AS20160209004242_comm(1)

駅や商業施設で流れる案内放送が、手元のスマートフォンの画面で文字で読める――。そんな技術を大手楽器メーカーのヤマハ(浜松市)が開発し、各地で実証実験が進んでいる。

特殊な放送設備は要らず、アナウンスに「秘密の音」を混ぜるだけ。急増する外国人旅行者や、耳の不自由な人の手助けになる技術として注目を集めている。 
 
『「秘密の音で通信!?」案内放送が多言語でスマホで読めるように…ヤマハ』の続きを読む