ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    インド


    no title

    インドを訪れている安倍総理大臣は日本時間の12日午後、モディ首相と会談し、インド西部の高速鉄道計画に日本の新幹線技術を導入することで合意するとともに、日本の原子力関連技術の輸出が可能となる原子力協定の締結で原則合意しました。
    『「インドに新幹線導入!?」幕開け…安倍首相インドでモディ首相と会談』の続きを読む


    no title

    夏の定番といえば蚊取り線香。関西発祥のロングセラーはいま、全世界に広がっている。特にマラリアなどの伝染病を媒介する蚊の退治の常備品として、常夏の熱帯地方の国々では欠かせないアイテムとなっている。

    インドの英字紙が「発がん性物質を含んでいる」とし、オーストラリア紙は「太平洋島嶼(とうしょ)国で起きる火災は蚊取り線香の不始末が多い」などと指摘。外国製品とはいえ、何やら物騒な話題が多いようだが、日本製には商機なのかも?
    『「蚊も落ちるけど人も…!?」インドの蚊取り線香はガンや火災の原因に』の続きを読む


    16582166453_691daea9d8_z
    ▲普段のカルカ・シムラ鉄道

    【AFP】インド北部ヒマチャルプラデシュ州パーワヌーで12日午後1時(日本時間同日午後4時半)頃、高原の町シムラに向かっていた列車が脱線し、乗客の英国人2人が死亡、9人が負傷した。

    同州警察関係者がAFPに語った。 
    『「インドの山岳鉄道が脱線!?」世界遺産カルカ・シムラ鉄道脱線2人死亡』の続きを読む


    no title

    インドに、毎日17万5000個もの弁当を配達する老舗のサービスが存在する。名前は「ダッバーワーラー」。

    ヒンディー語でダッバは「容器、箱」、ワーラーは「~する人」という意味。つまり「(弁当)箱を運ぶ人」という意味の造語である。

    驚くべきことにこのダッバーワーラー、インフラが整っていないインドで、ほぼすべての弁当を遅れることなく確実に注文主の元に届けられているらしい。配達ミスは、なんと弁当600万個につき1個の割合。歴史も長く、約100年に渡って多くの人に親しまれ続けている。
    『「毎日17万の弁当をミスなく配達!?」印ダッバーワーラーのスゴい仕組み』の続きを読む


    no title
    ▲暑さにアスファルトも溶けて流れ出す... (インド デリー)

    今年の夏、世界各地が「前代未聞の熱波」(海外メディア)に苦しめられている。日本列島は猛暑だが、中東をはじめ、欧州やアジアでも記録的な高温に。

    熱中症による死亡が相次いでいるほか都市機能の一部がストップする国もあった。米カリフォルニア州で続く大規模な山火事も干ばつの影響だとされる。
    『「前代未聞の熱波!?」世界で被害…中東で50度突破、インドで2千人死者』の続きを読む


    no title
    ▲いたるところに国境が...

    英領からの独立以来、インドとバングラデシュの国境地帯に残っていた162カ所の飛び地を整理・解消する領土交換が1日午前0時、両国の間で発効した。

    母国から隔絶されてきた5万人以上の住民は、それぞれ新たな国籍を選択。村々で喜びの声を上げた。 
    『「飛び地を交換!?」インドとバングラデシュ…162カ所の飛び地を解消』の続きを読む


    no title

    【AFP=時事】インド東部コルカタ(Kolkata)で28日、チェスボクシングの国内選手権大会が開催された。

    チェスボクシングは頭脳戦のチェスと格闘技のボクシングを融合したハイブリッド・スポーツ。チェスからスタートしてボクシングのラウンドとチェスのラウンドを交互に行い、最大で11ラウンドまでを戦う。
    『「やってる方は大マジメ!?」チェスボクシング…ギャグにしか見えない』の続きを読む


    no title

    【ニューデリー トムソン・ロイター財団】 - インドの南部や北部で強い熱波が続いており、これまでに500人強が死亡した。 複数の当局者が25日に明らかにした。

    北部ウッタルプラデシュ州の都市アラーハーバードでは24日、気温が47.7度に達し、全土で最高を記録した。 首都デリーでも43.5度を記録した。
    『「インド人もぐったり!?」インド各地で“熱波”被害…1500人以上が死亡』の続きを読む


    no title
    ▲ISを離脱し帰国逮捕されたアリーブ・マジード容疑者

    【ニューデリー=岩田智雄】21日付のインド紙インディアン・エクスプレスは、シリアやイラクで勢力を広げるイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に加わり、帰国後インド当局に拘束されたインド人の男が、男女を性奴隷にしている実態を知ったことがイスラム国を離れた理由の一部だと供述したと伝えた。 
    『「インド人もガッカリ!?」IS…参加のインド人元メンバー実態を知り離脱』の続きを読む


    no title

    英紙「デイリー・メール」によると、インドに住む92歳のSudama Deviさんは、毎日1キログラムの砂を食べるという不思議な習慣を80年以上続けてきた。それなのに体はずっと健康だという。

    Deviさんが10歳のころに友人とふざけて砂を食べてから、毎日砂を食べることをやめられなくなった。 【動画あり】
    『「毎日砂を食べる女性!?」インド…毎日1kgを80年以上、いたって健康』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.