ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    アメリカ


    UGhsaGBhnDBHlZr-800x450-noPad(1)
    (イメージ)
    アメリカのトランプ大統領がメキシコ国境の壁の建設をめぐり、新たな構想を打ち出した。  21日、アイオワ州で演説したトランプ大統領。目玉公約だったメキシコ国境沿いの壁の建設について、こんな案を披露した。

    トランプ大統領「太陽光パネルで壁をつくろうと思う。エネルギーをつくって建設費を賄えるからね」
    『「太陽光パネルで作る!?」トランプ大統領…メキシコとの壁に新たな構想』の続きを読む


    29872054373_86e82c498c_z(1)
    ▲いまでも国境は壁やフェンスで遮られているが...
     
    アメリカのトランプ大統領は、25日、メキシコとの国境沿いに壁を築くよう命じる大統領令に署名し、「アメリカは国境を取り戻す。多くの命と雇用を守る」と述べ繰り返し主張してきた壁の建設に向けて動き出すことになりました。
    『「メキシコ国境に壁建設!?」大統領令署名…“国境を取り戻す”と述べる』の続きを読む


    1-PN1-27 (1)(1)

    アメリカで生産された天然ガスの一種「シェールガス」を積んだ大型タンカーが新潟県の港に到着し、国内で初めてアメリカ産のシェールガスが輸入されました。

    輸入したのは東京電力と中部電力の統合会社で6日朝、LNG=液化天然ガスとなったシェールガスおよそ7万トンを積んだ大型タンカーが、新潟県上越市の港に到着しました。
    『「米国産シェールガス初輸入!?」新潟上越火力…原油価格と連動せず期待』の続きを読む


    7-scary-realities-for-americans-with-donald-trump-as-president


     【NQNニューヨーク=野見山祐史】米大統領選挙は米東部時間9日未明(日本時間9日午後)までに開票が進み、共和党候補のドナルド・トランプ氏(70)の勝利が確実になった。

    世論調査や選挙人獲得見通しといった事前予想は軒並み民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官(69)の優位を伝えていたが、トランプ氏はオハイオ、フロリダなど勝敗を分ける大票田の激戦州を相次いで制し、勝利を確実にした。

    『「トランプ氏の勝利確実!?」政治経験ない異端…“米国第一主義”掲げる』の続きを読む

    1024x1024(1)

     今年11月に行われるアメリカ大統領選挙。国内外にどんな変化をもたらすのか注目される中、こんな商品が一足先に「チェンジ」します。
    『「ロゴを“アメリカ”に!?」バドワイザー…一時的にブランドロゴを変更』の続きを読む


    no title
    (file photo)

    【ワシントン 中央社】米国の総合情報サービス大手、ブルームバーグは25日、米政府の関係者の話として、オバマ政権は来月中に台湾に対する総額10億米ドル(約1250億円)の兵器売却を発表する見通しだと報じた。
    『「10億ドルの兵器売却か!?」米国、台湾に…最新型は含まれず 米関係者』の続きを読む


    no title

    世論調査の結果、アメリカ人の45%が第2次世界大戦における日本への原爆投下に関する同国の決定を支持し、20%のみがこの決定を間違っていたと評価しています。

    分析サイト・ナショナル・インターポストは、日本の戦後70年の報告の中で、核兵器の発明と第2次世界大戦でのアメリカによるその使用の決定についての調査機関ユーガブによる最新の世論調査を取り上げています。
    『「原爆投下は正しかった!?」米人の半数…原爆に関する同国の決定を支持』の続きを読む


    no title

    アメリカ政府は、国交正常化交渉を続けてきたキューバ政府との間で54年ぶりに国交を回復し、双方の大使館を再開することで合意に達し、1日、オバマ大統領が発表することになりました。

    これはアメリカ政府高官が30日、NHKの取材に対し明らかにしたもので、オバマ大統領とケリー国務長官が1日午前に発表する予定だとしています。 
    『「米国とキューバ国交回復で合意!?」キューバ革命後国交断絶…54年ぶり』の続きを読む


    4087835467_54b4784155_o
    (イメージ)
     
    写真家リチャード・ジョーンズ氏が最近、アメリカ・フロリダ州の森林で面白い画面を捉えた。

    森林でアライグマを撮影していたときに、撮影されているのに気づいて驚いて逃げ出したアライグマが立ち止まったところがちょうどワニの背中だった。写真家がその瞬間をキャッチしたのだ。 
    『「リアル因幡の白兎!?」あらま!…アライグマがワニの背中に乗り川渡る』の続きを読む


    no title
    ▲あっ! 大統領忘れた...  (なんてことはありません)

    【ワシントン ロイター】米ホワイトハウスで9日、アーネスト大統領報道官の記者会見中に、爆破予告を受けて記者らが一時避難する騒ぎがあった。

    また、上院の施設でも同様の避難騒ぎがあり、当局は2つの事件の関連性を調べている。
    『「ホワイトハウスに爆破予告!?」報道官の記者会見中…記者ら一時避難』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.