ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    インド


    mk(1)
    ▲あっぶー!

    【AFP】アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ(Dubai)で暮らすインド人のモハマド・バシール・アブドル・カダル(Mohammad Basheer Abdul Khadar)さん(62)は波乱に満ちた数日間を過ごした。
    『「波瀾に満ちた一週間!?」強運インド人男性…飛行機事故から宝くじまで』の続きを読む


    82(1)


    大気汚染が世界最悪レベルのインドで、製造から10年以上経過したディーゼル車の走行を全面的に禁止する命令が出され、日本車の販売に影響が出る可能性が指摘されています。

    これは、深刻な大気汚染への対策を求める市民などからの訴えを受けて、このほどインドの裁判所が命令を出したものです。
    『「ディーゼル車走行禁止!?」製造10年以上の車両…インドの大気汚染深刻』の続きを読む


    trumptea


    米国大統領候補の座が確実視される共和党のドナルド・トランプ氏に対して、インドの紅茶製造会社が1個の大きな箱を送った。有名なアッサム・グリーンティーのティーバッグが6,000個入ったこの箱には、「まだ間に合うから自分を清めて」とのメッセージが添えられていた。7月14日付のPTI通信が報じている。【動画あり】 
    『「これで心を清めて!?」印企業…大量のアッサム茶をトランプ氏に送る』の続きを読む


    dogout


    インドで実験用に飼われていた多くのビーグル犬が、動物愛護団体によって救出され話題となっている。

    その愛護団体とは「CUPA(Compassion Unlimited Plus Action)」。彼らによれば解放されたビーグル犬は156匹で、ほとんどが2歳から5歳までだという。

    しかも犬たちは化粧品を開発している研究所の狭いケージの中で、最小限の食事しか与えられずに育てられたため、今まで1度も太陽の光を浴びたことがなかったそうだ。 【動画あり】
    『「ワン公~怒りの脱出!?」動物実験用のビーグル犬156匹を解放…インド』の続きを読む


    8675408286_f5873455be_z(1)
    by Eric.Parker

    【ニューデリー共同】インドのプラサド情報通信技術相はインド北部を流れる大河ガンジス川の「聖なる水」を、インドの郵便局がインターネットで販売する方針を明らかにした。PTI通信などが30日、伝えた。
    『「ガンジスの“聖なる水”通販!?」インド…ネット販売する方針を明かす』の続きを読む


    IndiGo (1)

    【AFP】空の安全をめぐる問題が続出しているインドで、地元航空会社の操縦士2人が空港の滑走路と間違えて道路に旅客機を着陸させようとし、飛行停止処分を受けていたことが23日分かった。

    機体は地上まで300メートル弱まで降下していたが、すんでのところで旋回させて大事を逃れたという。ミスがあったのはインドの格安航空会社(LCC)インディゴー(IndiGo)の旅客機。
    『「IndiGo-around!?」あわや大惨事…インドLCC機、道路を滑走路と勘違い』の続きを読む


    isro_2865068g(1)

    インド政府は23日、将来の実用化を目指すインド版のスペースシャトルを初めて試験的に打ち上げることに成功したと発表し、宇宙分野の研究開発を一層進めていく方針を強調しました。
    『「試験打ち上げ成功!?」インド版スペースシャトル…10年後の実用化目指す』の続きを読む


    Bus-accident(1)

    インド西部で、バスが走行中に橋が突然崩れました。

    今にも落ちそうなバス。崩落した橋にバスの底が引っかかり、かろうじて体勢を保っています。インド西部のジュナガドで22日、バスが走行中に橋が突然崩落しました。 【動画あり】
    『「バス走行中に橋崩落!?」インド…バランスを保ったまま全員無事に脱出』の続きを読む


    elib_2632208

    【CNN】英王室所蔵の冠に飾られている巨大ダイヤをめぐり、インドから返還を求める動きが出ている問題で、同国政府は21日までに返還に向けた「あらゆる可能な努力」を行っているとの立場を改めて示した。

    このダイヤは「光の山」を意味する「コーイヌール」という名で呼ばれ、大きさは105.6カラット。 
    『「世界最大と呼ばれたダイヤ!?」コーイヌール…インド政府が返還求める』の続きを読む


    britains-prince-william-shakes-hands
    ▲まあまあまあま...
     
    数日間のインド滞在を経て、現在はヒマラヤ山脈のブータン王国を公式訪問中の英ウィリアム王子とキャサリン妃。

    インドで夫妻と対談したモディ首相が王子の右手に残したあるモノ。「英国に対する期待の強さを物語っている」と評判のようだ。

    「わが国インドと英国の強力な信頼と友好の関係は揺るぎません。引き続き協力しあって参りましょう。」そんな言葉をかけながら、グイッと力強く王子の右手を握りしめたに違いないインドのナレンドラ・モディ首相。

    『「積年の思いを込めた!?」印モディ首相…英ウィリアム王子と力強い握手』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.