場で試験運用』の続きを読む

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 18:13:53.05 ID:???0.net

    no title

     自動運転車の未来には高い期待が寄せられている。そんな中、前週末ドイツ北部のサーキットで独アウディの自動運転車が見せた走りは、期待に十分応えるものだった。 
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1414055633/

    『「サーキットで自動走行!?」世界最速の時速240キロ…アウディ』の続きを読む

    no title

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2014/05/13(火)11:30:34 ID:bUnGh7cXv
    アウディは10日、ミドシップ・スーパーカー「R8」に量産車としては世界初となる
    レーザーハイビームを搭載した限定生産モデル「R8 LMX」を発表した。

    no title


    今回、99台が限定生産されるR8 LMXに初めて搭載されるレーザーハイビームは、
    「オールLEDヘッドライトの2倍の範囲で光を照射する」というレーザースポット
    をハイビームに採用したもの。
    片側のヘッドライトに、4つのハイパワーレーザーダイオードで構成されるレーザー
    モジュールが1つ搭載されており、
    この径わずか300ミクロン(0.3mm)のレーザーダイオードが、450ナノメートルの
    波長の青いレーザービームを発し、これを蛍光体コンバーターが路面照射に適した
    色温度5,500ケルビンの白色灯に変換するという仕組み。
    アウディによればこの光は「人間の目にとって理想的なもので、ドライバーが明暗の
    コントラストを認識しやすく、疲れを軽減」するそうだ。

    詳細はソースで
    http://jp.autoblog.com/2014/05/11/audi-to-launch-the-r8-lmx/


    『【自動車】アウディ レーザーハイビームを搭載した限定生産モデル「R8 LMX」』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.