ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    アレルギー


    thunderstormasthma


    【シドニー時事】オーストラリア南部で先週、集団発生した花粉飛散期と嵐が重なって起こる「雷雨ぜんそく(Thunderstorm asthma)」で、呼吸困難などによる死者が8人に達した。
    『「雷雨ぜんそく!?」豪南部では呼吸困難による死者も…現場はパンク状態』の続きを読む


    7815260608_2366fd0197_z

    外国人観光客向けに作られたタトゥー風の『そばアレルギー・チェッカー』に注目が集まっています。

    2013年に和食がユネスコの無形文化遺産に登録され、海外でも和食への関心は高まるばかりです。しかし、和食の中には、深刻なアレルギー反応を引き起こすメニューもあります。なかでも、外国人に人気がある「そば」は、アレルギー反応がでやすい食材です。しかし、このことについては、海外でほとんど認知されていません。
    『「タトゥー風チェッカー!?」そばアレルギーテスト…外国人観光客向けに』の続きを読む


    no title

    ユーモアにあふれた科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が17日、米マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大で開かれた。

    医学賞には、キスをすることで皮膚のアレルギー反応が低減すると実証した大阪府のクリニック院長、木俣肇さん(62)が選ばれた。
    『「キスでアレルギー反応低減!?」Igノーベル賞…寝屋川の医師・木俣さん』の続きを読む


    no title

    厚生労働相の諮問機関・中央社会保険医療協議会(中医協)は13日、ダニによるアレルギー性鼻炎に対し、ダニエキスを口に含んで体に慣れさせ根治を目指す新治療薬を、今月中に保険適用することを承認した。

    昨年秋には、同じタイプのスギ花粉症治療薬が保険適用されているが、ダニのアレルギー性鼻炎は初めて。 
    『「ダニのエキスを口に!?」舌下療法…ダニアレルギー新治療薬が保険適用』の続きを読む


    yplmpp_2015031015
    出典:とうきょう花粉ネット

    本格的な花粉シーズンを迎え、花粉症持ちの人々はマスクやティッシュが手放せなくなってきた。そうした中、東京都福祉保健局の公式ツイッターアカウントが投稿した2015年3月10日の「花粉予報マップ」がインターネット上で話題になっている。 
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1425960826/
    1: 野良ハムスター ★ 2015/03/10(火) 13:13:46.85 ID:???*.net

    『「見てるだけで鼻がムズムズ!?」赤い…10日の花粉予報マップに戦慄』の続きを読む

    no title

    1: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/06/10(火) 01:36:28.33 ID:???0.net
    アレルギー:反応起こすたんぱく質特定 新薬開発に光
    http://mainichi.jp/select/news/20140610k0000m040130000c.html
    毎日新聞【関東晋慈】 2014年06月10日 01時17分


     アトピー性皮膚炎や花粉症、ぜんそくなどアレルギー反応が起きる過程で、
    ドック5と呼ばれるたんぱく質がカギを握っていることを世界で初めて発見し
    たと九州大学の福井宣規(よしのり)主幹教授(免疫学)らの研究班が発表し
    た。アレルギー治療の大半は対症療法だが、福井氏らは「アレルギーを根元か
    ら絶つ新薬の開発につながる」としている。

     アレルギーは体内に入ってきた異物が抗体と結びつく抗原抗体反応が暴走し
    起きる
    。その際、白血球の一種、マスト細胞がヒスタミンなどを出すことは分
    かっていたが、マスト細胞内の細かな仕組みは未解明だった


     福井氏らはマスト細胞内のたんぱく質ドック5に着目。通常のマウスでは、
    体内の異物に強いアレルギー反応を起こすが、ドック5がないマウスをつくり
    同じ実験したところ、反応が起きなかった
    。さらにマスト細胞内の動きを調べ
    ると、ドック5がないマウスではヒスタミンを出すための管が働かなかった。

     福井氏らは花粉症や食物アレルギーなど異物侵入後、短時間で反応を起こす
    即時型アレルギーの過程で、ドック5がマスト細胞内で別の分子と結びついて
    ヒスタミンを放出することを特定した


     福井氏は「ドック5などの働きを抑えることで発症そのものを防ぐ薬の開発
    につながる
    」と話している。研究の結果は9日付の米医学誌ジャーナル・オブ・
    エクスペリメンタル・メディシン電子版に掲載された。


    (詳細は記事ソースまたは現論文等をご確認下さい)

    原論文:
    http://jem.rupress.org/content/early/2014/06/03/jem.20131926.abstract
    DOCK5 functions as a key signaling adaptor that links FcεRI signals to microtubule dynamics
    during mast cell degranulation
    Published June 9, 2014 The Rockefeller University Press, doi: 10.1084/jem.20131926 © 2014
    Ogawa et al.



    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1402331788/

    『【医療】アレルギー治療に光か? アレルギー反応起こすたんぱく質特定』の続きを読む

    1: ◆WorldyT4m2 @歩いていこうφ ★ 2014/03/11(火) 11:55:14.06 ID:???
    地図:no title


    電磁信号アレルギーに苦しむ米国人数十人が、ウエスト・ヴァージニア州の小都市グリン・バンクに移住した。

    彼らは、自分達をWi-Fi難民と呼んでいる。ちなみに同市では、携帯通信やテレビ、ラジオの使用が禁止されている。新聞「The Daily Mail」によれば、この「静かな町」には、昨年36人が移り住んできた。これによって「難民」の総数は147人となった。 電磁信号によるアレルギーでかかる病気は様々で、例えばデボラ・クニーさんは、隣の家に設置された無線LAN親機(ルーター)のせいで「緩慢な中毒」を起こしているように感じてきたという。彼女は「絶えず耳鳴りがして、自宅ではゆっくり寝ることもできず、絶えず調子が悪かった」と語っている。 様々な国々の専門家らはWi-Fiや携帯電話から出る光線が人間に及ぼす有害な影響について、もう何年も研究している。この問題は、子供たちの間でさえ関心を呼び起こしている。例えばデンマークでは、5人の女の子が、無線LANルーターが植物の成長に与える影響を調べる実験をした。それによれば、親機のすぐ近くに植えられた大半の植物は枯れてしまうという、きわめて明白な結果が出ている。

    source:VOR http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_11/268831197/

    ▼イメージ
    no title

    『【米国】電磁信号アレルギーに苦しむ米国人 Wi-Fiのない町に移住[14/03/11]』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.