ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    アマゾン


    297065892_70442a7c31_z(1)
    (イメージ)

    ネット通販サイトAmazonに可愛らしい「隠れイラスト(AA)」が潜んでいると話題になっています。調べてみると、10年ごしの意外な事実がイラストで明らかにされていました。
    『「知らなかった!?」こんなところにアヒル?…amazonのソースコードにAA』の続きを読む


    16246799812_386d3b29f3_z(1)

    上がダメなら下から?

    既存の配送手段じゃ飽き足らず、ドローンや空飛ぶ倉庫といった斬新な方法を検討中のAmazon。でもドローン構想が発表されたのはもう3年以上前の話で、Amazonのスピード感からすると、まだできてないのかな?ともどかしい感じもします。でも大丈夫、彼らは今、上がダメなら下から行く可能性を検討しているみたいです。
    『「今度は地下トンネル!?」アマゾン…倉庫と家つなぐ斬新な方法を検討中』の続きを読む


    AmazonFresh(1)

    アマゾンジャパンが来春にも生鮮食品の配送サービス「アマゾンフレッシュ」を開始する模様だ。

    会費を徴収した会員に対し、青果や魚、和洋菓子など日持ちしない新鮮な食品などを受注日の当日または翌日に配送するもの。まずはアマゾン側で選んだ約40社の食品販売事業者の食品で展開する模様で今後、品ぞろえを増やしていくようだ。
    『「東京23区でスタート!?」“アマゾンフレッシュ”生鮮食品の宅配始める』の続きを読む


    a4acfad5f006b0bd33475e0964a8ac0d(1)

    さまざまな手法で流通に変化を起こし続けているAmazonが、今度は配送業者のコストを大きくカットするための施策を進めているようです。

    現在開発が進められ、2017年中にもリリースされると見られている新アプリでは、商品を出荷する店舗と配送を行う輸送業者を直接結びつけることで、間に入る仲介業者のコストを排除できる仕組みが取り入れられることになると報じられています。
    『「素人が配送!?」アマゾン…業者を介さず個人が配送請け負うアプリ開発』の続きを読む


    firstflight

     
    米アマゾン・ドット・コムは14日、初めてドローン(無人機)で顧客に商品を配達したことを明らかにした。グーグルなど他社に先駆けてドローン宅配を実現した。

    アマゾンによると、第1号の顧客は先週、テレビ端末「ファイアTV」とポップコーン1袋を注文した英国のケンブリッジ近郊在住の男性。アマゾンが紹介した動画によると、ドローンは7日に英国の片田舎の空を飛び、民家に約2キロの小包を配達した。かかった時間は13分だった。 【動画あり】
    『「ドローン宅配、顧客第1号!?」アマゾン…英国の片田舎を初の無人配達』の続きを読む


    justwalkout(1)

    Amazonは5日、レジで清算をする必要のないまったく新しいスーパーマーケット「Amazon Go」を来年から店舗展開することを発表した。

    このス―パーの場合、スーパー内に入る際に、客は自分が持っているスマートフォンで認証を行う必要があるが、一旦認証手続きが済んでしまえば、面倒なレジの手間は必要なく、店内に並んでいる商品に関しては手に取るだけで、自動的にコンピュータービジョンで自動認識を行うことで清算手続きが完了してしまうというものとなる。 【動画あり】
    『「スマホ認証だけで精算不要!?」Amazon Go…新感覚スーパーの店舗展開』の続きを読む


    amazon-snowmobile-released-2-640x480(1)

    先週行なわれた「AWS re:Invent 2016」では、データセンターの大容量データをアプライアンスでAWSに運搬する「AWS Snowball」の新モデルが登場! 

    さらにエクサバイト規模のデータ移行を可能にするコンテナ型の「AWS Snowmobile」がトラックで登場し、基調講演会場の観衆の度肝を抜いた。
    『「データをトラックで!?」Amazonサービス…EB規模の大容量データの運搬』の続きを読む


    This-is-Amazon039s-first-039Prime-Air039-plane-Recode


    Amazonは、膨大な量の商品の輸送のために自社専用の輸送機20機のリース契約を結んだことが報じられていましたが、実際にその運用が開始され、特別塗装機がメディア向けに公開されています。【動画あり】 

    『「自社専用の貨物機導入!?」Amazon…B767特別塗装機が公開される 米国』の続きを読む


    no title
    ▲まさかドローンで...

    インターネットで葬儀の注文や僧侶の派遣を定額で受け付ける事業を展開するみんれび(東京都新宿区)は7日、一周忌などの法要の際に読経を行う僧侶の手配を3万5000円で受け付ける「お坊さん便」をアマゾンのサイト内で8日から行うと発表した。
    『「師走かな…!?」アマゾン“お坊さん”をネット宅配?…葬儀など定額で』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.