ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    イヌ


    no title

    現代のイヌの起源は中央アジア――。5000匹以上の犬を対象にしたこれまでで最も詳細な遺伝子調査にもとづく結論を、米コーネル大学の研究チームが米国科学アカデミー紀要(PNAS)に発表した。

    イヌは何千年にもわたり人間の手で品種改良が重ねられた結果、他のどの動物よりも種類が多様だ。


    しかしその祖先は野生のオオカミで、おそらくモンゴルやネパール周辺で、狩りをする人間の集団によって次第に飼いならされ、人間と行動を共にするようになったとみられている。
    『「起源は中央アジア!?」現在のイヌの起源が遺伝子調査で判明…米調査』の続きを読む


    no title 
    ▲これは、ジャガーのボンネットマスコット...

    3月26日、湖南省の張さんが車を運転していると、高速道路を横断してきたイヌをはねてしまった。

    「当時、車は速いスピードで走っていたので、イヌはひかれて死んでしまったか逃げたと思い、車を停めて確かめることはしなかった」。張さんがしばらく車を走らせていると「車の下からイヌの鳴き声が聞こえた」ため、車を停めて調べてみた。
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1428207357/
    1: ドラゴンスクリュー(宮城県)@\(^o^)/ 2015/04/05(日) 13:15:57.87 ID:bBxnhmmE0●.net

    『「挟まったまま400キロも!?」高速道ではねたイヌ…奇跡的に無事だった』の続きを読む


    no title
    ▲サモエドの仔犬
     
    2015年1月7日、江淮晨報によると、中国安徽省合肥市でペットとして購入された“イヌ”が実はキツネだったと分かった。 

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1421132909/
    1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2015/01/13(火) 16:08:29.86 ID:???

    『「日本で仕入れたアル!?」だまされて購入した白いイヌの正体は…』の続きを読む

    1: TwilightSparkle ★ 2014/07/29(火) 19:43:42.39 ID:???.net
    2014.7.29 14:46 [ペット・いきもの]
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/140729/amr14072914460012-n1.htm

    no title

     米ペンシルベニア州で9歳になるペットの犬が、外国から2年ぶりに戻った飼い主の女性に再会し 喜びのあまり気絶してしまった。女性が映像を動画サイト「ユーチューブ」に投稿し、大人気になった。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1406630622/

    『「嬉しさのあまり失神?」14年ぶりの再会に感激の忠犬が話題』の続きを読む

    1: Cancer ★@\(^o^)/ 2014/07/25(金) 21:14:13.43 ID:???.net
    イヌは飼い主を取られると嫉妬する
    Jennifer S. Holland, July 25, 2014

     イヌの飼い主にはずっと前から常識だった。イヌは主人の関心がよそへ移ると、明らかに
    嫉妬する。もっとも、その多くはライバルが自分の社会生活を脅かすと思われる場合だ。

    no title
    by me'nthedogs

     かつては、嫉妬は人間以外には複雑すぎる感情だと考えられていた。しかし新たな論文に

    よれば、イヌは群れの中で社会的に重要なつながりを守るため、嫉妬心とそれに起因する
    「構ってほしい」という行動を発達させた可能性があるという。

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1406290453/

    『「イヌもヤキモチを妬く!?」飼い主を取られると嫉妬する…米論文』の続きを読む

    1: ダイビングエルボードロップ(愛知県) 2014/01/26(日) 19:26:10.77 ID:aXL7os90P BE:585369252-PLT(12122) ポイント特典
    犬といえば、長い間人類とともに過ごしてきた親友だ。そんな犬の始まりをゲノム解析によって探ったレポートが、専門誌『PLOS Genetics』に発表された。遺伝子研究には縁のない人にも、犬好きなら思わず興味をひかれるような結果が書かれていたので皆さんにご紹介したい。

    新事実その1)犬と人間が共に暮らすようになったのは、1万1000~1万6000年も昔

    これは人間が農耕を始める前のこと。犬と人間が一緒に暮らすようになった当初、人間は狩猟文化だったのだ。犬と人間が暮らし始めた時期については、「人間は狩猟をしていた」派と「農耕をしていたはずだ」派に専門家の意見も分かれていた。
    犬の持つでんぷんを消化する酵素であるアミラーゼをコードする遺伝子(AMY2B)は、人間と暮らし始めたときには、農耕が行われていた証拠だと思われていたのだ。ちなみにディンゴやハスキーにこの遺伝子はない。

    新事実その2)当時人間と暮らし始めたのは、“犬とオオカミの祖先”

    ゲノム解析の結果、当初飼われていた動物は、正しくは“犬”ではなく、“犬とオオカミの祖先”だと判明した。犬がオオカミから進化したのではなく、両方とも絶滅した“オオカミっぽい”イヌ科の生物から進化したのだというのだ。

    オオカミは犬の先祖だと思っていた人も多いのではないだろうか? 犬はオオカミと比べて異種交配が行われていたため、種類ごとに特徴も大きく変わり、進化史が分からなくなっていたのだとか。

    はたしてこの研究が、犬の進化史を書きかえることになるのだろうか?

    http://irorio.jp/jpn_manatee/20140126/106264/
    no title
    ※イメージ

    『オオカミは犬の祖先ではないことが判明!共通の祖先から枝分かれ ゲノム解析で新事実』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.