no title
フリゲート艦「エルトゥールル号」

明治時代に和歌山県沖で沈没したトルコの軍艦で、日本とトルコの友好の礎と語り継がれている「エルトゥールル号」の遺品の数々が、125年の時を経てイスタンブールに戻り公開されました。

「エルトゥールル号」は、明治23年に日本を親善訪問したあと和歌山県串本町の沖合で遭難して沈没したオスマントルコ帝国の軍艦で多数の乗組員が地元の住民に救助されたことから日本とトルコの友好の礎と語り継がれています。 
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1428070265/
1: フェイスクラッシャー(京都府)@\(^o^)/ 2015/04/03(金) 23:11:05.63 ID:8ZwqIQbm0●.net

『「125年前の遺品が故郷へ!?」エルトゥールル号…沈没したトルコ軍艦』の続きを読む