9247501230_8034d5ecbf_z(1)


東芝は、光で二酸化炭素をエチレングリコールに変換する光電気化学システムを開発し、エネルギー変換効率0.48%を達成しました。

電気化学的に二酸化炭素をエチレングリコールに還元する分子触媒の開発を進めており、今回、光起電力素子としてシリコン系太陽電池を用いて、光で二酸化炭素をエチレングリコールに変換する光電気化学システムを開発しました。本技術は、米国で行われた国際学会PRiME2016で発表しました。
『「光で二酸化炭素を変換!?」PETの原料など…変換効率0.48%を達成 東芝』の続きを読む